テーマ:外来手術

外来手術を受けた患者の麻酔回復室在室期間に及ぼす末梢神経ブロックの影響:後ろ向きコホート研究

・末梢区域麻酔/鎮痛は、麻酔回復室(PACU)在室期間延長の重要な修正要因である疼痛の軽減と嘔気嘔吐の予防により、外来手術センターの効率を高める可能性がある。著者らは、末梢神経ブロック(PNB)の使用が外来手術における PACU 在室期間の短縮と関連していると仮説を立てた。 ・本後ろ向きコホート研究では、著者ららは、2008 年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手の外来小手術に際しての静脈内局所麻酔または腋窩ブロックに対する患者の満足度:無作為化対照試験

・静脈局所麻酔(IVRA)と腋窩腕神経叢ブロックは、手の外来小手術にいて、全身麻酔のよく行われる代替手段である。どちらも有効性は証明されているが、患者の好みは評価されていない。著者らは、両手法で患者の満足度を調査し、IVRA 後の満足度が腋窩腕神経叢ブロックと比較して劣っていないと仮定した。 ・2016 年 9 月から 2017 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来手術後 30 日間の肺合併症予測因子:リスク評価における肥満指数による体重分類の相対的重要性

・現在の文献では、外来手術後の肺合併症の危険因子としての肥満指数(BMI)分類の重要性については議論の余地がある。今回の調査目的は、外来手術後の肺の転帰の予測因子を評価し、リスク評価における BMI 体重分類の重要性を評価することであった。 ・2012~2013 年の NSQIP データベースで、入院患者/外来患者状態が「外来患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来手術患者の PONV/PDNV の緩和のためのアロマテラピーと標準ケアの比較

・研究の目的は、外来手術患者の術後および退院後の悪心嘔吐(PONV/PDNV)に対するアロマテラピー(AT)と標準ケア(SC)との比較を調査することであった。 ・前向き無作為研究。患者(n=254)は、PONV のために SC か、または AT のいずれかを受け、PDNV の有効性についてインタビューされた。機械学習法(8 つのア…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

高齢外来手術患者の麻酔

Anesthesia for the elderly outpatient Current Opinion in Anaesthesiology: December 2014 - Volume 27 - Issue 6 - p 563-575 doi: 10.1097/ACO.0000000000000135 レビューの目的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来手術後の手術部位感染

Surgical Site Infections Following Ambulatory Surgery Procedures JAMA. 2014;311(7):709-716. doi:10.1001/jama.2014.4. Owens PL, et al. ・手術部位感染は、入院患者の術後の実質的な合併症となることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more