テーマ:OPCAB

オフポンプCABG手術における術後出血の減少におけるトラネキサム酸とεアミノカプロン酸の有効性の比較:前向き無作為…

・オフポンプ冠動脈バイパスグラフト(CABG)手術は、組織プラスミノーゲン活性化因子の放出による線維素溶解の増加が示されている。オフポンプ CABG 手術で利用可能な 2 種類の抗線溶薬(トラネキサム酸とεアミノカプロン酸)を比較した試験はない。本研究の目的は、トラネキサム酸とε-アミノ-カプロン酸の有効性を、主要評価項目としての 4 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 トラネキサム酸と OPCAB

これまで当ブログで紹介した記事から、オフポンプ CABG とトラネキサム酸に関連した文献をまとめて紹介する。 OPCAB 手術の出血量と輸血を減らすトラネキサム酸の効果:系統的レビューとメタ分析 2003 ~ 2016 年に実施された 15 件の無作為化比較試験(合計 1250 例の患者)のレビューで、トラネキサム酸は、術後 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎機能障害患者における OPCAB における重炭酸ナトリウム注入の影響

・心臓手術後の急性腎障害(AKI)は、合併症率、死亡率および経済的負担の増加をもたらす重大な合併症である。本研究は、オフポンプ冠動脈バイパス術(OP-CABG)を受ける安定した慢性腎臓病(CKD)患者における重炭酸ナトリウム(NaHCO3)補給の利点を調査するために考案された。 ・著者らは、待機的 OP-CABG を必要とする糸球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OPCAB 手術の出血量と輸血を減らすトラネキサム酸の効果:系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・トラネキサム酸は、OPCAB 手術における 24 時間の出血量と同種輸血投与のリスクを低減する。 ・トラネキサム酸が術後死亡率や血栓性合併症のリスクを高めるというエビデンスはなかった。 ・現在のエビデンスには、質の高い無作為研究が欠けている。 <要旨> ・研究目標は、オフポンプ冠動脈バイパス(OPCAB)手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフポンプ冠動脈バイパス患者におけるインスリン抵抗性に及ぼす術前経口炭水化物投与の評価:無作為化試験

・絶食心臓手術患者では、術前の炭水化物(CHO)飲料摂取はインスリン抵抗性の低下および心臓代謝の改善をもたらしたが、おそらくは人工心肺に関連する極端な全身性炎症があるため、その有益な効果は心臓手術後には明らかではない。著者らは、術前 CHO 摂取がオフポンプ冠動脈再建術におけるインスリン抵抗性と遊離脂肪酸(FFA)濃度に影響するかどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフポンプ型冠動脈バイパス手術患者の転帰に及ぼすヘパリンの 2 用量の比較:前向き無作為化対照試験

・オフポンプ冠動脈バイパス術は、人工心肺に伴う合併症率を低下させる意図で実施されるが、結果として生じる「過凝固性」に対処する必要がある。オフポンプ冠動脈バイパス術後には、凝固亢進に起因する可能性のある冠状動脈血栓などの合併症が報告されている。多くの臨床医は、この恐怖に対抗するために、5mg/kg までの高用量ヘパリンを使用する。総じて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more