テーマ:輸液反応性

循環ショックの人工呼吸患者で輸液反応性予測における下大静脈径変動指数の価値:系統的レビューとメタ分析

・下大静脈径の呼吸性変動(ΔIVCD)は、輸液反応性を予測する上での価値に関して広範に研究されてきたが、結果は相反している。このメタ分析の目的は、循環ショックのある人工呼吸患者で輸液反応性を予測するための ΔIVCD の価値を探究することであった。 ・PubMed、Embase、Cochrane Central Register …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工呼吸患者の下大静脈径の呼吸性変動は輸液反応性を予測するか?系統的レビューとメタ分析

・人工呼吸中の患者の輸液反応性を予測するために、下大静脈径の呼吸性変動(ΔIVC)の診断精度を調査している研究について系統的レビューとメタ分析を行った。 ・MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library、Web of Science を創始から 2017 年 2 月までスクリーニングした。メタ分析は、プール感度、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下大静脈径の呼吸性変動は輸液反応性を予測するか:系統的レビューとメタ分析

・輸液による体液回復の目的は、一回拍出量を増加させることであるが、この効果はわずか 50% の患者でだけ観察される。輸液反応性の予測により、輸液による体液回復を最も利益が得られる患者に施行できる可能性がある。本研究の目的は、急性循環不全患者で輸液反応性の予測因子としての下大静脈径(IVC)の呼吸性変動の試験特性を系統的に検討することであ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小児腹腔鏡手術中の脱気誘発性低血圧を予測するための輸液反応性の動的変数の評価

・小児患者の腹腔鏡手術中に、循環血液量低下や腹腔内圧の解除による消化管の静脈容量の急速増加によって、腹腔内脱気後に突然の低血圧が起こることがある。本研究では、気胸中の輸液反応性の動的変数が、脱気後低血圧の発生を予測できるかどうかを調べた。 ・合計1 20 人の小児被験者を前向きに登録した。予測因子は、最初の 83 人の被験者から得…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

一回換気量増加後の脈圧変動/1 回拍出量変動の変化は、低一回換気量人工呼吸中の輸液反応を予測する

・一回拍出量変動と脈圧変動は、低一回換気量人工呼吸中の輸液応答性を確実には予測しない。著者らは、一回換気量を 6 から 8mL/kg 推定体重へと一時的に増加させる(これを「一回換気量チャレンジ」とする)、脈圧変動と一回拍出量変動の変化が輸液反応性を予測すると仮定した。 ・持続心拍出量モニタリング下に、低一回換気量の調節呼吸を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more