テーマ:傍脊椎ブロック

経皮的腎結石摘出術における術後疼痛管理のための超音波ガイド傍脊椎ブロックとトラマドール静脈内投与の比

・経皮的腎結石摘除術(PCNL)は、腎結石に対する低侵襲外科手術であり、腎瘻チューブは、PCNL 後の術後疼痛をもたらす。術後疼痛治療のために、区域麻酔(硬膜外鎮痛と末梢神経ブロック)とオピオイドが適用される。本研究の目的は、PCNL を受けた患者の術後疼痛に及ぼす超音波ガイド下傍脊柱ブロック(PVB)とトラマドールの有効性を比較するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸部傍脊椎ブロック患者における鎮痛侵害受容指数(ANI)モニタリング: 無作為化対照研究

・本研究の目的は、全身麻酔下で乳房手術を受ける胸部傍脊椎ブロック(TPVB)患者の術中鎮痛侵害受容指数(ANI)モニタリングの有効性を評価することであった。 ・本前向き無作為試験は、全身麻酔下で乳房手術を受ける予定の 44 人の患者で倫理委員会承認を受けて実施された。T4 レベルで 0.25% ブピバカイン 20mL を使用して術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下傍脊椎ブロックの単回注入 vs 複数回注入法:皮膚分節の拡がりを比較した無作為化比較研

・本研究の目的は、超音波ガイド胸部傍脊柱ブロック(PVB)に際して、同量の局所麻酔薬を 1 椎骨 vs 5 椎骨レベルで注入した場合、ブロック後の皮膚分節の広がりの程度を調査することであった。 ・片側乳房切除を受ける 70 人の患者を、傍矢状法を用いたリアルタイム超音波ガイド下 PVB の単回または複数回の注入のいずれかを受けるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術直後の持続傍脊椎ブロック有りと無しの場合の乳房切除後癌再発:無作為化三重盲式偽薬対照研究の前向き複

・後ろ向き研究では、乳癌に対する乳房切除術の際の周術期区域麻酔/鎮痛と癌再発率の低下が関連付けられている。しかし、今日まで、無作為化比較試験から得られた前向きデータでは報告されていない。以前の研究で、著者らは、単回注入の傍脊椎ブロックを複数日神経周囲局所麻酔薬注入を用いて拡張すると鎮痛が改善することを見出した。本経過追跡研究は、単回注射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開胸術後疼痛緩和のためにロピバカインを使用した胸郭硬膜外ブロックと術野を介した傍脊椎ブロックを比較

・著者らは、開胸後の疼痛緩和のために、術野経由の傍脊椎麻酔(PVB-sf)と、ロピバカインを使用した硬膜外ブロック(Epi)との間で、鎮痛有効性を評価するための比較試験を実施した。胸腔鏡下に胸部外科医が手術野から傍脊椎腔交感神経幹腹側にカテーテルを挿入した。 ・開胸による肺葉切除術を予定された肺癌患者を、PVB-sf か、またはE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開胸肺手術を受ける患者での持続胸部硬膜外と傍脊椎ブロックが術中術後鎮痛と循環動態安定性に与える影響

・開胸術を受ける患者で、硬膜外鎮痛を行なうと、術中低血圧をきたしうる。本無作為前向き研究では、硬膜外鎮痛と傍脊椎鎮痛が開胸術中の血行動態に及ぼす効果を評価した。 ・患者 32 人は無作為に硬膜外鎮痛(n=16、0.25% レボブピバカイン+30μg/kg モルヒネ)、あるいは傍脊椎ブロック(n=16、0.5% レボブピバカイン+3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more