テーマ:PONV

術中フェンタニル投与と術後悪心/嘔吐および疼痛との関連:前向きコホート研究

・術後悪心嘔吐(PONV)は、患者が最も恐れる麻酔関連の影響の 1 つであり、退院を遅らせる可能性がある。スコアと危険因子は確立されているが、多くは現代的麻酔レジメンの前に、修正可能な麻酔関連変数に焦点を当てることなく開発された。本研究の目的は、現代的麻酔レジメンに関連して、術中フェンタニルの投与量と PONV、および 24 時間以内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻手術における周術期胃容積に及ぼす咽頭パッキングの効果の超音波評価: 無作為化二重盲式試験

・咽頭パッキング(PP)は一般に鼻手術(NS)における周術期の血液嚥下(PBI)の発生率、したがって術後悪心嘔吐(PONV)の発生率と重症度を軽減するために行われている。本研究では、超音波検査によって、NS を受ける患者の周術期の胃容積(GV)と PONV に及ぼす PP の効果を調べた。 ・待機的 NS[中隔形成術、中隔鼻鼻腔形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下婦人科手術後の術後悪心嘔吐と早期回復の改善における静脈内リドカインの有効性

・術後嘔気嘔吐(PONV)は、術後の主要な合併症である。それは患者の術後回復に深刻な影響を及ぼす多数の有害転帰をきたす。本研究の目的は、腹腔鏡下婦人科手術後の PONV と回復の改善における静脈内リドカインの有効性を調査することであった。 ・合計 40 人の患者を無作為に 2 群、L 群(リドカイン群)と C 群(対照群)に割り当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中ブドウ糖注入と術後悪心嘔吐:無作為化試験のメタ分析

・周術期の IV ブドウ糖注入は、術後の悪心嘔吐のリスクを軽減する可能性があるかどうかが調査されている。このメタ分析では、術後の悪心嘔吐を予防するために、術中または術後にブドウ糖を注入することを検討した。 ・著者らのグループは、術後悪心嘔吐予防のための周術期 IV ブドウ糖の使用を検討している関連する無作為化比較試験について Pu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下婦人科手術における術後悪心嘔吐に及ぼす硬膜外麻酔の効果:無作為化比較試験

・腹腔鏡下婦人科手術を受ける患者は、術後悪心嘔吐(PONV)の影響を受けやすい。著者らは術中オピオイド投与を最小限に抑えるために硬膜外麻酔と全身麻酔の併用することにより、腹腔鏡下婦人科手術後の PONV の発生率を低下させるであろうとiいう仮説を立てた。 ・腹腔鏡下婦人科手術を受ける女性を無作為に全身麻酔単独(G 群、n=45)か…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

長時間作用性脊柱管内オピオイド薬投与後の術後悪心嘔吐予防へのデキサメタゾン静脈内投与:系統的レビュー

・長時間作用性脊柱管内オピオイドは、術後に優れた鎮痛作用をもたらすが、術後悪心嘔吐の発生率が高い。デキサメタゾンは、全身麻酔後の術後悪心嘔吐を効果的に防止するが、長時間作用性の脊柱管内オピオイド投与を受けた患者におけるその価値は不確定である。そこで、このメタ分析の目的は、この集団における静脈内(i.v.)デキサメタゾンの予防的制吐作用を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児で術後嘔吐を予防するための全静脈麻酔 vs 単回薬理学的予防:系統的レビューとメタ分析

・術後悪心と術後嘔吐は小児患者の全身麻酔後に頻繁に見られるが、しばしば見逃される合併症である。吸入麻酔薬は術後嘔吐を引き起こすことが知られているため、吸入麻酔の使用を避けるために、高リスク児にはしばしば全静脈麻酔が実施される。吸入麻酔はいくつかの状況で有利である可能性があるので、薬理学的予防投与が、全静脈麻酔単独と比較して、術後嘔吐を回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術における術後悪心嘔吐、麻酔回復室退室時間、鎮痛に及ぼすエスモロールとオピオイドとの効果

・オピオイド代替薬としての周術期エスモロールは、オピオイド節約を介して術後悪心嘔吐を軽減することが示されている。このメタ分析の目的は、非心臓手術での術後悪心嘔吐(PONV)、回復室在室時間、鎮痛についてエスモロールとオピオイドを比較することであった。 ・非心臓手術で全身麻酔時の術後早期回復と疼痛強度に関して、エスモロールとオピオイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制限のない術中輸液療法が小児の術後悪心嘔吐に及ぼす効果 - 無作為化比較試験

・術後悪心嘔吐(PONV)は、手術後の最も苦痛を伴う合併症の 1 つである。周術期の補助的な輸液療法は、小児の PONV を減少させる効果的な戦略であろう。本研究は、小児で昌質液による制限のない術中輸液療法が PONV に及ぼす影響を評価するために実施された。 ・本無作為化試験では、全身麻酔下に下腹部と陰茎の手術を受ける年齢 3-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デキサメタゾン投与小児の扁桃摘出後悪心嘔吐を予防するプラセボ、ドロペリドール、オンダンセトロン

・著者らは、予防的ドロペリドールとオンダンセトロンを、中等度用量のデキサメタゾンと併用して、小児の扁桃切除術後の嘔気嘔吐を軽減するのに同等に有効であり、両方ともデキサメタゾンに併用した生食よりも優れているかどうかを試験した。 ・著者らは、300 人の小児を、麻酔導入とデキサメタゾン 250μg./kg の静脈内投与後に、静脈内生食…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術患者の術後悪心嘔吐に対するショウガ精油の有効性

・本研究の目的は、腹部手術患者の悪心嘔吐に対するショウガ精油によるアロマテラピーの有効性を調査することであった。 ・これは、非等価な対照群と反復測定を用いた準実験的な研究であった。実験群(n=30)は、ショウガ精油の吸入を受けた。プラセボ対照群(n=30)は、生食を吸入した。術後悪心嘔吐の程度は、ベースラインと、アロマセラピー投与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラパコレ後のPONV予防のためのデキサメタゾンと他の制吐薬の併用 vs 単剤との比較

<ハイライト> ・著者らのメタ分析では、デキサメタゾンを制吐剤に添加すると、LC 後の PONV に対する予防効果が増加することが示されている。 ・レスキュー制吐薬の必要性は、単一制吐剤群と比較して、併用群で有意に低かった。 ・今後の試験では、最適な予防用量とデキサメタゾン制吐効果の根底にあるメカニズムを明らかにすべきである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術後の術後悪心嘔吐に対する高二酸化炭素血症の影響:二重盲式無作為化比較試験

・腹腔鏡手術は、術後悪心嘔吐(PONV)の発生率が高いことと関連している。CO2 気腹の使用は、PONV 発生率が高いことの潜在的原因として挙げられてきた。しかしながら、術中高炭酸ガス血症は、脳および消化管管を含む PONV の主な効果部位への灌流の増強に関連している可能性がある。本研究では、術中の動脈血中 CO2 分圧の上昇(PaCO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術で PONV 発生率低下に 5% ブドウ糖の周術期投与は効果的?

<ハイライト> ・手術後の悪心嘔吐は、術後の患者にとって苦痛である。 ・耐用性が標高で、費用効果の高い方法で処置される必要がある。 ・経口ブドウ糖は、PONV 症状軽減をもたらすことが示されている。 ・5% ブドウ糖の静脈内投与では、術後期に その発生頻度が 38% 減少した。 ・PONV に対処するためのレスキュー制吐薬の使…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

術後悪心嘔吐緩和のためのアロマテラピーの有効性に関する前向き無作為研究

・術後悪心嘔吐(PONV)は、全身麻酔下で手術を受ける患者にとって、合併症の増加と病院からの退院の遅延と共に、主観的な苦痛を引き起こし、大きな懸念事項である。アロマテラピーは、PONV 管理のための補完的な代替治療法である。本研究の目的は、PONV を緩和する際のアロマテラピー(QueaseEase、癒しの香り、エンタープライズ、アラバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術患者における術後悪心嘔吐:観察研究

・肥満症手術を受ける患者の術後悪心嘔吐(PONV)のリスクは不明である。本研究の目的は、PONV リスクと PONV 予防の使用と有効性を調査することであった。 ・本前向き観察研究には、完全静脈麻酔による肥満症手術を受ける 74 人の患者が含まれた。患者は公表されたガイドラインと単純化された PONV リスクスコアに基づいて PO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後悪心嘔吐に及ぼすスガマデクスとネオスチグミンの効果の比較

・本研究の目的は、筋弛緩の拮抗に使用されるスガマデクスとネオスチグミンが術後悪心嘔吐(PONV)に及ぼす効果比較することである。 ・全身麻酔下で気管挿管を受ける ASA リスク I/II の患者 98 人を対象に、本試験を完了した。手術終了時に患者を無作為にスガマデクス 2mg/kg(S 群)か、または、ネオスチグミン 50μg/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

待機的非心臓外科手術における周術期グルココルチコイドの安全性:系統的レビューとメタ分析

・グルココルチコイドは、主に悪心嘔吐を予防するために、周術期にますます使用されている。安全性の問題は、高血糖の可能性と感染の増加に焦点を当てている。著者らは、グルココルチコイドが、待機的非心臓術後に、用量依存性にそのような有害転帰をきたしやすくすると仮定した。 ・著者らは、創始から 2016 年 4 月まで主要な医療データベースの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後悪心嘔吐の治療のためのチューインガム:無作為化比較予備試験

・腹腔鏡手術または乳房手術後の女性患者の術後悪心嘔吐(PONV)を抑制する上で、新しい治療法、チューインガムはオンダンセトロンに劣らない可能性がある。この予備研究では、大規模な無作為化比較試験の実現可能性を検証した。 ・腹腔鏡検査または乳房手術を受ける 94 人の女性患者を、麻酔回復室 PONV を訴えるかどうか、オンダンセトロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査後の術後悪嘔吐の発生率:標準麻酔法とプロポフォール注入の比較

・研究の目的は、婦人科腹腔鏡下で、サイオペントン/イソフルランを用いた標準的麻酔と比較して、術後悪心嘔吐の発生を減少させる上でのプロポフォールベース麻酔の安全性、有効性、実現可能性を調査することであった。 ・教育病院の手術室と麻酔回復室での、無作為化単盲式(使用した麻酔法について)、二重盲式(術後評価について)対照試験で、60 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more