テーマ:股関節骨折

股関節骨折手術における脊椎麻酔と全身麻酔の痛み、鎮痛剤使用量、患者満足度:無作為化臨床試験

・REGAIN(Regional versus General Anesthesia for Promoting Independence after Hip Fracture)試験では、股関節骨折の手術において、脊椎麻酔と全身麻酔で 60 日後の歩行と生存率が同等であることが示された。しかし、疼痛、鎮痛剤使用、患者満足度などの評価につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者股関節骨折の 30 日死亡率予測に CRP ベースのバイオマーカーは利用可能か? :後ろ向き研究

・C 反応性蛋白/リンパ球比(CLR)、C 反応性蛋白/アルブミン(CRP/ALB)、CRP は腫瘍や消化器外科における転帰や生存率の予後因子である。CLR は、股関節骨折の死亡率予測については検討されていない。本研究の目的は、股関節骨折患者における術前の CLR、CRP/ALB、CRP 値と患者の生存率との間に関連性があるかどうかを検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節手術において大腿神経ブロックは腸骨筋膜ブロックよりも優れているのか?無作為化比較試験のメタ分析

・大腿神経ブロック(FNB)と腸骨筋膜コンパートメントブロック(FICB)は股関節手術時の疼痛緩和の代替法である。しかし、FICB と比較した FNB の有効性と安全性はまだ十分に明らかにされていない。 ・電子データベースを系統的に検索した。股関節手術に関する無作為化比較試験(RCT)のみを対象とした。術後、異なる時点の疼痛スコア…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後転帰に対するアセトアミノフェン静注の効果:系統的レビューとナラティブシンセシス(Narrati…

・股関節骨折は、QOL に及ぼす影響から、高齢者では活力を失わせる。オピオイドはこの集団では副作用と関連するため、オピオイドの使用を最小限に抑えるために経口アセトアミノフェンが一般的に処方される。アセトアミノフェンの静脈内投与は、経口投与よりも有効性と生物学的利用能に優れていると報告されている。しかしながら、股関節骨折の緊急術後成績に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折手術後の術後肺炎の発生率と危険因子:後ろ向きコホート研究

・高齢者の股関節骨折手術後の肺炎の危険因子について、大規模なサンプル調査は不足している。本研究の目的は、高齢者の股関節骨折手術後の術後肺炎の発生率と危険因子を明らかにすることである。 ・2016 年から 2020 年までの三次紹介施設における発生率と危険因子について後ろ向き研究を行った。入院期間中に股関節骨折術後に術後肺炎を発症し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折手術における誤嚥性肺炎と麻酔手技:管理データを用いた後ろ向きコホート研究

・誤嚥性肺炎は重要な問題である。全身麻酔は気道保護反射を抑制する可能性がある。しかし、脊椎麻酔で股関節骨折の手術を受ける患者にも誤嚥性肺炎が認められる。本研究の目的は、股関節骨折手術を受ける高齢者において、麻酔法と誤嚥性肺炎の関係、および誤嚥性肺炎の予測因子を検討することである。 ・全身麻酔または脊椎麻酔で股関節骨折手術を受けた年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の手術を受ける高齢者における術後せん妄の発生率に対する区域麻酔と全身麻酔の効果:RAGA 無作為化試験

・股関節骨折の手術を受ける成人において、区域麻酔は術後せん妄を軽減する可能性があるが、その効果については不明確である。本研究の目的は、股関節骨折手術を受ける高齢者を対象に、全身麻酔と比較した術後せん妄の発生率に対する区域麻酔の効果を調査することである。 ・中国南東部の 9 つの大学教育病院から、年齢 65 歳以上、認知症の既往の有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢の大腿骨近位部骨折患者における区域麻酔法の影響と治療成績:後ろ向き研究

・大腿骨骨折の固定術では、くも膜下ブロック(SAB)が最もよく見られる区域麻酔法(RA)であるが、持続腰部硬膜外麻酔(CLE)や腰仙神経叢ブロック(LSPB)も特定の状況下では採用されることがある。RA 法の選択は、麻酔科医が選択するか、基礎疾患に基づいて選択するかによる。当院では、大腿骨骨折の固定術を行う高齢者で複数の合併症を持つ患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

90 歳代患者の股関節骨折後の早期および長期の生存に影響する因子

・整形外科手術を受けた 90 歳代患者の転帰はよくわかっていない。著者らは、片側の股関節骨折に対する外科的治療後の 30 日死亡率を調査した。また、術後合併症と死亡率との関係を評価した。 ・6 年間に股関節骨折の手術を受けた 90 歳代患者を対象に、単施設での後ろ向きコホート研究を行った。術後合併症は Clavien-Dindo …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折における脊椎麻酔の効果:傾向を考慮した研究

・研究の目的は、股関節骨折の手術治療を受ける高齢患者において、麻酔の種類が手術成績と関連するかどうかを明らかにすることであった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムのデータベースに登録されていた、年齢 65〜89 歳で、股関節骨折を内固定術、関節形成術、髄内デバイスで治療した患者を対象とした、前向きに収集されたデータの後ろ向きデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外科的修復を受ける股関節骨折患者の術前硬膜外鎮痛後の周術期成績:系統的レビュー

・研究の目的は、外科的修復を受ける股関節骨折患者に対する術前の硬膜外鎮痛の有効性と安全性を検討することであった。 ・系統的レビューのデザインで、研究プロトコールを PROSPERO systematic reviews register に登録した。電子データベースを用いて、股関節骨折患者の術前の硬膜外鎮痛を他の疼痛管理と比較した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折に対する術前の不要な循環器科評価と経胸壁心エコー図は手術までの時間を遅らせる

・高齢者の股関節骨折患者の手術の遅れは、罹患率と死亡率の増加に関連している。American Heart Association(AHA)とAmerican College of Cardiology(ACC)のClinical Practice Guidelines(CPG)は、術前の循環器科コンサルテーションと経胸壁心エコー(TTE…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

90 歳以上の患者では股関節骨折後の 1 年死亡リスクが増加する

・年齢 90 歳以上の人口の増加は、股関節骨折をきたす端高齢者の急増が予想されることを示唆している。本研究の目的は、1 年死亡率に関連する因子を特定し、非高齢者の好ましくない生存成績に関連する条件を明らかにすることである。 ・2013 年から 2018 年までに股関節骨折を呈した年齢 90 歳代の患者を対象とした横断的研究である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受診時の貧血は高齢者股関節骨折後の急性期死亡率と再入院の必要性を予測する

・股関節骨折を呈した高齢患者における貧血と術後の罹患率および死亡率との関係についての研究は少ない。本研究の目的は、股関節骨折を呈した高齢患者における術後 30 日の罹患率および死亡率に対する受診時の貧血の影響を明らかにすることであった。 ・米国外科学会全国手術の質改善プログラム(ACS-NSQIP)データベースを、2011 年から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折患者に対する周術期疼痛管理のための腸骨筋膜下ブロック:無作為化比較試験の系統的レビュー

・高齢化社会の継続的な進展に伴い、高齢者の股関節脆弱性骨折患者数が急増しており、タイムリーな手術が治療の柱となっている。しかし、十分かつ効果的な疼痛コントロールが、満足のいく効果を得るための前提条件となっている。本系統的レビューは、老年期の股関節骨折患者における周術期疼痛管理のための鎮痛戦略としての腸骨筋膜下ブロック(FICB)の使用に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢の股関節骨折患者における術後早期の主要な心臓イベントと院内死亡率の予測:心エコー検査報告書における術前のいろい…

・経胸壁心エコー検査(TTE)は、股関節骨折術前のよく行われる心臓スクリーニング検査である。ただし、全般的な TTE 検査では手術が遅れるため、心臓の異常を具体的に評価するだけで TTE を簡略化することができれば意味があるだろう。そこで、高齢股関節骨折患者で、術後心臓合併症における各主要心臓異常の予測値と死亡率を比較することにより、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折患者に静脈内アセトアミノフェンでせん妄が減少

・術後せん妄は高齢者のオピオイド使用に関連しており、高齢者の股関節骨折のよく見られる合併症であり、発生率が 16%〜70% と報告されている。静脈内(IV)アセトアミノフェンは、高齢患者における安全で効果的な薬剤であり、股関節骨折後のオピオイドの使用を減らすことが示されている。当院では、高齢者の股関節部骨折患者の集学的疼痛管理レジメンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢の股関節骨折患者の術後短期および長期死亡率に及ぼす心不全の影響

<ハイライト> ・術後 30 日、60 日、3 ??ヶ月、6 ヶ月、1 年の累積死亡率は、非 HF群でそれぞれ 1.6%、3.6%、5.1%、8.4%、12.9% であり、HF 群では 5.7%、9.5%、12.4%、17.1%、25.2% であった(p≦0.001)。 ・1 年死亡率に影響を与えた要因は、性別(OR、2.10; 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法は、股関節骨折のある高齢患者の手術から 90 日以内の死亡率や合併症の高いリスクと関連しているか?

・高齢者の股関節骨折手術後の術後死亡率と合併症は、これらの患者の周術期ケアを改善する努力にもかかわらず高いままである。特に関心のある要素の 1 つは麻酔法であるが、これに関するこれまでの研究は、被検者の選択、競合するリスク、経過追跡が不完全なことによって制限されている。研究目的は、(1)股関節骨折手術を受ける高齢患者で、受けた麻酔の種類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折の高齢患者における術後せん妄の発生率と危険因子

・研究の目的は、股関節骨折の高齢患者におけるせん妄の発生率と関連危険因子を調査することであった。 ・これは、2014 年 10 月から 2017 年 2 月まで医療センターで実施された後ろ向き研究で、股関節手術(股関節形成術、大腿骨近位部釘固定)のために入院した年齢 65 歳以上の全ての患者が登録された。単変量および多変量ロジステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折修復を受ける患者の併存疾患と合併症の傾向

・股関節骨折患者は、その重大な併存疾患の負担と合併症率と死亡率の高い発生率に関連するさまざまな周術期の課題を抱えている。地域住民の傾向データは以前として稀であることから、著者らは、股関節骨折修復手術後患者の人口統計と転帰における米国の全国的傾向を調査することを目指した。 ・施設倫理委員会の承認(IRB#2012-050)の後、股関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折に対する術前大腿神経ブロック:メタ分析を伴う系統的レビュー

・股関節骨折患者の術前疼痛管理は複雑である。大腿神経ブロック(FNB)は股関節骨折に使用され、痛みと全身的鎮痛の需要を軽減する。本研究の目的は、股関節骨折患者に対する単回施行の FNB の有効性を体系的に調査することであった。 ・5 つのデータベースを創始から 2019 年 5 月 8 日まで検索した。股関節骨折患者の疼痛緩和を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折後の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響

・急性股関節骨折(AHF)患者の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響は議論されており、どの時点から死亡率が増加し始めるかについての研究には一貫性がない。ムンダルのサルグレンスカ大学病院では、24 時間以内に手術が推奨されており、術前の最適化の時間はほとんどない。ただし、国際的には、早期手術の定義は 24〜48 時間以上といろいろである。本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症とアルツハイマー病の CSF バイオマーカーは、急性股関節骨折後の死亡率を予測する

・急性股関節骨折(AHF)術後の死亡率は高い。認知障害および/または、脳脊髄液(CSF)中のアルツハイマー病(AD)バイオマーカー値の変化は、後向き研究が示すように、AHF 患者の死亡の予測因子となるのか? ・脊椎麻酔で手術を行った 373 人の AHF 患者を含む前向き単施設試験である。認知状態は、臨床認知症評価(CDR)によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後せん妄の発生率に及ぼす集学的ケアバンドルの効果:品質改善研究

・せん妄は、股関節骨折手術後のよく見られる合併症である。救急部、手術室、病棟の管理を標準化した周術期ケアバンドルを導入した。これには以下が組み込まれた。腸骨筋膜ブロックの使用、鎮痛の合理化、せん妄を引き起こすことが知られている薬物の回避、スタッフ向けの定期的な教育プログラム、コンプライアンスの継続的監査。 ・本研究は、2017 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄を予測するリスクスコアの開発

・股関節骨折後のせん妄(PHFD)は、高齢患者の重大な臨床的問題であるが、術前の期間で使用するための適切で単純なリスク予測モデルは開発されていない。 ・2016 年の米国外科学会全国手術の質改善プログラムの股関節骨折手術を対象とした参加者用データファイルを使用して、股関節骨折手術を受けた年齢 60 歳以上の患者コホートを取得した(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期輸血は、股関節骨折手術を受ける高齢患者の全生存率とは関連していない

・周術期輸血が長期的転帰と関連しているかどうかについては議論の余地がある。本研究は、股関節骨折患者の全生存に及ぼす輸血の効果を評価することを目的とした。 ・この後ろ向き調査は医療センター単施設で実施され、2013 年から 2015 年までに股関節骨折手術を受けた年齢 70 歳以上の患者を登録した。さらに、輸血を受けた患者は、患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の効果:後ろ向き傾向スコア一致ペアコホート研究

・脊椎麻酔(SA)は全身麻酔(GA)よりも生理学的な利点があるが、死亡率の利点に関してのエビデンスは不十分である。股関節骨折手術を受けた患者の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の影響を評価するために、後ろ向き傾向スコアマッチングコホート研究を行った。 ・カナダのオンタリオ州トロントにある大学医療ネットワークで、13 年間にわたり股…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折のための非待機的手術を受ける高齢患者における術後せん妄、機能的状態、死亡率の臨床的予測因子

・研究の目的は、高齢手術患者集団における入院患者の非待機的股関節骨折手術に関連する罹患率と死亡率に影響を及ぼしうる修正可能な術前因子を同定することであった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラム高齢手術パイロットプロジェクトから得たデータベースの後ろ向き分析。対象は非待機的股関節修復手術を受ける高齢患者で、術前の人口統計学的、内科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折修復術を受けた患者における手術所要時間と術後せん妄との関連

・股関節骨折手術を受けた高齢者の術後せん妄は、罹患率および医療費の増加と関連しているが、リスクを制限するのに役立つ可能性のある修正可能な因子はほとんど知られていない。研究の目的は。長時間手術と麻酔の種類が術後せん妄のリスク増加と関連しているかどうかを調査するために、股関節骨折手術所要時間について患者集団全体の個人レベルのデータを使用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more