テーマ:レボブピバカイン

ロピバカイン vs レボブピバカイン:出産時の脊髄硬膜外麻酔の鎮痛効果、新生児のアプガースコアならびに母体バイタル…

・本研究の目的は、分娩時の脊髄硬膜外併用麻酔におけるロピバカインまたはレボブピバカインの鎮痛効果と安全性、新生児アプガースコア、ならびに母体と新生児のバイタルサインに及ぼす影響を調査、比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 3 月までに分娩を受けた合計 615 人の妊婦は、出産時の脊髄硬膜外麻酔に使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

患者管理硬膜外鎮痛を用いた分娩時疼痛管理のためのブピバカインとレボブピバカインの最適濃度

<ハイライト> ・局所麻酔薬濃度を下げると、鎮痛効果が低下する。 ・分娩時鎮痛に対する満足度は、局所麻酔薬濃度の影響を受けない。 ・局所麻酔薬の濃度は、運動ブロックの発生率に影響する。 <要旨> ・研究目的は、患者管理硬膜外鎮痛を用いて、分娩時鎮痛の 2 種類の局所麻酔薬の異なる低濃度の有効性および安全性を評価することであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻中隔形成術後の急性術後疼痛緩和に及ぼす切開前のレボブピバカインとロピバカイン局所浸潤の比較

・患者診療の標準を高く維持するためには、鼻手術を受ける患者に適切な疼痛管理を提供することが不可欠である。 レボブピバカインとロピバカインは比較的長期間作用性の局所麻酔薬である。本試験の目的は、鼻中隔形成術を受ける患者で、レボブピバカイン HCl 0.25% とロピバカイン HCl 0.375% の切開前投与の鎮痛効果と出血量を比較する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術のための低比重 vs 等比重脊椎レボブピバカイン

・股関節形成術(THA)を行うには、側臥位の脊椎麻酔(SA)がしばしば用いられる。低比重局所麻酔薬は、関与する側で増強された長時間の知覚と運動遮断を保証する。本研究の目的は、THA に際し低比重レボブピバカイン溶液を等比重液による術中麻酔有効性を比較することであった。 ・待機的 THA の予定の 40 人の患者を、等比重レボブピバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬剤添付文書に見る怖い麻酔(2)

前回は、「アナペイン」の添付文書を紹介したが、丸石製薬も負けてはいません。 アナペインの対抗馬として登場した「ポプスカイン」の添付文書にも殺人的麻酔の方法が記載されている。同じ濃度の0.75%ロピバカインとの比較試験の結果である。 しかし、ロピバカインとの力価の比較においては、動物実験の結果であるが、以下のように記載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more