テーマ:術後認知機能

高齢者の術後認知機能と睡眠の質に及ぼすプロポフォールによる静脈内全身麻酔の影響

・本研究では、高齢者の術後認知機能と睡眠の質に対するプロポフォールを用いた静脈内全身麻酔(TIVA)の効果を観察することを目的とした。 ・2019 年 8 月から 2020 年 8 月にかけて、河北医科大学三次病院で腹部手術を受けた高齢患者 130 例を本研究に登録した。参加者全員を TIVA 群(n=65、プロポフォールを用いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下腹部手術を受けた高齢者の術後認知能に及ぼす静脈麻酔と揮発性麻酔薬の効果

・術後の神経認知機能の回復の遅れは予後不良と関連している。ほとんどの手術には全身麻酔が必要であるが、その中でもセボフルランとプロポフォールが最も一般的に使用されている吸入麻酔薬と静脈麻酔薬である。著者らは、プロポフォールベースの麻酔下で腹腔鏡下腹部手術を受けた患者は、セボフルランベースの麻酔下の患者よりも神経認知機能の回復遅延の発生率が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後の認知機能と炎症に及ぼす麻酔深度の影響:系統的レビューとメタ分析

・術後認知機能障害(POCD)と術後せん妄(POD)は、高齢患者でよく見られる術後合併症である。認知機能に及ぼす麻酔深度の影響は依然として不明である。麻酔深度、認知機能、炎症の間の相関を評価することを目的とした。 ・文献検索は、2019 年 8 月まで Web of Science、PubMed、EMBASE、コクラン・ライブラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more