テーマ:エントロピー

セボフルランを使用したエントロピーガイド下全身麻酔に及ぼす硬膜外鎮痛の影響の定量化-無作為化対照試験

・吸入麻酔剤の最小肺胞濃度(MAC)は、全身麻酔の適切なレベルを維持するための吸入剤必要量を示す。エントロピーを使用して麻酔深度を調節することによって、麻酔維持の精度を、さらに高くできる可能性がある。区域麻酔とそれに伴う求心路遮断により、全身麻酔の必要性が減少する。満足のいく麻酔深度を達成するために、エントロピーガイド下のセボフルランベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルラン、プロポフォール麻酔中のラリンジアルマスク(LMA)挿入麻酔深度の指標としてのエントピー

・麻酔深度の評価は、麻酔診療の基本である。エントロピー測定は、客観的なモニタリングであり、全身麻酔中の鎮痛と催眠レベルを示す反応エントロピー(RE)および状態エントロピー(SE)の 2 種類がある。本研究の目的は、エントロピーをツールとして LMA 留置時の麻酔深度を評価することであった。麻酔深度の指標としてのエントロピーの評価は、循環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more