テーマ:敗血症

敗血症患者の抗血小板療法が死亡率に及ぼす影響:メタ分析

<ハイライト> ・抗血小板薬は、敗血症患者の死亡率を減少させることができる。 ・アスピリンは、敗血症患者の死亡率を効果的に低下させることができる。 ・抗血小板薬は、投与時期に関係なく死亡率を低下させる。 <要旨> ・異常な血小板活性化は、敗血症の発症において重要な役割を果たす。敗血症患者の転帰に及ぼす抗血小板薬の効果は依然とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症敗血症患者における 28日死亡率予測の乳酸/アルブミン比の予後値

・本研究の目的は、重症セプシス患者の 28 日死亡率の予測因子としての乳酸/アルブミン(L/A)比の臨床的有用性を評価することであった。 ・これは、韓国ショック学会に参加している教育病院の救急部(ED) 10 施設で前向きに収集された多施設登録簿からの後ろ向き観察研究である。年齢 19 歳以上の患者で、感染が疑われているか確認され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代謝性アシドーシスを伴う敗血症患者における重炭酸ナトリウム注入の死亡率への効果

・重炭酸ナトリウム(SB)溶液が臨床で広く使用されているが、アシドーシスを伴う多数の患者に投与した場合の死亡率への影響は知られていない。本研究は、代謝性アシドーシスを伴う敗血症患者における SB 注入の有効性を調査することを目的としていた。 ・代謝性アシドーシスを伴う敗血症患者を、集中治療のための医療情報マート(MIMIC)-II…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオマーカーの組合せは、敗血症が疑われる重症患者で急性期死亡率を予測する

・敗血症は早期院内死亡と総院内死亡率に関連する。死亡率の予測妥当性を改善しようとする敗血症の診断基準の最近の改訂にもかかわらず、死亡リスクが最も高い患者を特定することは依然として困難である。臨床的に細菌性敗血症が疑われる被験者で死亡率を予測するために、9 種類のバイオマーカーの有用性を比較した。 ・学術医療センターの内科/外科 I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節部骨折患者の術前敗血症と 30 日死亡率との関連 - コホート研究

・術後敗血症は死亡率を著しく増加させるが、股関節部骨折患者の術前敗血症の程度とその転帰はまったく解明されていない。本研究の目的は、術前敗血症と股関節骨折手術後の 30 日死亡との関連性を評価することであった。 ・著者らは、2014 年にデンマークの首都圏で股関節部骨折手術を受けた 1894 人の患者から収集されたデータの後ろ向き分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部で敗血症と診断された患者の動脈血二酸化炭素分圧と生存退院との関連

・本研究の目的は、救急部で敗血症と診断された人工呼吸患者で、動脈血二酸化炭素分圧と生存退院との関連性を検討することであった。 ・大学医療施設での単施設試験登録の後ろ向きコホート研究で、対象は、年齢 18 歳以上、救急部で敗血症と診断され、救急部で人工呼吸が開始された人工呼吸された救急部患者である。人工呼吸の開始後に得られた動脈血ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症敗血症におけるサイトカイン値に及ぼすヒドロキシエチルデンプン130/0.42 vs 酢酸リンゲル

・重症敗血症/敗血症ショックに対するスカンジナビアデンプン試験(6S)は、ヒドロキシエチルデンプン(HES)130/0.42 vs 酢酸リンゲル液で 90 日死亡率が増加した。根本的な病態生理を調査するために、著者らは、HES vs 酢酸リンゲル液で体液回復した患者で血漿サイトカイン濃度の早期変化を比較した。 ・6S 試験の 22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院間転送を受けた重症敗血症患者の症例数と転帰の関連性

・「症例数と転帰の関連性」は、重症敗血症の診療を地域化するための議論を強化するが、これは、病院間の患者転送を必要とする可能性のあるアプローチである。移送された患者は、地域化に関連するケアプロセスを最も反映しているかもしれないが、移送された病院での敗血症の「症例数と転帰の関連性」は不明である。著者らは、他病院から転送となった重症敗血症患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗血症におけるβ遮断薬使用の系統的レビュー

Systematic review of use of β-blockers in sepsis J Anaesthesiol Clin Pharmacol 2015;31:460-5 ・著者らは、β遮断薬の使用が、重症セプシスおよび敗血症性ショックの患者の転帰に及ぼすエビデンスを要約するために、最近の文献のレビューと系統的分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more