テーマ:フェニレフリン

帝王切開に際しての脊椎麻酔時の低血圧治療のためのノルエピネフリンとフェニレフリンのボーラスの比較: 無作為化対照試験

・帝王切開に際しての脊椎麻酔後の低血圧は、十分な輸液負荷にもかかわらずよく見られる。フェニレフリンは、帝王切開時の脊髄低血圧の治療に推奨されるている薬剤である。最近、フェニレフリンボーラスの代わりに、ノルエピネフリンボーラスが提案されている。本研究の目的は、帝王切開時の脊髄低血圧を治療するために、ノルエピネフリンのボーラス投与とフェニレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経集中治療室の末梢静脈内カテーテルによるフェニレフリン投与の安全性と妥当性

・血圧の最適化と脳脊髄灌流圧の維持は、神経疾患患者の治療の主力である。伝統的に、血管収縮剤の投与には、固有の合併症のリスクを伴う中心静脈路確保が必要とされてきた。著者らは、以前に神経集中治療室でのフェニレフリンの末梢投与の安全性に関する予備研究データを報告している。この経過追跡では、より堅牢なコホートでの低濃度フェニレフリンの末梢投与の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

待機的帝王切開分娩中の脊椎麻酔後低血圧予防のためのノルエピネフリンとフェニレフリンの注入

・脊椎麻酔下の帝王切開分娩時には予防的な昇圧剤は基本的である。本研究の目的は、帝王切開時の注入速度を変えて使用した場合のフェニレフリンとノルエピネフリンの有効性と安全性を比較することである。 ・脊椎麻酔下に待機的帝王切開分娩を予定された妊婦を対象として、無作為化二重盲式対照試験を実施した。参加者は、ノルエピネフリン群(n=60)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開で脊椎麻酔誘発性低血圧の予防と治療のためのフェニレフリンとノルエピネフリンの間欠的静脈内投与

・フェニレフリン(PE)は現在、帝王切開(CD)で脊椎麻酔誘発性低血圧を予防と治療のために選択されている昇圧薬である。しかし、その使用はしばしば反射性徐脈と関連付けられている。ノルエピネフリン(NE)は、心拍数(HR)を維持しながら低血圧を治療するその能力のために CD 中の代替昇圧剤として提案されている。最近の研究は、PE と比較して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の待機的帝王切開分娩時の母体低血圧管理におけるノルエピネフリンの有効性と安全性

・帝王切開分娩のための脊椎麻酔中に母体低血圧はよく起こり、全身血管抵抗の減少が重要な一因として認識されている。したがって、動脈血管を収縮させる血管収縮薬を用いてこの効果を打ち消すことが適切であり、純粋なα-アドレナリン受容体作動薬であるフェニレフリンが治療のための現在のゴールドスタンダードである。しかし、フェニレフリンは用量依存性の反射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開分娩中の母体低血圧に対するノルエピネフリン vs フェニレフリンの有効性と安全性

・フェニレフリンは脊椎麻酔下帝王切開分娩を受ける女性の母体低血圧の治療に使用される現在の「ゴールドスタンダード」の昇圧薬である。2015 年以来、様々な研究が母体低血圧を管理するためのノルエピネフリンの使用を検討してきた。著者らは、母体低血圧の予防と治療のためのノルエピネフリンとフェニレフリンの有効性と安全性を比較するための無作為化比較…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開時の脊椎麻酔後低血圧の治療に用いたフェニレフリンとノルエピネフリンのボーラス投与力価

<ハイライト> ・フェニレフリンの ED95 は 43.1μg(95%CI:39.5~65.0μg)であった ・ノルエピネフリンの ED95 は 3.7μg(95%CI:3.5~4.7μg)であった ・昇圧剤の力価比は 11.3(95%CI:8.1~16.9)であった ・フェニレフリン 100μg は、ノルエピネフリン 8.8μ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

フェニレフリンの予防的注入は、帝王切開の脊椎麻酔時の局所脳血流量と酸素化減少を軽減するのに有効

・帝王切開脊椎麻酔によって誘発された低血圧は、母体の脳血流量と酸素化を減少させる。著者らは、近赤外分光法を用いて、フェニレフリンの予防的注入がこれらの減少を軽減させるかどうかを決定した。 ・帝王切開に際してブピバカイン脊椎麻酔を受けた 60 人の患者を、生食(P0)、フェニレフリン 25(P25)または 50μg/分(P50)を静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開分娩におけるフェニレフリン vs エフェドリン:系統的文献レビューとメタ分析

・過去 20 年間に、待機的または緊急の帝王切開分娩と子癇前症患者における低血圧を予防または治療するために、フェニレフリンとエフェドリンを比較した多くの研究があった。上記の試験のメタ分析が必要である。 ・帝王切開でのフェニレフリンとエフェドリンの比較試験のために、いくつかのデータベース(PubMed、Embase、Web of S…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェニレフリンの予防投与は、帝王切開におけるクモ膜下高比重ブピバカインの有効投与量を増加させる

・脊椎麻酔誘発性低血圧症を予防するためのフェニレフリン注入は、クモ膜下ブピバカインの頭側への広がりを弱めることがある。したがって、帝王切開の脊椎麻酔誘発性低血圧症を予防するためにフェニレフリン注入を使用すると、ブピバカインのクモ膜下投与量が異なる可能性があると考えられた。著者らは、脊椎麻酔誘発性低血圧を予防するための予防的フェニレフリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開のクモ膜下レボブピバカインの投与量に及ぼす静脈内フェニレフリン注入の効果:偽薬対照予備試験

・フェニレフリン注入は、エフェドリン注入と比較した場合、単味の高比重局所麻酔薬(LA)の頭側への広がりを減少させることが示されている。しかしながら、それは帝王切開に際しての高比重 LA の必要用量が多くなるということにはなっていない。フェニレフリン注入が単味のクモ膜下 LA の ED50 に及ぼす効果を評価した試験はない。 ・待機…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受ける子癇前症女性で低血圧治療のためのフェニレフリン vs エフェドリンのボーラス投与

・帝王切開術時の脊椎麻酔後低血圧の治療は、胎盤循環の障害および胎盤低灌流のリスクの増加のために、子癇前症患者に特に懸念を抱かせる。フェニレフリンとエフェドリンは、最も一般的に使用される昇圧剤であるが、最良の選択肢はまだ明らかではない。 ・著者らは、脊椎麻酔で帝王切開を受け、ベースラインより収縮期動脈圧が20%以上低下するか、または…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受けた子癇前症女性における低血圧治療のためのフェニレフリンとエフェドリンの無作為比較

・帝王切開時の脊椎麻酔後低血圧の治療は、胎児胎盤循環障害と胎盤低潅流のリスク増加のために、子癇前症患者において特別な問題が想定される。フェニレフリンとエフェドリンは、最も一般的に使用される昇圧剤であるが、最良の選択肢はまだ明らかではない。 ・著者らは、脊椎麻酔で帝王切開を受ける単胎妊娠で、収縮期血圧がベースラインから 20% 以上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満女性の帝王切開分娩時の嘔気嘔吐に対するフェニレフリン注入とボーラス投与の無作為化試験

・帝王切開脊椎麻酔後の低血圧はよく見られる。それは嘔気嘔吐、胎児アシドーシスと関連している。フェニレフリンに関するこれまでの研究では、肥満患者は除外されていた。著者らは、脊椎麻酔誘発性低血圧の治療のためにボーラス投与を受けた患者と比較して、予防的フェニレフリン注入を受けた肥満患者の術中悪心嘔吐(IONV)の発生率を比較した。 ・本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開脊椎麻酔下での低血圧治療のためのノルエピネフリンとフェニレフリンの無作為割り当て漸増用量反応

・ノルエピネフリンは、帝王切開分娩に際しての脊椎麻酔中、血圧を維持するためのフェニレフリンの代替薬としての可能性がが研究されており、妊婦の心拍数と心拍出量の低下が少ないという利点を有している。しかしながら、これらの 2 種類の昇圧剤の相対的力価は、この状況においては完全には決定されていない。 ・無作為割付け用量反応試験で、待機的帝…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

重症子癇前症患者における帝王切開脊椎麻酔中のコロイド予防負荷と昇圧療法に対する母体心拍出量の反応

・著者らは、重度の早期発症の子癇前症のある 42 人の女性 の帝王切開中に、脊椎麻酔誘発性低血圧に対して投与されたコロイド前負荷、およびフェニレフリンとエフェドリンの循環動態効果を調べた。 ・脊椎麻酔性低血圧を有する 20 人の患者を無作為に割り当てて、50μg フェニレフリンか、または 7.5mg エフェドリンのいずれかの初回投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症子癇前症と胎児障害を有する患者での脊椎麻酔低血圧管理のためのフェニレフリンとエフェドリンの比較

<ハイライト> ・重症子癇前症と胎児障害のための帝王切開分娩での無作為化試験。 ・脊椎麻酔誘発性低血圧に際してエフェドリンとフェニレフリンとを比較した。 ・臍帯動脈血の塩基欠乏、pH、HCO3-、PCO2、乳酸塩、Apgar スコアは同様である。 ・胎児の酸塩基平衡状態は、使用昇圧剤とは無関係であった。 ・昇圧薬の選択は、個々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下での待機的帝王切開に際しての左側手術台傾斜は、新生児の酸塩基状態に影響を及ぼさない

・帝王切開分娩を受ける女性に対する現在の推奨事項には、大動脈下大静脈圧迫を防ぐために子宮変位のために 15°の左傾斜が含まれるが、この程度の傾斜は実際には達成されない。著者らは、ベースラインの収縮期血圧を維持することを目的とした晶質液の同時負荷とフェニレフリン注入を含む現代的な臨床診療の下では、脊椎麻酔による待機的帝王切開分娩を受ける女…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔性低血圧の治療時、ノルエピネフリンはフェニレフリンより動脈コンプライアンスを低下させない

・全身麻酔中、低血圧は頻繁に見られ、周術期合併症に重要な役割を果たしている可能性がある。著者らは、維持麻酔中の低血圧を治療するために投与した 50μg ボーラスのフェニレフリン(PE)と比較して、ノルエピネフリン(NA) 5μg のボーラス投与が、MAP、導出心拍出量、動脈硬度パラメータに効果について評価した。 ・全身麻酔下で脳神…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開術時の脊髄および脊髄硬膜外麻酔中の低血圧予防のためのフェニレフリンとメタラミノール

・帝王切開脊椎麻酔中の母体低血圧を軽減するために、予防的昇圧薬投与が一般的に推奨されている。メタラミノールは、この目的のために、特にフェニレフリンと比較して産科麻酔においての調査は限られている。この多施設無作為化二重盲式非劣性試験では、帝王切開術を受けた 185 人の女性で、脊椎麻酔直後に開始された予防的フェニレフリンまたはメタラミノー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開の脊椎麻酔時のフェニレフリンとエフェドリン注入による心拍出量変化:無作為化二重盲式試験

<ハイライト> ・フェニレフリンとエフェドリンは、分娩室で頻繁に使用される昇圧剤である。 ・昇圧剤注入による心拍出量(CO)変化を評価することを目的とした。 ・両群ともに収縮期血圧コントロールが良好であった。 ・エフェドリンはフェニレフリンと比較して心拍出量を増加させた。 ・エフェドリンの投与は、有意に多くの胎児アシドーシスと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more