テーマ:脳波指数

麻酔中の鎮痛と催眠を評価する 3 種類の脳波指数に及ぼす人工心肺下低体温の影響:意識指数、侵害受容指数、バイスペク…

・麻酔深度は、臨床診療では患者の臨床徴候によって一般に評価される。ただし、人工心肺と低体温中には、頻脈、高血圧、発汗、運動といった一般的な侵害受容徴候は、特に侵害刺激を検出する上で、患者の侵害受容と催眠を説明するには感度と特異度が低くなる。人工心肺下低体温中の鎮痛深度のより良いモニタリングは、鎮痛剤、特にオピオイドの過少投与や過量投与を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more