テーマ:外傷患者

挿管された外傷患者において、高濃度酸素吸入が死亡率を高める可能性がある-後ろ向きコホート研究

・外傷患者の人工呼吸はよくあることであり、その多くは低酸素血症を避けるために通常よりも高い吸気酸素濃度(FiO2)を必要とする。本研究の主な目的は、挿管された外傷患者の FiO2 と 1 年全死因死亡率との関連を評価することである。 ・2015 年から 2017 年までに外傷後の初期段階で挿管された成人外傷患者を後ろ向きに同定した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸を投与された外傷患者における輸血必要量の後ろ向き的研究

・「外傷緊急蘇生でのトラネキサム酸の軍事的応用研究(MATER)」および「重篤な出血での抗線維素溶解薬の臨床的無作為化 2」(CRASH-2)は、トラネキサム酸(TXA)が外傷性出血患者の死亡率を低下させることを示している。しかし、外国と米国軍の兵士で行われたそれらの結果は、米国の民間人の外傷患者への一般化可能性に対する懸念を引き起こし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more