テーマ:肥満症手術

マグネシウムとケタミンは、開腹肥満症手術後の早期モルヒネ消費量を減らす:前向き無作為化二重盲式試験

・肥満患者の最適な疼痛管理は早期回復に不可欠である。本研究の目的は、マグネシウムとケタミンの併用が、開腹手術後のモルヒネ消費量(主要転帰)、および術後疼痛スコアと副作用の発生に及ぼす影響を評価することである。 ・待機的開腹胃バイパス術を受けた合計 60 人の患者を 3 群に無作為に分けた。全患者が同じ全身麻酔プロトコルを受けた。マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術を予定している病的肥満若年患者における抜管までの時間と早期回復に及ぼすドキサプラムの効果:無作為化比較試験

・肥満症手術は、肥満の確立された治療法である。肥満症手術後の術後呼吸不全と気道閉塞は、多くの場合、麻酔薬、鎮静薬、オピオイドの残存抑制効果に起因する可能性がある。病的肥満患者の周術期管理は、手術室の専門家にとって依然として懸念事項である。本研究の目的は、病的肥満の肥満外科手術後の全身麻酔の転帰に及ぼすドキサプラムの効果を評価を目時とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下肥満症手術の術後痛に及ぼす腹腔内ブピバカインの効果

・術後疼痛には多くの有害効果があり、適切に管理されない場合、広範囲の合併症を引き起こす可能性がある。オピオイドには、疼痛管理のために頻繁に使用される薬物であるが、特に肥満患者において、いくつかの重症の呼吸器および消化管の合併症がある。本研究で、著者らは、腹腔鏡下肥満症手術の術後疼痛に対する腹腔内ブピバカイン洗浄の効果を評価することを計画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内患者管理鎮痛法を受ける間、腹腔鏡下肥満症手術後 24時間における中程度から重度の痛みの危険因子

・研究の目的は、腹腔鏡下肥満症手術後の 24 時間における中程度から重度の痛みの発生率と危険因子を調査することであった。 ・本後ろ向き研究には、2016 年 6 月から 2018 年 7 月までに単施設で腹腔鏡袖状胃切除術か、または Roux-en-Y 胃バイパス術を受けた病的肥満患者が含まれた。麻酔回復室(PACU)と病棟で分析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全静脈内麻酔 vs デスフルラン麻酔による肥満症手術後の疼痛と悪心:二重盲式無作為化比較試験

・肥満患者の最適な麻酔に関してエビエンスに基づいた知識は限られている。研究の目的は、プロポフォールによる静脈内麻酔 vs デスフルラン麻酔を受ける患者で、周術期と術後転帰を調査し比較することにより肥満症手術を受ける患者のための最適な麻酔アプローチを評価することであった。 ・非大学関連の一次紹介センターで、2016 年から 2017…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術後の鎮痛に用いられる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の安全性と有効性:後ろ向き的症例

・非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、マルチモーダル鎮痛プロトコルの基礎である。この点は、病的肥満患者においては、拘束性肺疾患および閉塞性睡眠時無呼吸の有病率が高いことから、大きな価値がある。本研究の目的は、NSAID が術後鎮痛を最適化しながら肥満症手術の急性期合併症を増加させないという仮説を検証することであった。 ・201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性腎障害に対する肥満症手術の長期的影響:UK Clinical Practice Research

・肥満症手術は、体重減少の有効な方法であり、周術期事象としての急性腎障害(AKI)と関連している。しかし、AKI に及ぼす手術後の体重減少の長期的影響は不明である。本研究の目的は、肥満症手術とその後の AKI のリスクとの関連性を定量化することである。 ・本研究では、肥満症手術の有無にかかわらず、英国臨床実践研究データリンクデータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術における横紋筋融解症:系統的レビュー

・横紋筋融解症(RML)は、肥満症手術の稀な合併症である。RML を発症した肥満症手術を受けた病的肥満患者におけるリスク因子および患者転帰を同定するために、系統的レビューが行われた。 ・1990 年 1 月から 2012 年 3 月まで、関連する MeSH 用語を使用して包括的な検索が行われた。研究は、事前定義された包含基準に基づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術における鎮痛侵害受容指数(ANI)ガイド下の術中鎮痛の利点:非対応症例対照研究

・鎮痛侵害受容指数(ANI)は、周術期における疼痛-侵害受容バランスの評価のために提案されてきた。肥満患者では、薬理学的変化によって鎮痛管理が困難になるのだが、著者らは ANI による鎮痛モニタリングが、肥満症手術中の術中オピオイド消費量を減少させると仮定した。 ・本単施設観察非対応症例対照研究は、肥満症手術時に ANI モニタリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術患者における術後悪心嘔吐:観察研究

・肥満症手術を受ける患者の術後悪心嘔吐(PONV)のリスクは不明である。本研究の目的は、PONV リスクと PONV 予防の使用と有効性を調査することであった。 ・本前向き観察研究には、完全静脈麻酔による肥満症手術を受ける 74 人の患者が含まれた。患者は公表されたガイドラインと単純化された PONV リスクスコアに基づいて PO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下肥満症手術で中等度ロクロニウム筋弛緩の拮抗に理想体重に基づく 3 用量のブリディオン

・大部分の著者と文献は、スガマデクス用量は脂肪含量を考慮せずに RBW に従って計算するよう推奨している。著者らの目的は、腹腔鏡下肥満症手術で、中程度のロクロニウム誘発性筋弛緩の拮抗に際して、理想体重を基にして計算した 1.5、2、4mg/kg 用量のスガマデクスの有効性と安全性を比較することであった。 ・投与スガマデクス用量に従…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more