テーマ:ファイバー挿管

全身麻酔下での気管支ファイバー挿管困難に関連する患者要因:前向き観察研究

・全身麻酔下で気管支ファイバー(FB)を使用した気管挿管困難に関連する患者特性は、前向きに評価されていない。この観察研究は、FB 挿管困難に関連する人口統計学的および形態学的要因を特定することを目的としている。 ・全身麻酔時に気管挿管を受ける 420 人の成人待機手術患者を募集した。患者の特徴は、年齢、性別、体重、身長、肥満指数、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難気道が予測される患者における覚醒下声門上気道ガイドの気管支ファイバー挿管:症例シリーズおよび叙述的文献レビュー

・全身麻酔導入後に気道を確保しようとする試みが、潜在的に困難であったり、失敗することによって危害につながる可能性がある場合、困難気道では覚醒挿管が適応となる。従来の覚醒下気管支ファイバー挿管は、経鼻、あるいは、あまり一般的ではないが、経口で行われる。声門上気道器具(SAD)を介した覚醒下経口気管支ファイバー挿管(FBI)はあまり一般的で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 SAD を気管挿管用導管として使用した研究:ファイバー挿管

SGA を介したファイバー挿管 【SGA 同士で比較】 挿管困難予想の麻酔患者で i-gel+Magill チューブと sILMA+ILMA チューブをファイバー挿管 挿管困難が予想される患者で、標準的な RushPVC 気管チューブを i-gel に通した場合と、ディスポの ILMA(sILMA)気管チューブを sILMA に通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

i-gel vs LMA Protector 声門上気道器具を通したファイバーガイド下気管挿管

・声門上気道器具を導管として使用したファイバーガイド下気管挿管は、予期されたおよび予期せぬ困難気道管理に使用できる技術である。i-gel 声門上気道器具はこの目的のために検討されてきたが、最近導入された第 2 世代声門上気道器具である LMA Protector は、臨床試験でのこの用途については評価されていない。 ・本前向き無作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩麻酔下の成人男性における Ambu AuraGain LM vs LMA Protector

・著者らは、挿管の可能性を提供する 2 種類の新しい声門上気道器具である、LMA Protector と AuraGain では口咽頭リーク圧が異なると仮定している。 ・男性患者 98 名、ASA I-II を無作為に AuraGain か、または Protector 群に割り当てた。口咽頭リーク圧は、カフ容積を 10mL から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声門上器具:Ambu AuraGain LM vs LMA Fastrach をファイバー挿管で比較

・Ambu AuraGain ラリンジアルマスク(LM)(Ambu A/S、Ballerup、デンマーク)は、ファイバーガイド下気管挿管のための導管を提供する数少ない容易に入手可能な第 2 世代声門上気道器具(SAD)の 1 つである。著者らは、この器具を介したファイバー挿管を、予期しない困難気道管理のための推奨された専用レスキュー器具…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイバーガイド下挿管における Air-Q と LMA Fastrach の比較:交差マネキン研究

・気道管理は依然として麻酔に関連する合併症と死亡の主な原因である。声門上器具は、困難気道管理ガイドラインで推奨されている。本研究の目的は、ファイバーガイド下気管挿管における Air-Q と LMA Fastrach の性能を比較することであった。 ・33 人の麻酔科研修医が本無作為化交差試験に対象となった。専用気道器具を挿入する時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚醒下ファイバー挿管時の鎮静に静脈内デキスメデトミジン+プロポフォール vs ケトフォルを比較

・喉頭腫瘤による困難気道の管理は麻酔科医にとって大きな課題であり、覚醒下ファイバー挿管法(AFOI)が最適な手法となるであろう。本研究は、挿管条件、血行動態の安定性、患者と麻酔科医の満足度に関して、AFOI 中の鎮静に際してデキスメデトミジン+プロポフォールか、またはケトフォールの投与の効果を比較することを目的とした。 ・喉頭腫瘤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道を通した高度肥満患者のファイバー挿管:Ambu AuraGain vs i-gel

・高度肥満患者の気道管理は、麻酔科医にとって依然として課題であり、生命にかかわる状況につながる可能性がある。i-gel(R) または AuraGain(R) などの声門上気道器具は、患者を換気するか、またはそれらを気道挿管のための導管として使用する可能性をもって開発された。 ・今回の無作為化前向き試験で著者らは、高度肥満患者で、i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小耳症学童小児でのビデオ喉頭鏡可用性がファイバー挿管に及ぼす効果

・気道が正常または困難な小児患者の挿管時にビデオ喉頭鏡の人気が高まるにつれて、挿管困難のための従来のゴールドスタンダードとされていたファイバ補助気管挿管があまり使用されなくなる可能性がある。小耳症の学童小児コホートは、挿管困難の危険性が高いのであるが、著者らはビデオ喉頭鏡導入の前後で、気道管理テクニックの使用を評価することを目的とした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頚椎が不安定な患者におけるファイバーガイド下と挿管用ラリンジアルマスク補助下の覚醒経口挿管の比較研究

・安全な気道確保技術は、不安定な頚椎(UCS)患者において、挿管に関連した頸椎の動きと、それに伴う神経学的損傷を最小限にする。UCS 患者では、FWI(ファイバーガイド下挿管)が望ましい。あるいは、挿管用ラリンジアルマスク補助挿管(ILMA-AI)は、待機的と緊急時の両方で実施可能で、専門知識が少なくても使用でき、費用効果比が高い。本研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頸椎手術に際してファイバー挿管を受ける患者の血行動態に及ぼすプロポフォールまたはセボフルラン麻酔導入

・頸髄症手術を受ける患者で、全身麻酔導入は全身性低血圧を誘発し、脊髄灌流を悪化させ、脊髄損傷をきたす可能性がある。本無作為化対照臨床研究では、頸椎手術に際しファイバー挿管を受ける患者で、麻酔導入に関連した循環動態変化を静脈内(IV)プロポフォールとセボフルランベースの吸入導入と比較した。 ・合計 72 人の患者を研究した。循環動態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュ喉頭鏡よりも、ファイバーを用いた経鼻挿管後の術後咽頭痛が少ない:二重盲式無作為試験

<ハイライト> ・挿管に際してのファイバースコープ気管支鏡とマッキントッシュ喉頭鏡の比較 ・気管支鏡では、経鼻挿管後の術後咽頭痛が軽減した。 ・挿管時間は、ファイバ気管支鏡を用いた方が有意に短かった。 ・鼻粘膜外傷の発生率は同等であった。 ・循環動態反応は有意差がなかった。 <要旨> ・研究目的は、気管支鏡を用いた経鼻気管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイバーガイド気管挿管に際しての様々な声門上気道器具の比較

・留置した声門上気道器具を介したファイバー補助下の挿管は、困難気道を安全かつ容易に管理する方法として記載されてきた。しかし、声門入口部の視覚化は、ファイバー補助下挿管に不可欠である。様々な異なる声門上気道器具が市販されており、ファイバー補助下挿管のための異なる条件を提供する可能性がある。本研究の目的は、異なる声門上気道器具を用いて得られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予測された困難気道での覚醒下気管挿管:LMA Fastrach vs 気管支ファイバー:予備研究

<ハイライト> ・覚醒下挿管を必要とする 40 例の患者を、ILMA 群か、または FB 群に無作為化した。 ・挿管は、麻酔科医によってか、もしくはその監督下で行われた。 ・二酸化炭素検出までの時間、試行回数、バイタルサイン、患者満足度を比較した。 ・3 回試行の挿管成功率は両群で 95% であった。 ・初回試行の成功率は I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more