テーマ:股関節骨折

高齢の股関節骨折患者における術後早期の主要な心臓イベントと院内死亡率の予測:心エコー検査報告書における術前のいろい…

・経胸壁心エコー検査(TTE)は、股関節骨折術前のよく行われる心臓スクリーニング検査である。ただし、全般的な TTE 検査では手術が遅れるため、心臓の異常を具体的に評価するだけで TTE を簡略化することができれば意味があるだろう。そこで、高齢股関節骨折患者で、術後心臓合併症における各主要心臓異常の予測値と死亡率を比較することにより、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折患者に静脈内アセトアミノフェンでせん妄が減少

・術後せん妄は高齢者のオピオイド使用に関連しており、高齢者の股関節骨折のよく見られる合併症であり、発生率が 16%〜70% と報告されている。静脈内(IV)アセトアミノフェンは、高齢患者における安全で効果的な薬剤であり、股関節骨折後のオピオイドの使用を減らすことが示されている。当院では、高齢者の股関節部骨折患者の集学的疼痛管理レジメンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢の股関節骨折患者の術後短期および長期死亡率に及ぼす心不全の影響

<ハイライト> ・術後 30 日、60 日、3 ??ヶ月、6 ヶ月、1 年の累積死亡率は、非 HF群でそれぞれ 1.6%、3.6%、5.1%、8.4%、12.9% であり、HF 群では 5.7%、9.5%、12.4%、17.1%、25.2% であった(p≦0.001)。 ・1 年死亡率に影響を与えた要因は、性別(OR、2.10; 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法は、股関節骨折のある高齢患者の手術から 90 日以内の死亡率や合併症の高いリスクと関連しているか?

・高齢者の股関節骨折手術後の術後死亡率と合併症は、これらの患者の周術期ケアを改善する努力にもかかわらず高いままである。特に関心のある要素の 1 つは麻酔法であるが、これに関するこれまでの研究は、被検者の選択、競合するリスク、経過追跡が不完全なことによって制限されている。研究目的は、(1)股関節骨折手術を受ける高齢患者で、受けた麻酔の種類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の高齢患者における術後せん妄の発生率と危険因子

・研究の目的は、股関節骨折の高齢患者におけるせん妄の発生率と関連危険因子を調査することであった。 ・これは、2014 年 10 月から 2017 年 2 月まで医療センターで実施された後ろ向き研究で、股関節手術(股関節形成術、大腿骨近位部釘固定)のために入院した年齢 65 歳以上の全ての患者が登録された。単変量および多変量ロジステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折修復を受ける患者の併存疾患と合併症の傾向

・股関節骨折患者は、その重大な併存疾患の負担と合併症率と死亡率の高い発生率に関連するさまざまな周術期の課題を抱えている。地域住民の傾向データは以前として稀であることから、著者らは、股関節骨折修復手術後患者の人口統計と転帰における米国の全国的傾向を調査することを目指した。 ・施設倫理委員会の承認(IRB#2012-050)の後、股関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折に対する術前大腿神経ブロック:メタ分析を伴う系統的レビュー

・股関節骨折患者の術前疼痛管理は複雑である。大腿神経ブロック(FNB)は股関節骨折に使用され、痛みと全身的鎮痛の需要を軽減する。本研究の目的は、股関節骨折患者に対する単回施行の FNB の有効性を体系的に調査することであった。 ・5 つのデータベースを創始から 2019 年 5 月 8 日まで検索した。股関節骨折患者の疼痛緩和を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折後の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響

・急性股関節骨折(AHF)患者の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響は議論されており、どの時点から死亡率が増加し始めるかについての研究には一貫性がない。ムンダルのサルグレンスカ大学病院では、24 時間以内に手術が推奨されており、術前の最適化の時間はほとんどない。ただし、国際的には、早期手術の定義は 24〜48 時間以上といろいろである。本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症とアルツハイマー病の CSF バイオマーカーは、急性股関節骨折後の死亡率を予測する

・急性股関節骨折(AHF)術後の死亡率は高い。認知障害および/または、脳脊髄液(CSF)中のアルツハイマー病(AD)バイオマーカー値の変化は、後向き研究が示すように、AHF 患者の死亡の予測因子となるのか? ・脊椎麻酔で手術を行った 373 人の AHF 患者を含む前向き単施設試験である。認知状態は、臨床認知症評価(CDR)によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後せん妄の発生率に及ぼす集学的ケアバンドルの効果:品質改善研究

・せん妄は、股関節骨折手術後のよく見られる合併症である。救急部、手術室、病棟の管理を標準化した周術期ケアバンドルを導入した。これには以下が組み込まれた。腸骨筋膜ブロックの使用、鎮痛の合理化、せん妄を引き起こすことが知られている薬物の回避、スタッフ向けの定期的な教育プログラム、コンプライアンスの継続的監査。 ・本研究は、2017 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄を予測するリスクスコアの開発

・股関節骨折後のせん妄(PHFD)は、高齢患者の重大な臨床的問題であるが、術前の期間で使用するための適切で単純なリスク予測モデルは開発されていない。 ・2016 年の米国外科学会全国手術の質改善プログラムの股関節骨折手術を対象とした参加者用データファイルを使用して、股関節骨折手術を受けた年齢 60 歳以上の患者コホートを取得した(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期輸血は、股関節骨折手術を受ける高齢患者の全生存率とは関連していない

・周術期輸血が長期的転帰と関連しているかどうかについては議論の余地がある。本研究は、股関節骨折患者の全生存に及ぼす輸血の効果を評価することを目的とした。 ・この後ろ向き調査は医療センター単施設で実施され、2013 年から 2015 年までに股関節骨折手術を受けた年齢 70 歳以上の患者を登録した。さらに、輸血を受けた患者は、患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の効果:後ろ向き傾向スコア一致ペアコホート研究

・脊椎麻酔(SA)は全身麻酔(GA)よりも生理学的な利点があるが、死亡率の利点に関してのエビデンスは不十分である。股関節骨折手術を受けた患者の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の影響を評価するために、後ろ向き傾向スコアマッチングコホート研究を行った。 ・カナダのオンタリオ州トロントにある大学医療ネットワークで、13 年間にわたり股…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折のための非待機的手術を受ける高齢患者における術後せん妄、機能的状態、死亡率の臨床的予測因子

・研究の目的は、高齢手術患者集団における入院患者の非待機的股関節骨折手術に関連する罹患率と死亡率に影響を及ぼしうる修正可能な術前因子を同定することであった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラム高齢手術パイロットプロジェクトから得たデータベースの後ろ向き分析。対象は非待機的股関節修復手術を受ける高齢患者で、術前の人口統計学的、内科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折修復術を受けた患者における手術所要時間と術後せん妄との関連

・股関節骨折手術を受けた高齢者の術後せん妄は、罹患率および医療費の増加と関連しているが、リスクを制限するのに役立つ可能性のある修正可能な因子はほとんど知られていない。研究の目的は。長時間手術と麻酔の種類が術後せん妄のリスク増加と関連しているかどうかを調査するために、股関節骨折手術所要時間について患者集団全体の個人レベルのデータを使用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術を受ける股関節骨折患者のための術前心エコー検査:全国データベースを用いた後ろ向きコホート研究

・外科的治療を受ける股関節骨折患者の臨床転帰に及ぼす術前経胸壁心エコー検査の効果は依然として議論がある。術前心エコー検査は股関節骨折の外科的修復後の術後の合併症率の低下と患者の生存率の改善に関連すると仮説を立てた。 ・全国的な行政データベースからの引き出した、2008 年 4 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日までに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折のある高齢者の心肺合併症に及ぼす麻酔の効果

・研究の目的は、片側股関節部骨折手術を受けた年齢 80 歳以上の患者の術後心肺合併症に及ぼす各種麻酔の影響を比較することであった。 ・2009 年 7 月から 2014 年 6 月まで、北京連合医科大院病院で片側股関節骨折手術を受けた年齢 80 歳以上の患者の周術期データを収集し、全身麻酔、脊柱管麻酔、末梢神経ブロックなどの麻酔の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄に及ぼす術前メチルプレドニゾロン 125mg の単回投与の効果

・術後せん妄は、股関節骨折術後によく見られ、神経炎症が原因となる可能性がある。 ・著者らは、術前のメチルプレドニゾロン 125 mg 静脈内投与が、Confusion Assessment Method による術後せん妄重症度スコアを用いて評価した術後せん妄の重症度と頻度を低下させるか見るために、117 人の股関節骨折患者を対象と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折外科的修復を受ける高齢者で低比重片側脊椎麻酔 vs 全身麻酔:前向き無作為非盲式試験

・股関節骨折手術中の術中低血圧は、高齢者では頻繁である。股関節部骨折の外科的修復を受ける高齢患者において、低比重片側脊椎麻酔(HUSA)と標準化全身麻酔(GA)の循環動態効果を比較した研究はない。 ・著者らは、年齢 75 歳以上の 40 人の患者を含む、前向き無作為化非盲式研究を実施して、HUSA(等比重ブピバカイン 5mg と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折術後の死亡率の予防可能な危険因子:系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・本論文は、股関節骨折手術後の死亡リスクの予防に焦点を当てた最初のメタ分析である。 ・この論文は、予防可能な危険因子のいくつかが股関節骨折手術後の死亡リスクを高めることを示した。 ・股関節骨折手術後の死亡率を低減するために、術前のリスク評価を強力に支持している。 <要旨> ・股関節部骨折手術後の死亡の危険因子に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人股関節骨折患者の大腿神経ブロック vs 静脈内フェンタニル - 系統的レビュー

・股関節骨折は重要な公衆衛生上の問題であり、死亡率が高く、機能性を失う。股関節骨折とは、大腿骨頭部縁と小転子の下 5cm の間に発生する骨折を指す。これらは整形外科の緊急症例によく見られる。近位大腿骨骨折の症例数は、人口の年齢が高くなるにつれて増加する傾向がある。股関節骨折の初回入院時の平均なケア費用は、患者 1 人当たり約 7000 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨近位部骨折の管理2011

Management of proximal femoral fractures 2011 Anaesthesia first published online: 12 DEC 2011 1. 股関節骨折患者は、プロトコルに乗っ取って、救急部から迅速に入院が図られるべきである。 2. 股関節骨折患者には、整形老人医が率いる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more