テーマ:高齢者

高齢者における麻酔の亜酸素化窒素の有無と長期的認知経過

・著者らは、亜酸素化窒素(N2O)を使用しない全身麻酔と比較して、N2O を使用した全身麻酔を受けた高齢者の方が全体的認知の術後の低下率が大きいという仮説を評価した。 ・認知機能の縦断的測定は、Mayo Clinic Study of Aging に登録された年齢 70〜91 歳の非認知症の成人で分析された。時変共変量を伴う線形混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の迅速導入におけるレミフェンタニルの有効性と安全性:3 群並行二重盲式無作為化比較試験

・誤嚥リスクのある患者には迅速導入(RSI)が推奨されるが、頻脈などの血行動態の有害事象が誘発される。この試験の目的は、高齢患者で、RSI 中にレミフェンタニルを追加した場合の頻脈(主要評価項目)、高血圧(挿管による)または低血圧(レミフェンタニル)の発生に及ぼす影響を評価することであった。 ・この 3 群並行二重盲式多施設対照研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術における術後せん妄の病因と関連因子

・せん妄は、整形外科手術後の高齢患者にとって重症合併症である。本研究の目的は、韓国での整形外科手術後せん妄の病因と関連因子を評価することであった。 ・整形外科手術を受けた年齢 50 歳以上の 3,611 人の患者の診療記録を後ろ向きにレビューした。患者の年齢(50 代、60 代、70 代、> 80 代)、麻酔の種類(全身、脊椎、局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者と若年患者における麻酔関連有害事象後の転帰の差

・より多くの高齢者が外科手術を受けるため、可能な限り安全な周術期ケアを提供する方法を学ぶことは著者らの義務である。 ・年齢 65 歳以上の患者と 65 歳未満の患者で麻酔関連有害事象後の転帰が異なるかどうかを判断するために、大規模な三次医療センターで後ろ向きコホート研究を実施した。 ・2007〜2015 年にかけて麻酔科成績…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の人工股関節全置換術における強化回復プログラムの利害:系統的レビュー

・術後回復機能強化(ERAS)は、患者管理における明らかな進歩である。その実現可能性とその有効性は、高齢者の整形外科ではほとんど分析されていない。この系統的な文献レビューの目的は、関節全置換術中の高齢者における ERAS の実現可能性(従来の ERAS 項目の実現)および効率性(在院日数、合併症率と死亡率)を分析することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者における末梢神経ブロックへの鎮静補助薬としてのデキスメデトミジンの有効用量

・末梢神経ブロック(PNB)に対するデキスメデトミジン鎮静補助薬の有効投与量中央値(ED50)は、高齢患者ではまだ確認されていない。本研究では、PNB を伴う全膝関節形成術(TKA)を受ける高齢患者で、鎮静のための静脈内デキスメデトミジンの ED50 を評価した。 ・年齢 65~85 歳の 42 人の患者を対象とし、年齢に応じて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者のバイスペクトル指数に及ぼすスフェンタニルの効果

・著者らは、プロポフォールによる麻酔導入時にスフェンタニルを添加することが、高齢患者(年齢 65 歳以上)の BIS 値に及ぼす影響を検討した。 ・患者は、スフェンタニルの TCI(効果部位濃度 0.3ng/ml)か、対応するプラセボを投与されるよう無作為に割り当てられ、その後プロポフォール TCI(初期効果部位濃度 0.5 μg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IVC フィルター留置を受ける肺塞栓症の高齢者における抗凝固の影響:後ろ向きコホート研究

・抗凝固療法は、肺塞栓症(PE)の主要な治療法である。下大静脈(IVC)フィルターは、再発性肺塞栓症を予防するための補助的処置である。再発性肺塞栓症予防のために IVC フィルターを留置した後の抗凝固療法が禁忌である高齢患者での長期的転帰はまだ評価されていない。 ・2008 年 1 月 1 日から 2013 年 2 月 2 日ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者で腹腔鏡下胆嚢摘出術後の術後認知機能障害に及ぼすプロポフォール、セボフルラン、イソフルラン

<ハイライト> ・術後認知機能障害は、高齢者でよく発生する。 ・麻酔は認知機能を損なう。 ・プロポフォールは吸入麻酔薬に比べてほとんど影響を与えなかった。 <要旨> ・研究目的は、異なる麻酔薬(プロポフォール、セボフルラン、イソフルラン)を受ける高齢手術患者(年齢>60 歳)における術後認知機能障害(POCD)の発生率を比較し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more