テーマ:AuraGain

Ambu AuraGain 声門上気道を用いた口腔咽頭シーリング圧に及ぼす頸椎固定の効果:無作為化クロスオーバー試験

・Ambu AuraGain ラリンジアルエアウェイ(AuraGain)は、2014 年に導入された新しい声門上気道器具の 1 つである。硬性頸椎カラーによる頸椎安定化により、声門上気道と気管挿管の挿入が困難になる。本研究は、AuraGain で確保された気道で、頸椎カラーの存在が口腔咽頭シーリング圧(OSP)と声門のファイバー視野(B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼小児患者における Ambu AuraGain と i-gel を比較した無作為化比較試験

・声門上気道器具は、いくつかの利点があるためますます使用されている。これまでの研究では、小型の i-gel が幼小児患者に効果的な換気を提供することが示された。ただし、これらの患者での AuraGain の使用を報告した研究はほとんどない。ここで、著者らは全身麻酔下で四肢手術を受ける予定の月齢 6 ヶ月から年齢 6 歳までの体重 5〜2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盲目的挿管用の導管としての新しい第 2 世代声門上気道器具(Ambu AuraGain)vs 挿管用ラリンジアルマ…

・Ambu AuraGain は、挿管を容易にするようにデザインされた、胃チャネルを備えた新しい使い捨て声門上気道器具である。本研究の目的は、Ambu AuraGain を使用して適切な留置と挿管の成功率を、挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)と比較することである。 ・本前向き無作為化比較研究に 120 人の患者(年齢 18〜 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ambu AuraGain ラリンジアルマスクによる盲目的挿管の成功率に及ぼす頸部伸展の効果

・声門上気道器具を介した気管挿管には、ファイバーガイドの使用をお勧めするが、盲目的に行うこともできる。声帯のファイバー視野は中立位よりも頚部伸展位の方が優れていたという以前の知見に基づいて、頚部伸展は中立位よりも Ambu AuraGain ラリンジアルマスクを介した盲目的挿管を容易にする可能性があると仮定した。 ・全身麻酔を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道を通した高度肥満患者のファイバー挿管:Ambu AuraGain vs i-gel

・高度肥満患者の気道管理は、麻酔科医にとって依然として課題であり、生命にかかわる状況につながる可能性がある。i-gel(R) または AuraGain(R) などの声門上気道器具は、患者を換気するか、またはそれらを気道挿管のための導管として使用する可能性をもって開発された。 ・今回の無作為化前向き試験で著者らは、高度肥満患者で、i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ambu AuraGain vs LMA Supreme Second Seal

・新しい第2世代の声門上部気道器具は、材料とデザインの変更のために生体内で異なって機能する可能性がある。著者らは、本無作為化比較試験で 100 人の自発呼吸下麻酔患者で、AmbuRAuraGain と LMA SupremeSecond Seal の性能特性を比較した。 ・著者らは、口腔咽頭リーク圧(OLP)(主要評価項目)と、副…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more