テーマ:術後急性腎障害

術前リスクと、低血圧と術後急性腎障害との関連

・急性腎障害の医療への重大な影響にもかかわらず、予防に関してはほとんど知られていない。単施設のデータは、術後の急性腎障害の発症に低血圧が関係していることを示している。この知見の一般化可能性と、低血圧とベースライン患者の疾病負担との相互作用は不明のままである。著者らは、術中低血圧と急性腎障害との関連が術前リスクによって異なるかどうかを調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術における術前タンパク尿と術後急性腎障害:NARA 急性腎障害コホート研究

・術前タンパク尿と非心臓手術における術後急性腎障害(AKI)の関連についてはほとんど知られていない。 ・これは後ろ向きコホート研究である。2007 年から 2011 年に奈良医科大学病院で全身麻酔下に非心臓手術を受けた成人が含まれた。産科または泌尿器科の手術、分析のためのデータの欠落、あるいは術前透析の患者は除外された。暴露因子は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後急性腎障害の発生率に及ぼすセボフルランベースまたはプロポフォールベースの麻酔の効果:後向き傾向ス

・プロポフォールは虚血性急性腎障害(AKI)から保護するのに役立つ。ただし、このトピックに関する研究はまばらである。本研究は、プロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)を受けた患者とセボフルランベースの吸入麻酔を受けた患者との間で肺切除術後の術後 AKI の発生率に差があるかどうかを調査することを目的とした。 ・三次医療病院単施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中低血圧は大腿骨頸部骨折手術後の術後急性腎障害の危険因子である:後ろ向き研究

・高齢患者の股関節骨折は、関連する合併症と死亡のために深刻な健康上の問題である。股関節部骨折後の急性腎障害は、合併症と死亡の有意な予後不良因子として知られているが、股関節部骨折後の急性腎障害の危険因子に関する文献は不十分である。本研究は大腿骨頸部骨折患者における急性腎障害の発生率と関連する危険因子を調査することを目的とした。 ・2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術中の皮膚切開前後の低血圧と術後急性腎障害との関係:後ろ向きコホート分析

・術中低血圧は術後急性腎障害と関連している。皮膚切開後に比べて皮膚切開前にどれだけ低血圧が生じるかや、これらの 2 つの期間における低血圧が同様に術後腎障害と関連するかどうかはは不明である。 ・著者らは、待機的非心臓手術に際して麻酔を受けた 42,825 人の患者で平均動脈圧<65 mmHg と術後腎障害との関連性を分析した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後急性腎障害に及ぼす全身性炎症反応症候群と外科的 Apgar スコアの影響

・外科的 Apgar スコア(SAS)は、待機的手術と比較して緊急手術の術後転帰と、比較的弱く関連している。全身性炎症反応症候群(SIRS)と SAS の併用は、緊急手術後の不良転帰の予測に有用である可能性がある。 ・2005 年 1 月から 2010 年 12 月まで、緊急腹部手術または頭部手術を受けた患者を対象に、後ろ向き研究…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

心血管手術患者におけるハプトグロビン投与:術後急性腎障害の危険因子との関連

・急性腎障害(AKI)は、心臓術後にしばしば起こる。心臓手術中、血漿遊離ヘモグロビン(fHb)は溶血のために増加する。血漿中 fHb は腎毒性があると考えられているので、fHb スカベンジャーであるハプトグロビンは術後 AKI(pAKI)を予防する可能性がある。しかし、ハプトグロビンの術中投与と心臓手術後の AKI の発生との関連性を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more