テーマ:長期的転帰

認知症とアルツハイマー病の CSF バイオマーカーは、急性股関節骨折後の死亡率を予測する

・急性股関節骨折(AHF)術後の死亡率は高い。認知障害および/または、脳脊髄液(CSF)中のアルツハイマー病(AD)バイオマーカー値の変化は、後向き研究が示すように、AHF 患者の死亡の予測因子となるのか? ・脊椎麻酔で手術を行った 373 人の AHF 患者を含む前向き単施設試験である。認知状態は、臨床認知症評価(CDR)によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後の右心室機能は、長期死亡率の強い独立予測因子である

・研究の目的は、不均一な心臓手術患者群における心臓手術後の右心室機能不全の全死因死亡を確立することであった。 ・三次教育病院での単施設試験での 4 年間にわたる心臓手術患者の不均一群 1109 人の後ろ向き的分析で、プロトコルにより、患者は肺動脈カテーテルでモニターされ、連続右心室駆出率(RVEF)測定が可能となった。 ・測…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more