テーマ:敗血症ショック

敗血症性ショックの 28 日死亡率を評価するための入院前ショック指数

・入院前の設定では、死亡リスクの高い敗血症性ショック(SS)の早期特定は、早期治療の開始と搬送先(救急科(ED)か、または集中治療室(ICU))の決定を目的としている。この前後状況では、状態悪化ののリスクが高い患者を早期に発見するために、重症度と死亡の予後尺度が必要である。本研究では、入院前のショック指数(SI)と移動型集中治療室(MI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗血症ショック管理での昇圧剤中止順序による低血圧の発生率:前向き無作為化試験(DOVSS)

・バソプレッシン(AVP)は、敗血症患者のショックを回復させるためにノルエピネフリン(NE)によく追加される。しかし、敗血症性ショックから回復中の、NE と AVP を同時投与されている患者で、昇圧剤漸減の適切な戦略を支持するデータはない。そこで、本研究の目的は、敗血症性ショックから回復中の NE と AVP 当時投与患者で、昇圧剤を徐…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more