テーマ:オピオイド

分娩に際しての脊髄硬膜外併用鎮痛におけるオピオイドの有害副作用と投与経路:無作為化試験のメタ分析

・研究は、陣痛と分娩に際して、標準的な硬膜外鎮痛よりも脊髄硬膜外併用鎮痛が提供される場合の方が、母体と胎児の有害副作用のリスクが増加することを報告している。脊髄硬膜外併用鎮痛において局所麻酔とともに使用されるクモ膜下オピオイドが原因の可能性がある。これは、局所麻酔薬へのオピオイドの添加が、くも膜下腔内のみによるのか、くも膜下腔と硬膜外腔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での帝王切開の導入時オピオイド:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

・新生児に及ぼす導入時オピオイドの副作用は十分には特徴すけられていない。本研究の目的は、帝王切開において新生児に悪影響を与えることなく導入時オピオイドを使用できるかどうかを調査することであった。 ・創始から 2019 年 1 月まで 6 つのデータベースを体系的に検索した。含まれた研究では、帝王切開で導入時オピオイドとプラセボを比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低用量 vs 高用量の術中オピオイド:メタ分析と試験逐次分析を伴う系統的レビュー

・オピオイド誘発性痛覚過敏はオピオイド投与に続発する侵害受容感作の状態である。このメタ分析の目的は、全身麻酔下の患者の低用量レジメンと比較した場合、高用量の術中オピオイドが術後疼痛と痛覚過敏の増加の一因となるという仮説を検証することであった。 ・系統的レビューとメタ分析声明のガイドラインの優先報告項目(PRISMA)に従って、GR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下の帝王切開術のための導入オピオイド:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・新生児に及ぼす導入オピオイドの有害作用は、十分に特徴付けられていない。研究目的は、新生児に悪影響を及ぼすことなく導入オピオイドを帝王切開で使用できるかどうかを調査することであった。 ・6 つのデータベースを創始から 2019 年 1 月まで系統的に検索した。帝王切開で導入オピオイドとプラセボを比較した研究が含まれた。結果は、2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人心臓手術における高用量 vs 低用量オピオイド麻酔:メタ分析

・著者らは、心臓手術での高用量オピオイド麻酔と低用量オピオイド麻酔の系統的比較を行った。無作為化比較試験(RCT)の系統的レビューとメタ分析。 ・対象は、全身麻酔を使用して心臓手術を受けた 1400 人の成人患者であった。2018 年 5 月までに公開された全身麻酔を用いた成人心臓手術中の様々な用量の静脈内オピオイド(モルヒネ、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中オピオイド vs オピオイドなし麻酔の鎮痛効果:系統的レビューとメタ分析

・オピオイドは、周術期に、術後鎮痛、そして手術刺激に対する交感神経反応を制御するために術中に投与され、しばしば推定される疼痛の代理変数ともなる。しかしながら、術中のオピオイド使用は現代の診療において論争のある問題であり、術後悪心嘔吐などの副作用の危険性をはらんでいる。このメタ分析は、オピオイドを含む麻酔が、オピオイドを含まない麻酔と比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:揮発麻酔薬とオピオイドの相互作用とは?

A:揮発麻酔薬にオピオイドを併用すると、MAC や MAC-BAR、MAC-awake が減少する。ここで、 MAC=minimum alveolar concentration、最小肺胞濃度:皮膚切開に対して 50% のヒトが体動を示さない肺胞濃度 MAC-BAR=minimum alveolar concentration bl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIS を 50 未満に維持するためのセボフルラン呼気終末濃度に及ぼす慢性オピオイド使用の影響

・オピオイド鎮痛剤は、急性期反応中に吸入剤の最小肺胞濃度を低下させる。しかしながら、吸入剤の最小肺胞濃度に及ぼす慢性的オピオイド使用の影響は不明のままである。本研究は、オピオイド非使用患者を比較して、慢性オピオイド使用患者で、バイスペクトル指数(BIS)<50 を維持するために必要なセボフルラン濃度(SEVOBIS50)を調査することを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術における術後悪心嘔吐、麻酔回復室退室時間、鎮痛に及ぼすエスモロールとオピオイドとの効果

・オピオイド代替薬としての周術期エスモロールは、オピオイド節約を介して術後悪心嘔吐を軽減することが示されている。このメタ分析の目的は、非心臓手術での術後悪心嘔吐(PONV)、回復室在室時間、鎮痛についてエスモロールとオピオイドを比較することであった。 ・非心臓手術で全身麻酔時の術後早期回復と疼痛強度に関して、エスモロールとオピオイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経発達障害小児の方がオピオイド誘発呼吸抑制のリスクが高い:患者 12904 人の後ろ向きコホート研

・神経発達障害のある小児は、オピオイド誘発呼吸抑制のリスクがある可能性がある。著者らは、神経発達障害児の術後疼痛に対する看護師管理のモルヒネ鎮痛(モルヒネ-NCA)のリスクと有効性を定量化することを目指した。 ・著者らは術後に静脈内モルヒネ鎮痛.を受けた 12904 人の小児の後ろ向きコホート研究を行った。被験者は、神経発達障害群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来歯科手術を受ける発達遅延のある小児とない小児における周術期オピオイド投与

<ハイライト> ・発達遅滞(DD)有り/無しの小児の周術期経過の分析 ・DD を有する小児は、術後の興奮や悪心嘔吐を増加させなかった。 ・DD の小児は全体では、術中と術後のオピオイド投与が少なくなる。 ・著者らの経験では、DD 小児のオピオイド投与に一定のパターンは確認されない。 ・DD のない小児では周術期オピオイド投与に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more