テーマ:貧血

術前の中等度〜高度の貧血が入院期間に及ぼす影響:心臓手術以外の患者を対象とした傾向スコアマッチ分析

・研究の目的は、中等度から高度の貧血の頻度と、その入院期間との関連性を評価することであった。 ・国際的前向き観察研究「Local ASsessment of VEntilatory management during General Anaesthesia for Surgery」(LAS VEGAS)の事後分析である。今回の分析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受診時の貧血は高齢者股関節骨折後の急性期死亡率と再入院の必要性を予測する

・股関節骨折を呈した高齢患者における貧血と術後の罹患率および死亡率との関係についての研究は少ない。本研究の目的は、股関節骨折を呈した高齢患者における術後 30 日の罹患率および死亡率に対する受診時の貧血の影響を明らかにすることであった。 ・米国外科学会全国手術の質改善プログラム(ACS-NSQIP)データベースを、2011 年から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)で治療した大動脈弁狭窄症患者における術前貧血と術後死亡率:系統的レビュー…

・全身麻酔と開胸心臓手術を妨げる併存疾患を有する重症大動脈弁狭窄症の患者は、経カテーテル大動脈弁植込み術(TAVI)の候補者である。ただし、TAVI は術後の患者死亡につながる可能性がある。この文献の系統的レビューとメタ分析は、TAVI 後の患者の術前貧血と術後死亡率との関係を明らかにすることを目的としている。 ・PubMed、E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術を受ける貧血患者で鉄剤/エリスロポエチン静脈内投与による術前準備の有効性

・術前貧血と輸血は、待機的整形外科手術を受ける患者によく見られる。 「患者血液の管理」の適用は、貧血と輸血の両方を減らす最も効果的な方法かもしれない。鉄及び/又はエリスロポエチン(EPO)の術前投与は、患者血液管理の第一の柱の基礎の一つであるが、日常的な臨床環境において、この手段の有効性及び長期安全性は、これまでのところ完全には分析され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の術前境界貧血と心臓手術後転帰との関連性:コホート研究

・貧血は心臓手術の術前によく見られであり、合併症率と死亡率の増加に関連する。世界保健機関(WHO)の貧血の定義は、男性の場合よりも女性のほうが 10g/l 低いため、術前の最適化に関して男性と比べて不利になる可能性がある。著者らの仮説は、境界貧血(ヘモグロビン濃度 120-129g/l と定義)を有する女性のほうが、非貧血女性(ヘモグロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more