テーマ:前酸素化

高流量鼻酸素は、全身麻酔を受ける病的肥満患者の安全な無呼吸時間を改善する:無作為化対照試験

・全身麻酔を受ける病的肥満患者は、麻酔導入中に低酸素血症のリスクがある。麻酔導入中の高流量経鼻酸素化の使用は、非肥満症手術患者の安全な無呼吸時間を延長する。著者らの研究の主な目的は、病的肥満の手術患者において、麻酔導入中に高流量経鼻酸素化と従来型フェイスマスク酸素化を行った患者との間で、安全な無呼吸時間を比較することであった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性低酸素性呼吸不全の成人患者における挿管前の前酸素化:無作為化試験のネットワークメタ分析

・急性低酸素性呼吸不全の患者は、気管挿管中に生命を脅かす合併症のリスクがある。前酸素化は、低酸素血症と挿管関連の合併症のリスクを減らすのに役立つ可能性がある。このネットワークメタ分析は、急性低酸素性呼吸不全の成人患者における前酸素化法の有効性と安全性をまとめたものである。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Libra…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の「前酸素化」についての MCQ 問題

【問題】 麻酔導入時の「前酸素化」についての記述で、間違っているのはどれか? a.麻酔マスクをヘッドバンドで隙間なく顔面に押し当てるようなことはしてはいけない。 b.パルスオキシメーターの酸素飽和度が 100% であれば十分な前酸素化が行われたことを意味する。 c.十分な前酸素化を行うことで、リスクのない患者であれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の前酸素化後の低酸素血症の発生率と危険因子

・気道管理に関連した低酸素血症の発生は依然として懸念事項である。著者らの目的は、標準化前酸素化処置後の麻酔導入中に低酸素血症の原因となる要因を調査することであった。 ・研究は多施設共同の前向き観察試験であった。成人患者における麻酔導入時の低酸素血症の発生率を評価した。主要評価項目は、パルスオキシメトリで酸素飽和度(SpO2)<95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:無呼吸許容時間を延長させるには?

A:無呼吸許容時間(突然の無呼吸が発生して換気ができない場合に、重篤な低酸素血症が発生するまでの時間)に最も大きな影響を及ぼす因子は。 ① 機能的残気量(FRC) ② 肺胞酸素濃度 ③ 代謝率 である。 したがって、その対策としては、 【1】 機能的残気量を増大させる (1-1) 体位(ファウラー位、半坐位、坐位、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性低酸素血症性呼吸不全患者の挿管前酸素化に及ぼす非侵襲的換気 vs 無呼吸酸素化を伴う高流量鼻酸素

・非侵襲的換気は、挿管時の重症低酸素血症のリスクを減らすかどうかを判断するために、高流量酸素と比較されたことはない。挿管時の重症低酸素血症のリスクを減らすために、非侵襲的換気による前酸素化が高流量酸素よりも効率的であるかどうかを判断することを目的とした。 ・FLORALI-2 多施設非盲式試験は、フランスの集中治療室 28 施設で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊婦における高流量加湿経鼻前酸素化:前向き観察研究

・産科の気道ガイドラインでは、全身麻酔に備えて 90% 以上の呼気終末酸素濃度(etO2)を達成するための前酸素化を推奨し、高流量加湿経鼻酸素(HFNO)の使用の可能性について言及している。妊娠中の女性を対象とした新しい HFNO テクニック(Optiflow)を調べた。 ・73 人の満期妊婦は 3 分間の HFNO プロトコルを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:正しい前酸素化の方法とは?

酸素飽和度の値が良好であることは、血中のヘモグロビンが十分に酸素化されていることを示すだけであって、今現在十分な換気ができているか、気道が開存しているか、肺内に十分に高濃度の酸素が存在するかについては何も語っていない。 酸素を吸入させて、酸素飽和度が 100% になれば、十分な酸素化が行えたといえるかもしれないが、けっして十分な「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠患者における高流量経鼻酸素 vs 標準流速フェイスマスク前酸素化:無作為化生理学的研究

・高流量経鼻酸素(HFNO)は、非妊娠患者において効果的な前酸素化を提供し、挿管試行中の無呼吸時間を延長することが示されている。鼻プロングによる高流量経鼻酸素(酸素流量 30-70 L/min)を使用した前酸素化を、ぴったりフィットのフェイスマスクによる標準 15 L./min 酸素呼吸と比較することを目的とした。 ・40 人の健…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェイスマスクを介した自発呼吸と高流量経鼻酸素を用いた前酸素化の比較:健常人の前向き無作為化交差試験

・高流量経鼻酸素(HFNO)療法は、挿管前の前酸素化のために提案されているが、得られた呼気終末酸素濃度(ETO2)は不明のままである。研究の目的は、HFNO とフェイスマスクで、3 分間の前酸素化後の ETO2 を比較することであった。 ・主要な大学病院の手術室での前向き無作為化交差試験で、50 人の健康なボランティアを対象として…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

修正迅速挿管時の 2 種類の前酸素化法の効率と有効性

・持続気道陽圧法(CPAP)を適用することによる酸素の無呼吸性物質移動は、気道開存性が保たれているときにのみ可能であり、それは酸素飽和度が低下する速度を低下させるのに役立つ。本研究の目的は、気道の開存性を維持するために、口腔咽頭エアウェイを留置した場合としなかった場合とで、無呼吸中の動脈血酸素分圧(PaO2)の低下を評価することによって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低酸素性呼吸不全患者における挿管前の前酸素化のための高流量経鼻カニューレ vs バッグバルブマスク

・挿管を受ける呼吸不全の重症患者は低酸素血症関連合併症のリスクが高い。高流量経鼻ニューレ(HFNC)を介した酸素投与は、理論上の利点を有し、そしてますます使用されている。本研究は、低酸素血症性呼吸不全患者における挿管時の酸素化を評価するために、前酸素化について HFNC とバッグバルブマスク(BVM)を比較するために行われた。 ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鼻カニューレ追加はバッグバルブマスク前酸素化を損なうか増強するか:酸素流量を比較する無作為化交差試験

・緊急麻酔の重要な安全要素は、迅速挿管の無呼吸相時の低酸素血症の回避である。マスク漏れがある場合は、鼻カニューレ(NC)による酸素補給で、バッグバルブマスク(BVM)、あるいは麻酔回路による前酸素化を改善できる可能性がある。さらに、NC は導入後の無呼吸酸素化のために推奨されており、前酸素化の前に装着される可能性がある。しかしながら、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の前酸素化後の低酸素血症の発生率と危険因子

・気道管理に関連した低酸素血症の発生は依然として懸念事項である。著者らの目的は、標準化前酸素化処置後の麻酔導入中の低酸素血症の一因となる要因を調査することであった。 ・研究は多施設前向き観察試験であった。成人患者における麻酔導入時の低酸素血症の発生率を評価した。主要評価項目は、パルスオキシメトリの動脈血酸素飽和度(SpO2)<95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICU での挿管のための 4 種の前酸素化法の有効性比較:MACMAN trial の後ろ向き分析

・重度の低酸素血症は気管挿管中の最もよくある重篤な有害事象である。予防策として、前酸素化が日常的に行われている。様々な入手可能な前酸素化器具の相対的な有効性は不明である。ここでは、著者らの目的は気管挿管中の前酸素化器具とパルスオキシメトリ値との関連性を評価することであった。 ・フランスの ICU 7 施設で実施された集中治療での気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

病棟および集中治療室における患者頭部挙上位は緊急気管挿管の合併症を減少させる

・待機的手術患者からのデータに基づいて、前酸素化と気管挿管のために患者を上体頭部挙上位にすることは、患者の安全性を改善する可能性がある。ただし、緊急時に限った独自データが不足している。著者らは、上体頭部挙上位は緊急治療室環境における気管挿管に関連した合併症の減少と関連すると仮定した。 ・この後ろ向き研究はワシントン大学のヒト被検者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症患者の気管挿管に際してのネーザルハイフロー前酸素化:無作為化臨床試験

・鼻カニューレからの高流量療法(HFNC)による前酸素化は、集中治療室(ICU)で現在広く行われている。しかし、重症ではない低酸素血症患者におけるその意義は、大規模な無作為化試験で評価されたことがない。無作為化対照試験(PROTRACH 試験)で、著者らは ICU での迅速挿管(RSI)中の重症でない低酸素血症患者おいて、HFNC vs…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

持続気道陽圧有りと無しで通常呼吸前酸素化に続く無呼吸酸素化による無呼吸持続時間と動脈血ガス

・持続気道陽圧法(CPAP)を適用すると、虚脱肺部分を再膨張させるのに役立ち、それによって酸素貯蔵量が改善される。研究の目的は、3 分間の 1 回換気量での前酸素化に続く無呼吸換気の間、CPAP を適用した場合と適用しない場合で、無呼吸中に酸素飽和度が 90% まで低下するまでの時間を比較することであった。 ・本前向き無作為化試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:前酸素化で無呼吸許容時間が8分に延びるのはなぜ?

A:前酸素化(preoxygenation)とは、気管挿管の前に一定時間酸素を吸入させて、肺内の空気の多くの部分(窒素)を酸素で置き換えておくことを指す。別の表現では脱窒素(denitrogenation)という。 全肺気量(total lung capacity:TLC)のうち、通常の呼気終末には、機能的残気量(function…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非重症患者における麻酔導入時の前酸素化:系統的レビュー

・安全な無呼吸時間(無呼吸患者で酸素飽和度<90% に達するのに要する時間)が長くなるため、非重症疾患患者(すなわち、待機的手術患者)の前酸素化が推奨されるべきかどうかをよりよく理解するために文献を体系的にレビューした。さらに、臨床現場で現在使用されているやり方の中で最も効率的な方法を探した。 ・「前酸素化」、「全身麻酔」、「導入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅延導入気管挿管:前向き観察研究

<編集者サマリ> ・このトピックで既に知られていること:不穏せん妄のある一部の患者では、適切な前酸素化は困難か、不可能でさえある。 ・この研究で取り組まれた疑問:この小規模な観察研究は、短時間のケタミン鎮静が、挿管前の換気と前酸素化を改善するかどうかを扱っている。 ・この研究が私たちの知識に加えるもの:大部分の患者では、鎮静後の酸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

病院外気管挿管前後低酸素症を軽減するための臨床バンドルの導入

・気管挿管前後低酸素症は、病院外の迅速挿管の重要な有害事象である。このプロジェクトの目的は、標準的な院外迅速導入挿管と比較して、体位取り、無呼吸酸素化、遅延導入挿管、目標指向型前酸素化を包含する臨床バンドルが、挿管前後低酸素症の減少に関連するか否かを調査することである。 ・著者らはテキサス州中部郊外の救急医療サービス(EMS)シス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

低酸素性呼吸不全患者で挿管前の前酸素化のための高流量鼻カニューレ vs バッグバルブマスク

・挿管を受ける呼吸不全の重症患者は、低酸素血症関連合併症のリスクが高い。高流量鼻カニューレ(HFNC)を介して酸素を投与することは理論的利点を有し、ますます使用されている。本研究は、前酸素化のために HFNC とバッグバルブマスク(BVM)とを比較し、低酸素性呼吸不全患者挿管時の酸素化を評価するために実施した。 ・本研究は、ICU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低酸素血症患者で非侵襲的換気を用いた挿管前酸素化がその後の臓器不全に及ぼすの効果:無作為化臨床試験

・以前のデータは、非侵襲的換気(NIV)が気管挿管の 3 分前に適用すると、非再呼吸バッグバルブマスクを使用する場合よりも良好な酸素化が保証されたことを示した。著者らは、NIV を用いた前酸素化が、集中治療室の低酸素症重症患者の臓器機能不全の発生率を低下させるのに有効であるかどうかを調査することを目的とした。 ・気管挿管前 3 分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前酸素化と全身麻酔:レビュー

Preoxygenation and general anesthesia: a review Minerva Anestesiologica 2015 August; 81(8):910-20 気管挿管は、その処置に時間がかかる可能性があるので、挿管中の動脈血酸素(O2)飽和度が低下する危険性を考慮しておかなくてはならない。酸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:前酸素化はなぜ必要か、有効な前酸素化は何を見て判断するか?

A:気管挿管はいくらスピーディにやっても 20 秒以上はかかる。少しもたもたやっていると 1 分なんてすぐにすぎてしまう。気管挿管中は、患者さんは無呼吸状態になるのだから、その間、全身に必要な酸素が十分に供給され続けなくてはならない。 高濃度の酸素を予め投与して、血液中の Hb 結合酸素と溶存酸素、さらには肺の毛細血管に隣接してい…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more