テーマ:エコーガイド

高齢者の初心者レジデントが行う脊椎麻酔のための術前超音波 vs ランドマーク法:無作為化比較試験

・正中アプローチを使用した脊椎麻酔は、高齢患者集団では技術的に困難かもしれない。術前の超音波(US)ガイド下傍正中法と術前の US ガイド下正中線法は、高齢患者で従来のランドマークガイド下正中法と比較した場合、初回試行で脊椎麻酔の成功率が異なるという仮説を立てた。 ・本前向き無作為化対照研究では、待機手術を予定している 180 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外無痛分娩用のエコーガイド下 L5-S1 留置は、妊婦の皮膚分節ブロックを改善しない

<ハイライト> ・L5-S1 の硬膜外カテーテル留置は、L2-4 カテーテル留置と同様の S2 効果範囲をもたらす。 ・カテーテルが L5-S1 または L3-4 に留置されている場合でも、分娩時鎮痛の質は同様である。 ・超音波ガイド下留置は、皮膚ランドマークを使用するのと同じくらい効果的である。 <要旨> ・麻酔科医は、経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波 vs 解剖学的標識:年齢 18 歳未満の小児での中心静脈カテーテル留置の即時合併症

・小児と青少年での中心静脈ライン挿入は、構造のサイズがより小さくなるため、技術的により困難である。これにより、即時合併症が増加する可能性があり、これは超音波を使用すると減少できる可能性がある。著者らの施設では、これらの合併症の割合と超音波の使用は知られていない。研究目的は、一般的な大学病院で、年齢 18 歳未満の小児において、解剖学的ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人患者における橈骨動脈カニューレ挿入のための超音波ガイド下法と手指触診法の比較:最新メタ分析

<ハイライト> このテーマで既に知られていること ・ USG ガイド橈骨動脈カニューレ挿入は、カニューレ挿入の成功率を改善する可能性がある。 ・橈骨動脈カニューレの超音波法と手指触診法を比較した研究は、その結果がまちまちである。 本調査が追加する知見 ・USG を用いた動脈カニューレ挿入は、初回試行成功率を上昇させるが、カニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外科医が行った中心静脈カテーテル留置のメタ分析:リアルタイム超音波 vs ランドマーク法

・主要な保健期間は、外科医でない医師が CVC を留置した研究に基づいて、経皮的に中心静脈カテーテル(CVC)を挿入する際に、リアルタイム超音波(RTUS)ガイドを推奨している。著者らは、外科医が行った RTUS ガイド CVC 挿入と従来のランドマーク法の転帰を比較するためにメタ分析を行った。 ・文献の系統的レビューを実施して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩関節鏡検査のための 0.5% ロピバカインを用いた斜角筋間腕神経叢ブロックの 3 法の比較試験

・斜角筋間腕神経叢ブロックは、肩の手術に対する効果的な伝達麻酔法である。末梢神経刺激装置で確認したブロックに対して、よく行われている超音波ガイド下ブロックの優位性は依然として不明である。本研究では、これらの異なるブロック法の有効性を比較した。 ・本前向き無作為化臨床研究には、109 人の患者(ASA 分類 I~III)が含まれ、待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児のエコーガイド下で、鎖骨下腕神経叢ブロックの局所麻酔薬の使用量を少なくすることはできるか?

・研究の目的は、鎖骨下腕神経叢ブロックがより少量の局所麻酔薬で適用できるかどうかを判断することであった。 ・無作為二重盲式臨床試験で、緊急または待機的な上腕、前腕または手の手術を受けた ASA I-II の年齢 5~15 歳の 60 人の患者を研究に含めた。患者を無作為に 2 群に分けた。局所麻酔薬標準量投与群(S 群、n=30)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:視覚に頼りすぎてはいないだろうか?

麻酔科を含めた外科系のここ 10~20 年のトレンドは、低侵襲化と視覚化(Visualization)である。内視鏡やエコーをより有効に利用して、低侵襲化を図ったり、今まで目に見えなかったものを見えるようにして、手技の安全性と確実性を増加させようという試みである。 こうした取り組みは、患者さんへの侵襲を低減したり、安全性を高めたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more