テーマ:帝王切開

脊椎麻酔下で帝王切開を受けた分娩患者における全身麻酔への移行率と静脈内補助薬の必要性-後ろ向き観察研究

・脊椎麻酔から全身麻酔(GA)への変更は、より多くの合併症と関連することが示された。低用量の局所麻酔薬のくも膜下注入が危険因子であると推測されている。著者らは、少なくとも 10mg の高比重ブピバカインとオピオイドを投与された女性における脊椎麻酔から GA への転換率を見い出し、その危険因子を評価することを目的とした。 ・2017…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩を受ける妊婦におけるフェンタニルクモ膜下投与量の 2 群の鎮痛成績および副作用への影響:試験逐次解析に…

・帝王切開分娩(CD)時の周術期鎮痛に、様々な用量のフェンタニル(ITF)が使用されてきた。著者らは、帝王切開を受ける分娩患者を対象に、ITF の低用量(LD;≦12.5 μg)と高用量(HD;>12.5 μg)の比較について、系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・ITF を局所麻酔薬に追加投与する無作為化比較試験(RCT)につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開患者における脊椎麻酔後低血圧に対するノルエピネフリンとフェニレフリンの比較:系統的レビューとメタ分析

・帝王切開術を受ける患者の脊椎麻酔後低血圧に対処するため、ノルエピネフリンとフェニレフリンの予防量および治療量を間欠的ボーラスまたは定率持続注入で投与する方法が複数の研究で比較されている。著者らは、脊椎麻酔後低血圧の治療に最適な代替療法を把握するため、系統的レビューを実施した。 ・PubMed と Cochrane のデータベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸による帝王切開術後の出血抑制効果

・トラネキサム酸の予防投与は、いくつかの小規模試験において帝王切開分娩後の産褥出血の減少と関連しているが、この臨床状況におけるその有益性のエビデンスはまだ得られていない。 ・多施設共同二重盲式無作為化比較試験において、妊娠 34 週以上の陣痛前または陣痛中に帝王切開を行う女性を、予防的子宮収縮剤とトラネキサム酸(1g)の静脈内投与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩を受けた女性における産後出血予防のためのトラネキサム酸:最新のメタ分析

・本研究は、帝王切開分娩を行う女性において、トラネキサム酸の予防投与と標準的な子宮収縮剤単独投与の有効性と安全性を評価することを目的とした。 ・データソースは、MEDLINE、Scopus、Web of Science、Cochrane Central Register of Controlled Trials、ClinicalT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開時の脊椎麻酔におけるブピバカイン単独およびデキスメデトミジン、メペリジンとの併用による鎮痛効果特性:二重盲…

・帝王切開時の脊椎麻酔において、ブピバカインの補助薬を比較し、ブピバカイン単独とデキスメデトミジンまたはメペリジンとの併用における特異的ブロック特性と副作用を評価した。 ・本二重盲式無作為化臨床試験研究では、90 人の妊婦を群に分け、10mg ブピバカイン(B 群)、10mg ブピバカイン+5μg デキスメデトミジン(BD 群)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩における予防的メチルゴノビンとオキシトシンの併用とオキシトシン単剤の比較無作為化比較試験

・研究の目的は、帝王切開分娩を受ける患者において、オキシトシンに加えて予防的にメチルエルゴノビンを投与することにより、子宮収縮剤を追加投与する必要性が減少するかどうかを評価することであった。 ・これは、帝王切開分娩を受ける患者を対象とした単施設でのプラセボ対照無作為化試験であった。患者は、オキシトシン 300mL/分で静注+メチル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開術を受ける患者におけるブピバカインにフェンタニルを併用したクモ膜下投与の血行動態と鎮痛効果:前向きコ…

・ブピバカインによる脊椎麻酔には、低血圧、呼吸抑制、嘔吐、シバリングなどの副作用がある。この副作用は投与量に依存するため、局所麻酔薬の投与量を減らしたり、脊柱管オピオイドのような添加物を混ぜたりして、脊椎麻酔に起因する合併症を回避するさまざまなアプローチが試みられてきた。本研究の目的は、脊椎麻酔で待機的帝王切開を受ける患者において、補助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩における脊椎麻酔の完全失敗:関連因子、および転帰:後ろ向き症例対照研究

・脊椎麻酔は、帝王切開分娩を受ける患者に選択される麻酔法である。本研究では、ブロックの欠如や十分な手術ができないことにより、気管チューブを用いた全身麻酔での管理が必要となった症例を脊椎麻酔の完全失敗と定義している。本研究では、この病態に関連する因子を調査し、その母体および新生児の転帰を報告することを目的とした。 ・本後ろ向き症例対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開における母体低血圧を予防的な水分補給や昇圧剤投与を行わずに減少させるための、脊椎麻酔における身長に基づいた…

・帝王切開の脊椎麻酔では、母体低血圧の発生率が高い。本研究の目的は、母体低血圧が少なく十分な麻酔が得られるブピバカインの身長ベースの投与アルゴリズムが存在するかどうかを調査することである。 ・予防的な輸液前投与を受けなかった 280 人の分娩患者を 2 群に分けた。試験群と従来群である。試験群では、予防的昇圧剤を行わない分娩患者に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際し硬膜外無痛分娩の転換に失敗して全身麻酔を必要とする場合のリスクファクター

・研究の目的は、帝王切開分娩(CD)に際して、無痛分娩用硬膜外鎮痛を麻酔に変更しそこなって全身麻酔を必要とする場合の発生率および危険因子を検討することであった。 ・2009 年から 2014 年に著者らの施設で無痛分娩用の硬膜外鎮痛がすでに留置してあり、CD のために麻酔に変更する必要が生じた妊娠患者を特定した。後ろ向きレビューに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開術を受ける患者におけるレボブピバカインによるクモ膜下投与にミダゾラムとフェンタニルを追加した場合の効果の比…

・脊椎鎮痛の効果を長持ちさせるために多くの補助剤が添加されている。帝王切開を行う女性において、レボブピバカインのクモ膜下投与にミダゾラムまたはフェンタニルを追加した場合の術後鎮痛効果を検討した。 ・80 名の患者を 2 群に無作為に割り付けた(n=40)。M 群には 0.5% レボブピバカイン 10mg とミダゾラム 2mg を投…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帝王切開時の脊椎麻酔におけるフェニレフリンとノルエピネフリンの予防投与が臍帯動脈血 pHと母体血圧に及ぼす影響の比…

・帝王切開分娩時の脊椎麻酔による母体低血圧は、新生児アシドーシスや臍帯動脈血 pH の低下につながる可能性がある。本研究の目的は、帝王切開分娩のための脊椎麻酔時に低用量のノルエピネフリン注入とフェニレフリン注入を比較し、臍帯動脈血 pH と母体血圧への影響を見ることである。 ・無作為化二重盲式試験において、ASA-PS II に属…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帝王切開分娩における脊椎麻酔の補助薬としてミダゾラムのクモ膜下投与を追加した場合の母体および新生児の転帰:無作為化…

・研究の目的は、健康な妊婦を対象とした帝王切開分娩の脊椎麻酔にミダゾラムのクモ膜下投与を追加することの有効性と安全性を、母体および新生児の転帰の観点から明らかにすることである。 ・無作為化比較試験のメタ分析を実施した。PubMed、Cochrane Library、Embase、Web of Scienceを人手で検索し、2021…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の術後悪心嘔吐の予防と管理:系統的な文献レビュー

・術後悪心嘔吐(PONV)は麻酔科領域でよく見られる術後の問題である。帝王切開を受ける患者における PONV 発生率は非常に高い。術後悪心嘔吐は、患者、新生児、家族、医療システムに多くの悪影響を及ぼす。したがって、ハイリスク患者に対する PONV の予防と管理に関する適切なエビデンスに基づく知識は、関連する合併症を減少させるために取り組…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

双胎妊娠における初回帝王切開分娩のための脊椎麻酔時の予防的ノルエピネフリンおよびフェニレフリン持続注入の比較:無作…

・ノルエピネフリンは、単胎妊娠の帝王切開分娩(CD)時の脊椎麻酔後低血圧の治療として、フェニレフリンと比較して心拍数(HR)と心拍出量(CO)の改善と関連付けられてきた。本研究では、双胎妊娠における待機的 CD 時の脊椎麻酔後の母体血行動態維持におけるノルエピネフリンとフェニレフリンの効果を比較検討した。 ・二重盲式無作為化比較試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下帝王切開分娩におけるオピオイドと新生児転帰:歴史的コホート研究

・全身麻酔下での帝王切開分娩に関するエビデンスに基づく推奨事項がないため、特にオピオイドの使用に関して、診療のばらつきや合併症を招く可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔下で行われる帝王切開分娩の診療を明らかにし、麻酔導入時のオピオイド使用と新生児蘇生の必要性の予測因子を特定することであった。 ・単施設の歴史的コホート研究を実施し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後の分娩患者における低血圧予防のためのフェニレフリン投与量に及ぼす母体肥満度の影響

・研究の目的は、帝王切開に際しての脊椎硬膜外併用麻酔時に、肥満指数(BMI)の異なる分娩患者に予防的に持続注入するフェニレフリンの有効量の中央値(ED50)を比較し、フェニレフリンの予防的投与量に及ぼす母体 BMI の影響について検討することであった。 ・待機的帝王切開で脊椎硬膜外併用麻酔を受ける妊婦を標準群(S 群、BMI<30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネ投与は待機的帝王切開術後の慢性術後疼痛を予防しない:無作為化比較試験

・帝王切開の際の脊椎麻酔にモルヒネを追加することはよくあることである。著者らは、脊椎麻酔に際してのモルヒネクモ膜下投与が慢性術後疼痛(CPSP)のリスクを減少させるかどうかを明らかにすることを目的とした。 ・本無作為化二重盲式プラセボ対照試験では、待機的帝王切開分娩を受ける 290 人の健康な産婦を、脊椎麻酔の一部としてモルヒネ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩患者の脊椎麻酔に際しての 0.5% 高比重ブピバカインに添加したメペリジンとスフェンタニルの臨床効果の…

・本研究の目的は、脊椎麻酔下で待機的帝王切開分娩(CD)を行う患者において、高比重ブピバカインにメペリジンまたはスフェンタニルを添加した場合の効果を比較することであった。主要評価項目は初回鎮痛剤要求時間、副次評価項目は術後 24 時間における鎮痛剤必要量、術中術後の副作用とした。 ・本試験は、患者を 2 群に分けた無作為化二重盲式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開におけるトラネキサム酸の予防的使用効果について

・トラネキサム酸(TxA)の投与は、産後出血による母体死亡を有意に減少させる。特に帝王切開(CS)時の産後出血の予防薬としても使用可能かどうか、関心が高まっている。本研究は、CS 時のルーチンの予防的トラネキサム酸が母体出血に及ぼす効果および関連する副作用の発生率を明らかにすることを目的とするものである。 ・単施設での本後ろ向き集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩時に予防的にフェニレフリンを投与された女性における母体低血圧予防のための膠質液 vs晶質液の同時投与の…

・帝王切開分娩時の母体低血圧を予防するための最適な輸液戦略はまだ不明である。本研究の目的は、帝王切開分娩時に予防的にフェニレフリンを注入し、膠質液か、または晶質液の輸液を受けた女性における脊椎麻酔後低血圧の発生率を比較することであった。 ・脊椎麻酔下で待機的帝王切開分娩を行う健康な母体を対象に、脊椎麻酔中に 6% ヒドロキシエチル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受けた肥満と妊娠高血圧症候群を有する分娩女性における 3 種類の脊柱管麻酔アプローチの比較

・研究の目的は、肥満と妊娠高血圧症候群(PIH)を有する妊婦が帝王切開術(CS)を受ける際に、異なるアプローチによる脊柱管麻酔の有効性を比較することである。 ・肥満と妊娠高血圧症候群を合併し、帝王切開術を受けた分娩患者 108 例のデータを後ろ向きに分析した。全女性を脊柱管麻酔の方法によって以下の 3 群に分けた:脊椎麻酔(SA)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開術後の有意な細菌尿を減らすための 8 時間 vs 24 時間の尿道カテーテル除去:無作為化比較試験

・帝王切開後の尿道カテーテルの好ましい抜去時間についてはコンセンサスが得られていない。本研究の目的は、帝王切開後の 8 時間(研究群)と 24 時間(対照群)の尿道カテーテル抜去後の有意な細菌尿と尿閉の割合を比較することである。 ・2019 年 3 月〜 2019 年 11 月に脊椎麻酔下で待機的帝王切開術を受けた適格参加者を対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8 時間絶食した満期産妊婦の超音波による胃内容物の評価:前向き観察研究

・著者らは、陣痛の始まっていない満期産の妊婦を対象に、8 時間の絶食期間後の胃の容積と内容物を、標準的な食事の後に評価することを目的とした。 ・今回の前向き観察研究では、待機的帝王切開分娩を予定している満期妊婦を対象とした。参加者は、標準的な食事(リンゴジュース、パン、チーズ)の後に絶食するよう指示された。参加者は、標準的な食事の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開分娩に際し S-ケタミンの単回静脈内ボーラス投与の有無とクモ膜下ロピバカインの最適投与量:無作為化二…

・脊椎麻酔後の母体の低血圧は、帝王切開分娩時に高率に発生し、母体や胎児の有害な帰につながる可能性がある。本研究の目的は、帝王切開のためのクモ膜下ロピバカインの最適投与量を、S-ケタミンの静脈内単回ボーラス投与がある場合とない場合で決定し、両法に関連する低血圧の割合を観察することである。 ・待機的帝王切開を受ける女性 80 名を、ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前置胎盤を有する女性の帝王切開分娩における麻酔管理:後ろ向きコホート研究

・前置胎盤の発生率は上昇している。前置胎盤を有する妊娠に対しては、帝王切開分娩が唯一の安全で適切な分娩方法であると認識されている。帝王切開分娩では麻酔が重要である。本研究の目的は、前置胎盤患者を脊柱管麻酔で管理した場合と、帝王切開分娩時に全身麻酔を行った場合とで、母体および新生児の転帰を評価することである。 ・2014 年 1 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受ける肥満女性の脊椎麻酔において、携帯型超音波装置を用いた針の方向転換/再挿入を従来の触診と比較して検討…

・超音波は、特にランドマークが触知できない場合に、脊椎麻酔の刺入箇所を特定するのに有用であると考えられる。著者らは、帝王切開分娩のために脊椎麻酔を受ける肥満女性において、触診と比較して携帯型超音波装置を使用した場合に、針の方向転換/再刺入の回数が少ないという仮説を検証した。 ・研究対象者は、待機的帝王切開分娩のために脊椎麻酔を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開で出産する妊婦への低用量ミダゾラムによる抗不安療法:無作為化試験

・不安と恐怖は帝王切開分娩を受ける妊婦によく見られる。心理的に不快なだけでなく、内分泌や代謝の変化を誘発することもある。このような患者群にベンゾジアゼピン系薬剤を投与することはまれであり、このテーマに焦点を当てた研究もまれである。本研究では、帝王切開分娩の直前に低用量ミダゾラムを術前に投与することによる抗不安作用の有効性を検討し、その投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開における輸血の危険因子:系統的レビューとメタ分析

・本研究は、帝王切開を受ける女性の輸血に関連するリスク因子を明らかにするために行われた。輸血に関連する危険因子の詳細を明らかにすることで、最終的には入院準備段階での不必要なクロスマッチを防ぎ、医療の質を損なうことなく、減少する血液供給と資源の節約につながる。 ・PubMed、Cochrane CENTRAL、Embase などの電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more