テーマ:再分布性低体温

再分布性低体温を軽減する導入法:前向き無作為化対照単盲式有効性試験

・術中低体温症の軽減に多くの努力が注がれているが、再分布性低体温症の予防に対する注意はあまり向けられていない。本研究では、3 種類の異なる麻酔導入法を、標準的なプロポフォール IV 導入(対照群)と比較して、再分布性低体温の軽減に及ぼす効果を比較した。 ・年齢 18〜55 歳で発熱していない待機患者は、4 群のいずれかに無作為に割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more