テーマ:ULBT

この患者は挿管が困難であるか?:合理的な臨床検査の系統的レビュー

・気管挿管が困難である可能性が高い患者を認識することは、医師に気道トレーニングと高度な気道管理機器を備えた医師の支援の必要性を警告するのに役立つ。本研究の目的は、挿管困難を予測する危険因子と身体所見を特定することである。 ・MEDLINE と EMBASE データベースは、それぞれ 1946 年から 2018 年 6 月と 194…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この患者は挿管が難しいか?合理的な臨床検査の系統的レビュー

<キーポイント> ・質問:気管挿管困難の予測に役立つのはどの危険因子と身体所見か? ・所見:この系統的レビューでは、いくつかの身体所見が挿管困難の可能性を高めた。最良の予測因子は、上唇を下顎切歯で噛むことができないこと、短い舌骨頤間距離、下顎後退症、Wilson スコアに基づく所見の組み合わせであった。 危険因子も身体所見も一貫…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Q:術前評価の「ULBT」とは?

A:ULBT は、Upper Lip Bite Test の略。 下顎切歯で、上口唇をどれくらい噛むことができるかを見る試験(検査)で、顎関節の前方への可動性を評価することができる。その程度により、クラス Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ に分類し、クラス Ⅲ では挿管困難が予測される。 挿管困難、喉頭鏡検査困難の特異度と感度がともに高く、ベッドサイ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

パキスタンの三次医療病院での挿管困難予測における Mallampati 試験と上口唇咬合試験の比較

・研究の目的は、気管挿管困難を予測する上で、上口唇咬合試験(ULBT)とマランパティ試験の精度を調査することであった。 ・パキスタンのカラチにある三次医療施設であるアガカン大学病院で横断研究が行われた。2007 年 6 月 1 日から 2008 年 5 月 31 日までに、気管挿管による全身麻酔を必要とする待機的手術を受ける成人…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more