テーマ:表面麻酔

気管支ファイバー検査中の局所麻酔のための輪状甲状膜注射 vs 進んだ分だけスプレー法:無作為化臨床試験

・診断的気管支ファイバー検査時のリドカイン投与のための輪状甲状膜注射と進めた分だけスプレー法の比較特性は明らかではない。 ・主要評価項目は、気管支ファイバー挿入から気管分岐部に達するまでの咳嗽回数と、視覚アナログスケール(VAS)での術者評価の全体的な処置満足度の群間比較であった。副次評価項目は、群間でのリドカインの総投与量、処置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more