テーマ:帝王切開

帝王切開に際しての脊椎麻酔後の母体血行動態に及ぼすグルコース含有晶質液投与の効果

・予防戦略にもかかわらず、低血圧は、帝王切開における脊髄麻酔の最もよく見られる合併症である。この研究の目的は、帝王切開に際しての脊椎麻酔後の母体血行動態に及ぼすグルコース含有晶質液注入の影響を評価することであった。 ・この前向き無作為化二重盲式臨床試験において、脊椎麻酔を伴う待機的帝王切開を受けた 80 人の患者を研究した。脊椎麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の超音波ガイド下性腹横筋膜面ブロックと比較したクモ膜下モルヒネの鎮痛効果

・腹横筋膜面ブロックブロックとクモ膜下モルヒネの両方が長時間の術後鎮痛をもたらす可能性があるが、医療資源が限られた状況でのこれらの麻酔法のそれぞれの臨床転帰は十分に明らかではない。 ・著者らは、帝王切開術を受けた患者を、高比重ブピバカイン(10mg)による脊椎麻酔後に超音波ガイド下腹横筋膜面ブロック(10mg)をするか、100mc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の無症候性硬膜下血腫:症例報告

・偶発的硬膜穿刺(ADP)後の硬膜下血腫(SDH)はまれであるが、致命的となる可能性がある。著者らは、脊椎硬膜外併用麻酔後に頭痛のない SDH を発症した患者を経験した。 ・未破裂脳動脈瘤を有する年齢 41 歳の妊娠女性が、帝王切開分娩を予定されていた。硬膜外穿刺中に脳脊髄液漏出が確認され、再穿刺後にカテーテルが留置された。切開部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後 24 時間以内の疼痛緩和のための異なるスフェンタニル+トラマドール併用の比較

・帝王切開後の疼痛管理は、母体と新生児にとって重要である。本研究は、術後疼痛管理のために異なるスフェンタニル+トラマドール併用を使用して、静脈内患者管理鎮痛(iv-PCA)に伴う鎮痛効果と有害事象の発生率を比較した。 ・2013 年 9 月から 2017 年 3 月まで脊柱管麻酔下で帝王切開を予定し、iv-PCA を受けた分娩患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急帝王切開に際しての硬膜外麻酔時の体温、皮膚熱損失、皮膚血流

・緊急帝王切開に際して無痛分娩用の硬膜外鎮痛を硬膜外麻酔に変換することが、皮膚血管運動神経緊張度や平均体温にどのように影響するかは明らかではない。著者らは、硬膜外麻酔を追加することは、皮膚血管拡張亢進(皮膚熱損失と皮膚血流低下)をブロックし、結果として平均体温が上昇すると仮定した。 ・陣痛が確定した 20 人の女性は、緊急帝王切開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開術後の嘔気予防のためのプロポフォールの使用:二重盲式無作為化偽薬対照試験

・嘔気嘔吐は帝王切開時によく見られ、望ましくない症状である。著者らは、脊髄硬膜外併用麻酔下の帝王切開術時に、分娩後嘔気嘔吐の予防と即時治療のためのプロポフォールの制吐特性を評価するために、本研究を行った。 ・脊髄硬膜外麻酔下で待機的帝王切開を受けた 80 人の女性を無作為化して、臍帯クランプ直後に、プロポフォールの血漿濃度 100…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フェニレフリンの予防投与は、帝王切開におけるクモ膜下高比重ブピバカインの有効投与量を増加させる

・脊椎麻酔誘発性低血圧症を予防するためのフェニレフリン注入は、クモ膜下ブピバカインの頭側への広がりを弱めることがある。したがって、帝王切開の脊椎麻酔誘発性低血圧症を予防するためにフェニレフリン注入を使用すると、ブピバカインのクモ膜下投与量が異なる可能性があると考えられた。著者らは、脊椎麻酔誘発性低血圧を予防するための予防的フェニレフリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開のクモ膜下レボブピバカインの投与量に及ぼす静脈内フェニレフリン注入の効果:偽薬対照予備試験

・フェニレフリン注入は、エフェドリン注入と比較した場合、単味の高比重局所麻酔薬(LA)の頭側への広がりを減少させることが示されている。しかしながら、それは帝王切開に際しての高比重 LA の必要用量が多くなるということにはなっていない。フェニレフリン注入が単味のクモ膜下 LA の ED50 に及ぼす効果を評価した試験はない。 ・待機…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受ける患者のクモ膜下フェンタニルの投与量の変化が臨床的有効性と副作用に及ぼす効果を比較する

・くも膜下腔ブロックの質を改善するために、局所麻酔薬にクモ膜下脂溶性オピオイドを添加するのが一般的である。本研究は、クモ膜下ブピバカインを用いた脊椎麻酔下で帝王切開を受ける患者で、副作用を最小限にして手術麻酔の質を改善できるクモ膜下フェンタニルの用量を見出すために考案された。 ・無作為化二重盲式試験で、脊椎麻酔下で帝王切開を受けた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

待機的帝王切開を受ける患者で身長と体重 vs 身長だけに基づく脊椎麻酔薬量の比較

・待機的と緊急の帝王切開に典型的に使用されるブピバカインによる脊椎麻酔は、交感神経遮断から生じる低血圧の有意な発生と関連している。帝王切開に際しての脊椎麻酔の投与には様々な投薬レジメンが用いられてきた。本研究の目的は、2 つの異なる固定投与レジメンに続く低血圧の発生率を比較することであった。 ・これは、両側 5% 有意水準と 80…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛軽減のための帝王切開時のリポゾームブピバカインブロック:無作為化対照試験

・研究目的は、リポソームブピバカインによる切開部ブロックが、予定帝王切開分娩後に術後疼痛を減少させ、オピオイドを最小化戦略を示すかどうかを評価することであった。 ・帝王切開を受けるオピオイド耐性のない女性での単盲式無作為化比較試験で、筋膜縫合の前に、リポソームブピバカインまたはプラセボを手術部位の筋膜と皮膚に浸潤させた。主要評価項…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開脊椎麻酔における高比重ブピバカインの投与量に及ぼすクモ膜下デキスメデトミジンの効果

・研究では、中枢または末梢神経ブロックの補助薬としてデキスメデトミジン(Dex)を局所麻酔薬に添加すると、鎮痛の持続時間を延長できることが示されている。著者らは、クモ膜下 Dex がクモ膜下高比重ブピバカインの ED95 を減少させることができると仮定した。そこで、著者らはこの仮説を検証するために、本前向き二重盲式無作為化研究を行った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛管理のための帝王切開術前の静脈内アセトアミノフェン治療:無作為化二重盲式偽薬対照試験

・米国では現在、オピオイド使用障害の流行があり、オピオイドの使用を最小限にする方法を評価する研究が必要とされている。これらの選択肢の 1 つは、静脈内アセトアミノフェンである。術前の静脈内アセトアミノフェンの使用が帝王切開に有効であると判明した場合、これは母体と母乳で育てられる新生児にとって有益であろう。主な研究目的は、プラセボ投与の対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の鎮痛のためのクモ膜下モルヒネ vs フェンタニル:無作為化比較試験

・帝王切開後の母体の回復には、適切な鎮痛剤を見つけることが重要である。本研究の目的は、帝王切開を受けた女性のクモ膜下モルヒネとフェンタニルの鎮痛効果を比較することであった。 ・本無作為化非盲式並行群対照試験では、該当参加者は 占領されたパレスチナ領土であるガザ地区、Rafah、Al-Helal Al-Emirati 病院で脊椎麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開中の連続血行動態モニタリングツールとしてのインピーダンス・カルジオグラフィ

・インピーダンス・カルジオグラフィ(ICG)は、連続的な血行動態モニタリングのための非侵襲的なツールである。本研究の目的は、待機的帝王切開を受ける健康な患者で、フェンタニルを併用したレボブピバカイン 6mg(GL6) vs 8mg(GL8)の循環動態への影響を評価するための ICG の有用性を評価することであった。副次的に、鎮痛と麻酔の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開脊椎麻酔中のノルエピネフリンとエフェドリンの動脈血圧維持:二重盲式試験

・エフェドリンは、α-およびβ-アドレナリン作動性受容体に対する刺激作用のために、帝王切開に際しての脊椎麻酔時に、母体血圧を維持するための第一選択薬として従来考えられていた。ノルエピネフリンは、弱いβ-アドレナリンと強力なα-アドレナリン受容体作動薬である。したがって、エフェドリンと比較して、より少ない変時作用で血圧を維持するのに適して…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の患者における高い満足度と重症疼痛との間の不一致:前向き観察対照研究

・術後疼痛(POP)の治療における最近の進歩により、手術患者の生活の質が向上している。本研究の目的は、同様のな外科手術後の患者と比較して、帝王切開後の患者における POP 管理の質を分析することであった。 ・これは、大学病院で同等の腹部婦人科手術(GS 群)を受けた同年齢の患者と比較して、CS 後の患者における前向き観察分析であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開時の手術室到着-執刀間隔と新生児転帰:過去 5 年間のコホート研究

・著者らは、手術室到着から執刀までの時間間隔に影響する要因を調査するために、帝王切開を受ける女性について 5 年間の後ろ向き的コホート研究を行った。 ・Cox 比例ハザード回帰モデルを用いて、カテゴリー 1 の帝王切開について、時間事象分析(「ある時点から何らかのイベントが発生する時点までの時間」を対象とした統計解析)を行った。共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受ける妊婦の腹腔内圧、脊柱の長さ、脊椎麻酔の広がり:観察研究

・生理学的に腹腔内圧(IAP)が高くて身長が低い患者では、一定量のブピバカインを投与した後、脊椎麻酔の頭側への広がりが大きいことがしばしば観察される。そこで、著者らは本前向き研究を計画して、IAP と脊柱の長さ(VCL)が帝王切開を受ける妊婦で脊椎麻酔の拡がりの予測因子であるかどうかを検証した。 ・単回脊椎麻酔下に帝王切開術を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子癇前症患者における帝王切開の全身麻酔の一環としてのデキスメデトミジン:無作為化二重盲式試験

・全身麻酔中、子癇前症の患者の気管挿管は、交感神経系の刺激とカテコールアミン放出を引き起こし、母体および新生児の合併症につながる可能性がある。研究の目的は、子癇前症患者の気管挿管に対するストレス反応と循環動態反応の両方を軽減することだある。 ・単一大学病院での無作為化二重盲式対照研究で、対象は帝王切開の全身麻酔を受ける年齢 18~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨルダンにおける帝王切開後の女性における硬膜穿刺後頭痛の危険因子の評価:後ろ向き的分析研究

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、帝王切開分娩を受けた女性の脊椎麻酔後に最もよく認識される合併症の 1 つである。本研究は、ヨルダンで帝王切開を受ける女性における PDPH の発生率とその関連リスク要因を調査することを目的としていた。 ・本研究には、2015 年にヨルダンのアブドラ大学病院で帝王切開を受けた全女性が含まれた。年齢、体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンシルポイント針のベーベル向きは、帝王切開脊椎麻酔でフェンタニル+ロピバカインのED50に影響

・ペンシルポイント針のベーベルの向きが帝王切開脊椎麻酔での等比重ロピバカインとフェンタニルの有効量の中央値(ED50)に及ぼす影響に関するエビンデスはほとんどない。 ・この前向き二重盲式順次割り当て研究では、脊髄硬膜外麻酔を併用した帝王切開分娩を予定された 82 人の患者を含めた。著者らは、上下逐次割り当て法を用いて 26 ゲージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の鎮痛に及ぼす術中内デキサメタゾン 8mg の静脈内単回投与の効果:無作為化比較試験

<ハイライト> ・デキサメタゾンが帝王切開後のオピオイド消費量に及ぼす影響について検討した。 ・オピオイド使用および疼痛スコアは、帝王切開後 12 時間で減少した。 ・デキサメタゾンは、投与後 24 時間のオピオイド使用と疼痛スコアを低下させなかった。 <要旨> ・デキサメタゾンの単回の周術期投与は、術後鎮痛を改善し、オピオイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開予定の子癇前症患者でロピバカイン硬膜外に併用したクモ膜下硫酸マグネシウム vs ミダゾラム

・硫酸マグネシウムとミダゾラムは、クモ膜下および硬膜外経路を介して局所麻酔薬の補助薬として使用され、ブロックの質を高め、術後鎮痛を延長する。本研究では、待機的帝王切開術を受ける子癇前症患者の脊髄硬膜外法の一部として硬膜外投与の等張ロピバカインに追加したクモ膜下硫酸マグネシウム vs クモ膜下ミダゾラムを比較する。 ・施設倫理委員会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症急性母体合併症女性での開腹術:全国コホート研究の二次分析

・妊娠関連の開腹術は重要な介入であるが、文献では小規模の症例対照研究または単一施設研究に限られている。著者らは、高所得国における重度急性母体合併症(SAMM)に関連した産後開腹術の全国発生率を特定し、出産後開腹術のリスクが出産様式によって異なるという仮説を検証することを目的とした。 ・オランダの周産期施設を有する全 98 病院での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮筋腫のサイズは、帝王切開時の大量出血の予測因子である

・子宮平滑筋腫は、よく見られる良性腫瘍であり、妊娠や周術期の様々な合併症のリスク因子である。周産期出血は、母体死亡を引き起こす可能性のある最も重大な合併症である。平滑筋腫と周産期出血の関係が示されているが、帝王切開後の大量出血の予知因子としての平滑筋腫の特徴はほとんど知られていない。著者らは、平滑筋腫と妊娠患者の特徴が、帝王切開分娩後女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際してのクモ膜下モルヒネ後の掻痒症:発生率、重症度、血清セロトニン値との関係

<ハイライト> ・クモ膜下モルヒネ誘発性掻痒症は、妊産婦ではよく見られる。 ・クモ膜下モルヒネ誘発性掻痒症の正確なメカニズムは不明である。 ・モルヒネと 5-ヒドロキシトリプタミン受容体との相互作用が重要な役割を果たしている可能性がある。 ・血清セロトニン濃度は、クモ膜下モルヒネ後に有意に増加した。 ・セロトニンは、クモ膜下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔内のクロロプロカインは、帝王切開分娩時の脊柱管ブロックの補助剤として有用である:症例シリーズ

<ハイライト> ・本研究では、帝王切開分娩中の腹腔内クロロプロカインの使用について記載している。 ・腹腔内クロロプロカインは、脊柱管ブロックの補助剤として投与した。 ・32 人の患者に平均投与量 11.8 mg/kg のクロロプロカインを投与した。 ・17/32(53%)の患者で散布後に鎮痛スコアの低下が記録された。 ・局所麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血小板数の低い女性の脊柱管ブロック:後ろ向き分析

<ハイライト> ・血小板数の低い女性は、出産のために神経ブロックから除外されることがある。 ・全身麻酔率は、血小板数の低い女性で高くなる。 ・血小板数が 100,000/μL 未満の女性のうち、308 回の脊柱管ブロックについてのデータ。 ・脊髄硬膜外血腫の症例はなかった。 ・血小板数が 70,000/μL 未満では、神経外血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネ 150μg を伴う脊椎麻酔後の帝王切開分娩後の低酸素症の前向き研究

<ハイライト> ・本研究では、150μg のクモ膜下モルヒネ後の軽度の酸素飽和度低下が一般的であった。 ・酸素飽和度低下は、クモ膜下モルヒネ投与の 4~8 時間後に最も頻繁に発生した。 ・肥満とベルリンアンケート陽性は、軽度の酸素飽和度低下を予測した。 <要旨> ・遅延性呼吸抑制は、帝王切開分娩を受ける患者で、クモ膜下モルヒネ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more