テーマ:開腹手術

緊急腹部手術における硬膜外鎮痛と死亡率との関係:住民ベースのコホート研究

・緊急腹部手術は、死亡と肺合併症を含む術後合併症の相当なリスクを伴う。大きな定時手術では、硬膜外鎮痛により死亡率と肺合併症が減少する。硬膜外鎮痛と緊急腹部手術の死亡率との間の関連性を評価することを目指した。 ・前向きデータ収集によるこの集団ベースのコホート研究では、2009 年 1 月 1 日から 2010 年 12 月 31 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要な癌手術中の血行動態と麻酔深度モニタリングが及ぼすアウトカムの影響:前後研究

・血行動態と麻酔深度(DOA)モニタリングは、多くの高リスク外科手術患者において、明確な適応症や目的がなくても使用されている。著者らは、主要な癌手術中の血行動態と麻酔管理を合理化するためのモニタリングガイドラインを実施した。 ・2014 年初頭には、著者らは、2 時間以上の開腹癌手術に際して、具体的な目標(平均動脈圧>65 mmH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要腹部手術に際しての制限的 vs 制限のない輸液療法

・大手術を受けた患者の早期回復を促進するためのガイドラインは、腹部手術に際しての制限的な静脈内投与戦略を推奨している。しかし、支持するエビデンスは限られており、臓器灌流の障害が懸念されている。 ・実用的で国際的な試験で、著者らは、腹部大手術を受ける際に、合併症のリスクが増加した 3000 人の患者を、術中と術後 24 時間以内に制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹手術時の外科医の術野評価に及ぼす深い筋弛緩の影響:ロクロニウムとスガマデクスを用いて

・開腹手術中、患者の腹壁や横隔膜が緊張している場合、外科医は困難な術野状態を経験することがある。深部筋弛緩(NMB)は、PTC が 0-1 と定義し、腹壁筋肉と横隔膜を麻痺させる。著者らは、深い NMB(PTC 0-1)は、標準的な NMB と比較して、上腹部開腹手術中の術野状態の主観的評価を改善すると仮定した。 ・これは二重盲式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔硬膜外麻酔併用下での開腹手術後の術後腸閉塞の軽減のための晶質輸液 vs コロイド輸液

・本研究の主な目的は、晶質液 vs コロイド溶液の周術期投与の効果と、腸管一次吻合を伴う切除後の腸閉塞抵抗性に及ぼす影響を比較することであった。著者らは、コロイド液を含めると腸管蠕動回復が改善されると仮定した。 ・二重盲式臨床試験で、小腸または大腸の吻合を伴う腹部手術を受ける、ASA I/III の患者を、乳酸リンゲル液の晶質液群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹手術の全身麻酔中の高 vs 低レベル PEEP を伴う換気は、術後肺活量測定には影響しない

・全身麻酔中の侵襲的人工呼吸気は、典型的には無気肺を引き起こし、術後肺機能を損なう。著者らは、高い呼気終末陽圧(PEEP)と肺加圧操作(RM)を用いた術中換気が術後肺活量測定に及ぼす効果を検討した。 ・これは、国際的な多施設無作為化比較試験である PROVHILO 治験の、計画された単施設の下位研究であった。2011 年 11 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more