テーマ:ミダゾラム

子宮摘出後の術後鎮痛に対する腹横筋膜面ブロックに及ぼすブピバカインへのミダゾラム追加の有効性:無作為化対照試験

・さまざまな区域ブロック法の質を高め、局所麻酔薬の持続時間を延長するために、さまざまな補助剤が利用されてきた。本研究の目的は、腹横筋膜面(TAP)ブロックにおいて、ブピバカインに併用したミダゾラムが、24 時間モルヒネ消費量、術後鎮痛持続時間、有害作用に及ぼす効果を評価することであった。 ・大学病院で実施された前向き無作為化対照二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後せん妄の予防に対する周術期麻酔薬の全身麻酔への影響: ネットワークメタ分析

・術後せん妄(POD)は手術患者によく見られる神経系障害である。麻酔処置者は、臨床診療において様々なメカニズムを含む鎮静剤を幅広く選択しており、POD の発生率はどの鎮静剤を投与したかによって異なる。このネットワークメタ分析は、患者に対する各選択肢の安全性と有効性を包括的に分析することを目的としている。 ・ヴァンダービルト大学医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の意識喪失に際してのプロポフォールの ED95 に及ぼすレミフェンタニルとミダゾラムの効果

・高齢者は初期分布容量の減少とプロポフォールに対する感受性の増加のためにプロポフォールによって引き起こされる血行動態的不安定性に対してより脆弱である。ミダゾラムやレミフェンタニルは、それらのプロポフォールとの相乗効果または相加効果、健忘性および交感神経刺激の遮断のためにしばしば同時投与されうる。しかしながら、オピオイドやベンゾジアゼピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開時の悪心嘔吐予防のためのクモ膜下フェンタニルとミダゾラムの比較

・嘔気嘔吐は、脊椎麻酔下の帝王切開術における「大きな問題」として残っている。脊椎麻酔における術中と術直後の悪心嘔吐の発生率は高い。それは身体的にも精神的にも患者を苦しめ、外科医や麻酔科医を悩ませている。本研究の目的は、脊椎麻酔下に帝王切開を受ける妊婦で悪心嘔吐の予防に及ぼすクモ膜下フェンタニルとミダゾラムの臨床的有効性を比較することであ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

脊椎麻酔下の下肢手術患者の術後疼痛に及ぼすクモ膜下ミダゾラム 2mg vs フェンタニル 20μg

・脊柱管ブロックの質を改善したり、脊椎麻酔中の鎮痛持続時間を延長するために、クモ膜下補助薬が局所麻酔薬に添加される。クモ膜下に使用すると、フェンタニルはブピバカイン単味と比較して脊髄遮断の質を改善し、短期間の術後鎮痛をもたらす。補助薬としてのクモ膜下ミダゾラムが使用されてきており、脊椎麻酔の質を改善し術後鎮痛持続時間を延長することが示さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

股関節修復手術を受ける高齢患者で、クモ膜下ミダゾラムがクモ膜下デキスメデトミジンの鎮痛効果を増強

・本研究は股関節修復手術を受ける高齢患者で、低用量ブピバカインに併用したデキスメデトミジンに及ぼすクモ膜下ミダゾラムの効果を評価するために計画された。 ・これは、クモ膜下麻酔下に待機的股関節修復手術を予定された年齢 60 歳以上の ASA-PS II/III の 75 人の患者を含む二重盲式試験である。無作為に 3 群に分けた:対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術のためのロピバカインへの補助薬としてのクモ膜下ミダゾラムとフェンタニルの比較研究

・今回の前向き無作為化二重盲式試験では、クモ膜下ミダゾラム vs フェンタニルを高比重ロピバカインに加えた場合、高比重ロピバカインによって生じる脊髄遮断の持続時間と質に及ぼすそれぞれの効果を評価しつつ、臨床的有効性を比較するために計画された。 ・本研究は、待機的下肢手術を受ける ASA-PS I/II、年齢 20~60 歳の両性の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開術を受ける妊娠高血圧患者における補助薬としてのくも膜下ミダゾラム:臨床比較研究

・新しく母親となって新生児の世話をして絆が作られるように、痛みのない術後期は帝王切開術後に不可欠である。クモ膜下補助薬は、有意な鎮痛を提供するために脊椎麻酔中にしばしば投与されるが、それらはまた厄介な副作用をきたす可能性もある。クモ膜下ミダゾラムは、重大な副作用なしに効果的な術後鎮痛をもたらす。この前向き無作為化二重盲式試験は、待機的帝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術を受ける患者でクモ膜下フェンタニルの鎮痛作用増強におけるクモ膜下ミダゾラムの有効性

・くも膜下への薬の併用投与はくも膜下ブロックの特性に相乗効果がある。本研究は、フェンタニルの長時間の知覚運動遮断と共に鎮痛持続時間を増強する上でのクモ膜下ミダゾラムの有効性を研究するために計画された。 ・二重盲式試験デザインで、75 人の成人患者を無作為に 3 群に分けた:B 群では 0.5% 高比重ブピバカイン 3 ml、 BF…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

高齢患者の術後認知機能障害に及ぼすプロポフォール、デキスメデトミジン、ミダゾラムの効果

・術後認知機能障害(POCD)は、特に高齢患者において、術後の深刻なの合併症である。麻酔法は POCD の潜在的に修正可能な危険因子である。本研究では、脊椎麻酔下で股関節または膝関節置換術を受けた高齢患者の POCD に及ぼすデキスメデトミジン、プロポフォール、ミダゾラム鎮静の効果を評価した。 ・本研究は前向き無作為化対照予備試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上腕神経叢ブロックの発現および持続時間に及ぼすミダゾラムとデキスメデトミジン鎮静の効果

・術後疼痛管理の改善のためには、鎖骨上腕神経叢ブロック後のブピバカインによる知覚遮断の持続時間を延長することが望ましい。本研究は、ブピバカインを用いた鎖骨上腕神経叢ブロックの発現と持続時間に及ぼす静脈内デキスメデトミジンの効果を評価するために行った。 ・鎖骨上腕神経叢ブロック下に上肢手術を受ける ASA I/II の成人患者 60…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔時の鎮静のためのデキスメデトミジン+ミダゾラム併用 vs デキスメデトミジン単独の臨床評価

・デキスメデトミジンは、脊椎麻酔に有用な鎮静剤である。しかしながら、用量依存的に心拍数を減少させることが報告されている。今回の研究では、著者らは、追加の鎮静法を調査するために、ミダゾラムのボーラス投与とデキスメデトミジンの 10 分間の負荷投与を比較した。 ・ASA--PS I-II に分類され、脊椎麻酔を受ける患者 100 人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開予定の子癇前症患者でロピバカイン硬膜外に併用したクモ膜下硫酸マグネシウム vs ミダゾラム

・硫酸マグネシウムとミダゾラムは、クモ膜下および硬膜外経路を介して局所麻酔薬の補助薬として使用され、ブロックの質を高め、術後鎮痛を延長する。本研究では、待機的帝王切開術を受ける子癇前症患者の脊髄硬膜外法の一部として硬膜外投与の等張ロピバカインに追加したクモ膜下硫酸マグネシウム vs クモ膜下ミダゾラムを比較する。 ・施設倫理委員会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内局所麻酔に際してリドカインに添加したミダゾラムの鎮痛効果

・ミダゾラムは鎮痛特性を有する。本研究の目的は、静脈内局所麻酔(IVRA)においてリドカインに添加した場合のミダゾラムの鎮痛効果を評価することであった。 ・手指手術を受けた 60 人の患者を無作為に 2 群に分け、対照群(リドカイン生食群~LS、n=30)では、総量 40 mL に生食で希釈した 2% リドカイン 3 mg/kg …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上肢 Bier ブロックに際してリドカインに添加した異なる用量のミダゾラムが知覚と運動ブロック特性と

・本研究は、静脈内局所麻酔(IVRA)時に異なる用量のミダゾラムをリドカインンに添加した場合の、麻酔と鎮痛の質に及ぼす効果を評価するために考案された。 ・手指の手技を受けた 140 人の患者を無作為に 4 群に分け、対照群 L-C(n=35)では、3mg/kg の 2% リドカインを生食で総量 40ml に希釈したものを、L-M1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹直筋鞘ブロックにおけるミダゾラムのブピバカインへの添加の効果:無作為化比較試験

・さまざまな補助薬が、様々な神経ブロック時の局所麻酔薬の質を改善し、持続時間を延長させるために試みられてきた。著者らは、臍部または上腹部ヘルニア修復術を受ける患者で、腹直筋鞘(RS)ブロックに及ぼすブピバカインへのミダゾラムの添加の効果を評価することを目的とした。 ・合計 60 人の成人患者を同数 2 群に分け、各群 30 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミダゾラム誘発性末梢神経ブロックと神経毒性のメカニズム

・ベンゾジアゼピンであるミダゾラムは、脊髄投与された局所麻酔薬の作用を促進することが報告されている。興味深いことに、末梢神経軸索に沿ったγ-アミノ酪酸タイプ A(GABAA)レセプターの存在に関する説得力のある証拠がないにもかかわらず、ミダゾラムはまた、末梢神経に単独で作用させた場合、鎮痛効力を有することが示されている。これらの観察は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の脳磁気共鳴イメージングに際しての前投薬としての鼻腔内デキスメデトミジンと鼻腔内ミダゾラム

・磁気共鳴イメージング(MRI)が予定されている小児の処置前準備は難しい。本前向き無作為試験では、鼻腔内ミダゾラムと鼻腔内デキスメデトミジンを、脳 MRI の予定されている小児の前投薬として比較した。 ・待機的脳 MRI が予定された年齢 1-8 歳の合計で 60 人を、鼻腔内デキスメデトミジン(1μg/kg、D 群)か、または鼻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メラトニンとミダゾラムとの前投薬:小児手術患者における不安とコンプライアンスに及ぼす有効性

・術前の不安は小児手術患者にとって大きな問題である。メラトニンは前投薬として使用されており、有効性に関するデータは議論の余地がある。本無作為化臨床試験の主要評価項目は、ミダゾラムと比較して、待機的手術を受ける小児における術前不安の軽減に及ぼす経口メラトニン前投与の有効性を評価することであった。副次評価項目として、静脈内導入麻酔に対するコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児前投薬としての両親による鼻内ミダゾラム噴霧と経口ミダゾラムシロップ投与の容易さを比較

・術前鎮静を提供し、親と離れる不安を軽減するための小児の前投薬としてのミダゾラムの有効性は十分に確立されている。多くの研究で、ミダゾラムの有効性と薬物受容性を経口経路と鼻腔内経路で比較している。本研究では、前投与として両親が小児に投与した経口ミダゾラムシロップと鼻腔内ミダゾラム噴霧の投与の容易さを比較した。 ・90 人の小児は 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前投薬のためのプロポフォール vs ミダゾラム:プラセボ対照無作為化二重盲式試験

・プロポフォールの催眠に至らない投与量は、前投薬に際してミダゾラムよりも利点を提供し得ることが以前に報告されている。この試験は、麻酔導入前の急性不安を軽減するのに、プロポフォール 20mg の静脈内投与の方が、標準的な ミダゾラム 2mg IV 投与よりも有効であるという仮説を検証するために計画された。 ・整形外科手術を受ける予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more