テーマ:硬膜外麻酔

股関節または膝関節置換手術を受ける患者の硬膜外麻酔に及ぼす従来型盲目法の補助としての術前超音波:無作為化対照試験

・膝関節置換術および股関節全置換術を受ける患者はほとんどが肥満であり、年齢 50 歳以上で脊椎骨棘形成や脊椎変形があるため、区域麻酔の従来の盲式法はより困難になる。本研究の目的は、膝関節または股関節全置換手術を受ける骨棘のある肥満患者で、技術的な難易度、臨床的有効性、安全性、患者の快適性の観点から、術前超音波スキャンの役割を従来の盲式法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の臨床分析

・研究の目的は、術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の効果を調査することである。 ・2015 年 1 月から 2018 年 8 月に手術を受けた 120 人の患者が、A 群(n=40)、B 群(n=40)、C 群(n=40)の 3 群に選ばれた。A 群には吸入麻酔を、B 群には静脈内麻酔を、C 群には全身麻酔を併用した硬膜外ブロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹腹部大動脈瘤修復後の周術期合併症率や死亡率に及ぼす硬膜外鎮痛の影響

・硬膜外鎮痛(EA)は、術後鎮痛の改善??と心臓、肺、腎臓の合併症の発生率の低下のために、全身麻酔(GA)の補助として頻繁に使用される。ただし、開腹大動脈瘤(AAA)修復中に EA-GA を具体的に検討した研究はわずかである。特に術後転帰に関する開腹 AAA 修復時の EA-GA の影響は不明である。本研究は、EA-GA と GA 単独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満および非肥満の妊婦における硬膜外カテーテル留置:系統的レビューとメタ分析

・分娩時に硬膜外鎮痛を受ける肥満妊婦の割合が増加しているため、これらの女性の硬膜外留置中の硬膜外失敗と困難の割合を評価する必要がある。 ・2017 年 12 月まで、PubMed、Embase、Medline、Google scholarで、肥満妊婦と非肥満妊婦で硬膜外カテーテル留置において、失敗および/または困難を報告した記事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔と全身麻酔の併用は、待機的開腹大動脈瘤修復術後の周術期転帰を有意に改善する

・開腹腹部大動脈瘤(AAA)修復のコンテキストでの脊柱管麻酔(NA)の使用のエビデンスは希薄である。本研究の目的は、待機的開腹 AAA 修復に際して、全身麻酔と脊柱管麻酔の併用 vs 脊柱管麻酔を併用しない全身麻酔(GA)の 90 日転帰を調査することであった。 ・2003 年から 2016 年までのオンタリオ州の健康管理データを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生児の消化管手術における硬膜外麻酔と全身麻酔の併用 vs全身麻酔:無作為化対照試験

・術後イレウスは、全身麻酔下での消化管手術の頻繁な合併症である。本研究の目的は、硬膜外全身併用麻酔が待機的消化管手術を受ける新生児の消化管機能回復の促進に関連しているかどうかを調査することであった。 ・大学病院で消化管手術を受けた 60 人の新生児を含む無作為化比較試験が実施された。30 人の新生児が硬膜外全身併用麻酔(CEGA)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法、外科的ストレス、脊椎手術後の認知機能障害の関係:無作為化試験

・手術に伴う外傷は、術後の認知機能障害をきたす可能性のある全身性炎症性変化を引き起こすことが知られている。本研究では、著者らは、術後の炎症性変化、細胞性免疫、認知機能障害に関して、硬膜外麻酔プロトコルの効果を従来の麻酔の効果と比較した。 ・胸腰椎多椎間の除圧術および融合を受けた年齢 45-60 歳の 48 人の患者は、2 群のいず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹囲は、超音波で推定される妊婦の硬膜外の深さと強い相関関係がある:前向き観察研究

・妊婦の脊柱の処置前超音波検査により、所望の椎間腔を特定し、針の軌道と推定される針の深さを予測できる。本研究の目的は、超音波で推定される硬膜外の深さ(ED)と腹囲(AG)、肥満指数(BMI)、体重、身長、年齢との相関関係を評価することであった。 ・本前向き観察研究では、皮膚から硬膜外腔までの深さの超音波推定値を得るために、横正中面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者における循環動態変化とその合併症に及ぼす胸部硬膜外麻酔と全身麻酔の効果

・硬膜外麻酔(EA)は、今日、手術的処置と助産に関わる疼痛管理、慢性疼痛に広く使用されている。この種の麻酔は、さまざまなテクニック、生理学的方法、薬理学的方法で行える。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者で、血行動態変化とその合併症に及ぼす胸部 EA と全身麻酔(GA)の効果を比較することであった。 ・この臨床試験研究は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔の合併症としての声帯麻痺

脳神経麻痺は稀ではあるが、硬膜外麻酔の合併症であり、最も一般的には外転神経麻痺に続発する複視を呈する。上部脳神経麻痺は数多くの症例で報告されているが、反回神経麻痺を含む下部脳神経麻痺は非常にまれである。この症例では、37 歳の女性で、最初の子供の自然経腟膣分娩に際しての硬膜外麻酔に続き、発声障害を呈した。ファイバー喉頭鏡検査では左声帯麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膀胱癌患者の硬膜外麻酔と癌の予後:それはテクニックか、投薬か?

・周術期は、癌関連転帰に長期的な影響を及ぼす重要な期間である可能性がある。本研究で、著者らは根治的(RC)コホート患者における癌特異的転帰に及ぼす区域麻酔の影響を評価している。 ・著者らは、2008 年から 2012 年までに自施設で RC を受けた臨床的に非転移性の尿路上皮癌患者の後ろ向き的分析を行った。患者は、後ろ向きに登録さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急帝王切開に際しての硬膜外麻酔時の体温、皮膚熱損失、皮膚血流

・緊急帝王切開に際して無痛分娩用の硬膜外鎮痛を硬膜外麻酔に変換することが、皮膚血管運動神経緊張度や平均体温にどのように影響するかは明らかではない。著者らは、硬膜外麻酔を追加することは、皮膚血管拡張亢進(皮膚熱損失と皮膚血流低下)をブロックし、結果として平均体温が上昇すると仮定した。 ・陣痛が確定した 20 人の女性は、緊急帝王切開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開を受けた子癇前症患者の硬膜外レボブピバカインに硫酸マグネシウムを添加した場合の鎮痛効果

・マグネシウムは、NMDA 受容体の生理学的拮抗薬であり、カルシウムチャネル遮断薬である。本研究は、軽度の子癇前症で硫酸マグネシウム(MgSO4)を硬膜外麻酔に添加したときの鎮痛効果を試験するために考案された。 ・軽度子癇前症の 60 人の患者を無作為に同数 2 群に割り当てた。プラセボ群には、2 つの別のシリンジを用いて 0.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000 年から 2009 年までのフィンランドにおける脊髄および硬膜外麻酔に伴う重大な合併症

・クローズド・クレームの分析は、まれな合併症の特徴についての洞察を提供する。脊髄および硬膜外ブロックに関連する重篤な合併症は比較的まれである。フィンランドでは、全医療過誤事例は、主に患者保険センター(PIC)によって「無過失制度」で処理される。 ・2000~2009 年の期間中に、中枢神経系ブロックに起因し、PIC によって解決さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下婦人科手術における術後悪心嘔吐に及ぼす硬膜外麻酔の効果:無作為化比較試験

・腹腔鏡下婦人科手術を受ける患者は、術後悪心嘔吐(PONV)の影響を受けやすい。著者らは術中オピオイド投与を最小限に抑えるために硬膜外麻酔と全身麻酔の併用することにより、腹腔鏡下婦人科手術後の PONV の発生率を低下させるであろうとiいう仮説を立てた。 ・腹腔鏡下婦人科手術を受ける女性を無作為に全身麻酔単独(G 群、n=45)か…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

硬膜外麻酔および術後鎮痛のためのロピバカイン添加剤としてのデキスメデトミジンとフェンタニルの評価

・硬膜外局所麻酔薬とオピオイドとの相乗作用は十分に確立されているが、硬膜外における局所麻酔薬とデキスメデトミジンとの併用に関するエビデンスは限られている。本研究は、硬膜外麻酔に際して、ロピバカインへの添加剤としてのデキスメデトミジン vs フェンタニルの臨床的有効性を評価する。 ・臍下手術を受ける患者を、以下の 3 群に無作為に分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の異なる椎骨レベルでの硬膜脊髄間距離と硬膜外鎮痛に及ぼすその意義:MRI に基づく後ろ向き研究

・硬膜から脊髄までの距離は、異なる椎骨レベルで一様ではない。硬膜と脊髄間の距離は、硬膜穿刺後に、針の外傷によって引き起こされる神経学的損傷の可能性を回避する上で重要な要素となり得る。典型的には、硬膜脊髄間距離が大きいほど、潜在的な安全域が大きくなる。本研究の目的は、MRI 画像を用いて、2 つの胸部レベル T6-7、T9-10 と 1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者における経皮的経椎間孔内視鏡下椎間板切除術における局所麻酔と硬膜外麻酔の効果比較

<ハイライト> ・年齢 65 歳以上の高齢患者における経皮的経管腔内視鏡下椎間板切除術のための局所麻酔と硬膜外麻酔の効果を比較する初めての研究 <要旨> ・局所麻酔(LA)は、経皮的経椎間孔内視鏡下椎間板切除(PTED)に推奨されるが、臨床診療では、LA は PTED 中に満足のいく疼痛管理を達成できないことが示されている。本研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝臓移植ドナーにおける肺機能に及ぼす硬膜外麻酔の利点

・硬膜外鎮痛(EA)は、麻酔薬の必要量、出血量、術後鎮痛、肺機能検査(PFT)に好ましい効果を有する。本研究の目的は、肝臓移植ドナー(LTD)での術後 PFT に及ぼす EA の効果を調査することであった。 ・本研究では、66 人の LTD を完全静脈麻酔(TIVA)群と TIVA + EA 群として分類した。患者の年齢、性別、肥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外ネオスチグミン vs フェンタニル併用によるブピバカイン使用量の減少:無作為化二重盲式対照試験

・硬膜外局所麻酔薬へのオピオイドの添加は、局所麻酔薬の消費量を 20% 減少させるが、副作用と法令遵守事務処理に費やす時間を犠牲にしている。硬膜外ネオスチグミンはまた、局所麻酔薬の使用量を減少させる。著者らは、患者管理硬膜外鎮痛に際して、ネオスチグミンを併用した硬膜外ブピバカインは、フェンタニルを併用した硬膜外ブピバカインと比較して、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経腟分娩のための硬膜外麻酔の代替法としてのレミフェンタニル:無作為化試験のメタ分析

<ハイライト> ・ほとんどの臨床転帰について有意差は検出されなかった。 ・EA の候補者でない患者の場合、R-PCA は効果的な代替手段を提供する可能性がある。 ・低酸素血症に関しては注意が必要である。 <要旨> ・硬膜外鎮痛は陣痛管理のゴールドスタンダードと考えられているが、臨床的禁忌や、利用可能性のためにいくつかの条件では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

開胸術後疼痛緩和のためにロピバカインを使用した胸郭硬膜外ブロックと術野を介した傍脊椎ブロックを比較

・著者らは、開胸後の疼痛緩和のために、術野経由の傍脊椎麻酔(PVB-sf)と、ロピバカインを使用した硬膜外ブロック(Epi)との間で、鎮痛有効性を評価するための比較試験を実施した。胸腔鏡下に胸部外科医が手術野から傍脊椎腔交感神経幹腹側にカテーテルを挿入した。 ・開胸による肺葉切除術を予定された肺癌患者を、PVB-sf か、またはE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺硬膜外麻酔法:分娩時鎮痛のための新規な方法

近年、硬膜穿刺硬膜外(DPE)法は、新規な鎮痛法として登場している。 DPE 法は、脊髄硬膜外(CSE)法の技術的要素を含むが、クモ膜下薬剤の直接投与は避ける。DPE 法の独特なブロックの質を担う根本的なメカニズムは、硬膜外腔から硬膜嚢への薬剤の移行であると考えられている。実験的研究は、移行流と硬膜穿刺孔の大きさとの間に正の相関があるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満指数の増加は、分娩患者で、硬膜外麻酔の困難度、失敗率、失敗検出までの時間の増加を予測する

<ハイライト> ・著者らは、BMI と分娩時硬膜外麻酔の失敗と困難度のとの関連性を検討した。 ・肥満患者は、硬膜外麻酔成功のために、複数の腰椎間レベルでの試行と、臨床医ボーラスが多く必要であった。 ・経験の少ない研修生では、硬膜外麻酔の失敗と相関していたが、留置困難とは挿管しなかった。 ・医師は、潜在的な問題を管理するために、肥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹部大動脈瘤修復術に際しての硬膜外併用全身麻酔と単独全身麻酔

・硬膜外鎮痛(EA)は、待機的腹部大動脈瘤手術(AAA)中に術後疼痛管理のための補助処置として使用される。鎮痛に加えて、脊髄交感神経活動に及ぼす EA の調節効果は、臓器灌流を改善し、合併症を減少させる結果となる。術後合併症の減少は、回復期間の短縮と、おそらくは 30 日生存期間の改善につながる。しかしながら、待機的 AAA 術中に全身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児における硬膜外麻酔の巨視的と微視的循環動態に及ぼす意義に関する観察研究

・小児の硬膜外麻酔が血行動態に及ぼす意義については、ほとんど報告されていない。 ・著者らは、新生児から年齢 6 歳までの 25 人の小児を観察する研究からマクロおよびミクロ血行動態のデータを報告しており、患者らはモニタリングシステムの特別な組み合わせを用いて手術を受けた。著者らは、硬膜外カテーテル留置後、90 分間の研究関連nモニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more