テーマ:フレキシブルラリンジアルマスク

ラリンジアルマスクは、気管チューブと比較して、甲状腺手術後の術後咽頭痛の発生率を低下させる:単盲式無作為化対照試験

・喉頭痛は、気管チューブ(ETT)を使用した甲状腺手術後の著しい合併症である。多くの研究により、ラリンジアルマスク(LMA)が術後咽頭痛の発生率と重症度を低下させる可能性があることが明らかになった。ただし、甲状腺手術におけるフレキシブル強化 LMA(FLMA)の使用についてはほとんど知られていない。本研究の目的は、ETT と比較して F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more