テーマ:TKA/THA

全関節形成術におけるアセトアミノフェンの有効性と安全性:系統的レビューと直接メタ分析

・経口および静脈内(IV)アセトアミノフェンは、初回人工関節全置換術(TJA)のマルチモーダル疼痛管理プロトコルの一部として、周術期に広く使用されるようになった。著者らの研究の目的は、米国股関節および膝外科医協会、米国整形外科医学会、股関節学会、膝学会、および米国区域麻酔と疼痛管理学会の統合臨床診療ガイドラインを支持するアセトアミノフェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インスリン依存性糖尿病患者は、全関節形成術を受けると術後高血糖のリスクが高くなる

・糖尿病患者は、人工関節全置換術(TJA)後に人工関節感染症(PJI)のリスクが高くなる。インスリン依存性と PJI の関係は調査されていない。著者らは、インスリン依存型糖尿病(IDDM)患者の方が、非インスリン依存型糖尿病(NIDDM)患者者よりも、術後高血糖と PJI をきたしやすいかどうかを評価することを目的とした。 ・20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節または股関節形成術を受ける患者の周術期出血に対するトラネキサム酸投与の効果:単施設後ろ向き研究

・トラネキサム酸(TXA)は、その抗線維素溶解効果のため、さまざまな手術での周術期の出血を減らすために使用されている。最近、著者らの施設で整形外科手術を受ける患者は、手術前に TXA の負荷量(1000 mg)を投与され、その後、手術が終了するまで 100 mg/時の投与を受けた。本研究の目的は、膝関節形成術または股関節形成術を受ける患…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

迅速回復プロトコルを用いた全関節形成術の術後転帰に及ぼす脊柱管麻酔の効果

・全身麻酔(GA)と比較して、脊柱管麻酔(NA)は、全関節形成術(TJA)後の転帰の改善に関連付けられている。迅速回復プロトコルが確立された施設で、患者の転帰に及ぼす NA の影響を調査した。 ・これは、2015 年 7 月から 2018 年 6 月までに行われた 5914 例の連続した初回 TJA についての単施設後ろ向き分析で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性:無作為化プラセボ対照試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library の創始から 2019 年 5 月 22 日まで、人工膝関節または股関節全置換術を受けた患者の術後疼痛緩和のためにケタミンとプラセボの有効性と安全性を比較した無作為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔は、膝関節全置換術と股関節全置換術後の合併症が少ない

・著者らは、脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)で、人工膝関節全置換術(TKA)と股関節全置換術の以下の 30 日転帰を比較した:(1)死亡、(2)大小の合併症、(3)転院先。 ・2011 年から 2016 年まで、米国外科学会全国手術の質改善プログラムのデータベースには、45,871 例の SA 下での股関節全置換術と GA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔の失敗に関連する要因: 待機的股関節および膝関節形成術を受けた患者の 8年間の後ろ向き分析

・この 8 年間の後ろ向きレビューの主要評価項目は、待機的股関節・膝関節形成術における脊椎麻酔(SA)の失敗であった。 ・3542 件の SA から、合計 135 件の失敗が確認された(3.8%)。失敗のオッズの増加に関連する要因は、 (1) 年齢が若い(オッズ比[OR]、1.03; 95%信頼区間[CI]、1.01-1.05)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回股関節/膝関節形成術における短時間作用性脊椎麻酔と完全静脈麻酔は早期退院を促すか?

・本研究では、TIVA+短時間作用型脊椎麻酔と積極的手術当日術後第0日の理学療法(POD#0 PT)が、初回の全間接形成術を受ける患者で、在院期間(LOS)に及ぼす効果を評価した。 ・後ろ向きの診療録レビューによって、TIVA+短時間脊椎麻酔(「最新プロトコル群」)で、初回の全股関節/膝関節形成術を受けた 116 人の患者の LO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節および股関節形成術における出血量を減らすためのアミノカプロン酸の有効性と安全性:メタ分析

<ハイライト> ・アミノカプロン酸の使用は、総出血量の有意な減少と関連している。 ・研究の目的は、TJA 後の出血量と輸血必要量を減らすための静注用アミノカプロン酸の有効性と安全性を評価することである。 <要旨> ・このメタ分析は、全膝関節形成術(TKA)と全股関節形成術(THA)におけるアミノカプロン酸の安全性および有効性を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストトラック股関節と膝関節形成術後のせん妄 - 6331 人の高齢者のコホート研究

・術後譫妄(PD)は、高齢の外科手術患者の周知の合併症であり、合併症率、死亡率、在院期間(LOS)の増加と関連している。股関節形成術と膝関節形成術(THA/TKA)を含む待機的整形外科手術では、ほとんどの研究が 5??%~10% の発生率を報告している。周術期ケアのマルチモーダル最適化(fast-track)は、回復を強化し、合併症率と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

術前麻薬は全関節形成術後の麻薬消費量と合併症を独立して予測する

・マルチモーダル疼痛プロトコールは、待機的全股(THA)と全膝(TKA)関節形成術後のオピオイド必要量を減少させ、合併症を減少させた。しかし、これらのプロトコルは普遍的に有効であるわけではない。本研究の目的は、オピオイド必要量の増加に関係したリスク因子と、術前麻薬の使用が在院期間と THA/TKA 後の院内合併症に及ぼす影響を調査するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迅速実施の股関節/膝関節形成術の時間経過と 90 日死亡の理由

・全股関節(THA)/膝関節形成術(TKA)を含めて術後死亡は、重要な有害転帰である。しかし、死亡が麻酔/外科的合併症によるものか、手術誘発臓性器機能不全か、または手術と無関係なものかどうかはほとんど考慮されていない。 ・同様の迅速実施のプロトコールで、在院期間中央値が 2 日間の、連続 13775 例の THA/TKA の前向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more