テーマ:ネオスチグミン

筋弛緩拮抗のためのスガマデクス vs ネオスチグミンと術後肺合併症:多施設対応コホート分析

・非心臓入院手術を受ける成人患者の 5% は、大きな肺合併症をきたしている。著者らは、筋弛緩の拮抗(ネオスチグミン vs スガマデクス)の選択は、大きな肺合併症の発生率の低下と関連している可能性があると仮定した。 ・2014 年 1 月から 2018 年 8 月まで、米国の多施設周術期転帰群の病院 12 施設は、外科症例の多施設観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンによる筋弛緩拮抗と非心臓手術後の 90日死亡率との関連

・スガマデクスによる筋弛緩薬の拮抗は、術後残存筋弛緩を減少させることにより術後合併症を軽減することが知られている。ただし、90 日死亡率への影響は不明である。そこで、本研究の目的は、非心臓手術後の 90 日死亡率に関して、スガマデクスとネオスチグミンの効果を比較することであった。 ・本後ろ向きコホート研究は、2011 年から 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期効率に及ぼすスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの影響

・手術室における筋弛緩は、術後の回復を促進し、手術室の患者の処理量を維持するために、拮抗剤の使用を必要とする。コリンエステラーゼ阻害剤は、麻酔診療における筋弛緩の拮抗の治療の歴史的標準診療となっている。合成ガンマシクロデキストリンであるスガマデクスは、代替薬と比較して、筋弛緩のより迅速で予測可能な拮抗が可能であるというエビデンスとともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンでのアナフィラキシーの発生率の比較:後ろ向き多施設観察研究

・スガマデクスによるアナフィラキシーの症例が報告されているが、その発生率は不明である。逆に、ネオスチグミンへのアナフィラキシーの発生率を評価した研究はない。 ・これは、2012 年から 2016 年までに全身麻酔下で手術を受けた患者の多施設共同後ろ向き観察研究で、日本の三次病院 4 施設でスガマデクスとネオスチグミンによるアナフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的膀胱切除後の麻酔からの回復:2 種類の異なる筋弛緩拮抗

・ロボット補助根治的膀胱切除術(RARC)中に、特定の手術条件(急峻なトレンデレンブルグ体位、長時間気腹、手術最終段階までの効果的な筋弛緩)が転帰を大きく損なう可能性がある。本研究の目的は、異なる拮抗を受ける 2 群の患者で、術後嘔気嘔吐(PONV)とイレウスの発生率、覚醒時の認知機能の質を評価することであった。 ・本無作為化試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウム単回ボーラス投与後の術後回復の質に及ぼすスガマデクス vs ネオスチグミンの筋弛緩拮抗

・研究目的は、全身麻酔下の毛様体偏平部硝子体切除術(PPV)にロクロニウムを単回ボーラス投与した後の術後回復の質に及ぼす、スガマデクスまたはネオスチグミンによる筋弛緩の拮抗の影響を評価することであった。 ・本研究は、2017 年 2 月から 7 月まで大学教育病院で実施された、全身麻酔下に PPV を受ける予定の、ASA-PS I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下肢整形外科手術を受ける成人患者に対するブピバカインに追加されたクモ膜下ネオスチグミンの術後鎮痛効果

・局所麻酔薬の鎮痛効果を高めて有害作用を減らし、満足度を高めるための添加剤がいくつか提案されている。研究の目的は、2017 年 1 月 1 日から 2 月 30 日にかけてエチオピアのティクルアンベッサ専門病院で下肢整形外科手術を受ける成人患者に対して、ブピバカイン単独と比較してクモ膜下ネオスチグミンを添加したブピバカインの術後鎮痛効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオスチグミンで拮抗した浅いブロックと比較したスガマデクスで拮抗した深部筋弛緩後の手術室退室

・研究の目的は、浅い筋弛緩をネオスチグミンで拮抗するのに比べて、スガマデクスで深~中等度の筋弛緩を拮抗するのは、術後の手術室退室までの時間と麻酔回復室在室時間を短縮させるどうかを調査することであった。 ・2011 年 2 月から 2012 年 5 月まで行われた単施設での無作為化比較試験で、ASA-PS I/II の同意を得た 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛の従来の管理にネオスチグミンとアトロピンの追加:無作為化比較試験

・硬膜穿刺後頭痛(PDPH)には、標準的なエビデンスに基づいた治療法がない。重症 PDPH に対してネオスチグミンで治療した患者が契機となって本研究が実施された。 ・本無作為化対照二重盲式研究は、PDPG 治療に際して、85 人の患者で輸液と鎮痛剤による保存的治療に加えて、ネオスチグミンとアトロピン(n=41) vs 生食プラセボ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

成人における筋弛緩を拮抗する際のスガマデクスとネオスチグミンの比較有効性と安全性 メタ分析と逐次解析

・著者らは成人の筋弛緩を拮抗させるスガマデクスとネオスチグミンの有効性と安全性を比較した。著者らの評価項目は、TOF 2 から TOF 比>0.9 までの回復時間、PTC 1-5 から TOF 比>0.9 までの回復時間、複合的有害事象と重大な有害事象のリスクであった。 ・著者らは、出版状態、日付、盲式の状態、報告された評価項目、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後残存筋弛緩を予防するための中時間作用型筋弛緩薬のネオスチグミンベースの拮抗:系統的レビュー

・ネオスチグミンは、残存筋弛緩を拮抗するために広く使用されている。過去数十年にわたり、許容される神経筋回復のベンチマークは、四連反応(TOF)比が少なくとも 0.9 に徐々に増加した。このベンチマークの上昇は、ネオスチグミンの有効性に影響を与える可能性がある。系統的レビューは、TOF 比が少なくとも 0.9 を達成するネオスチグミンの筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四連反応比 0.9~1.0 への自然回復後のネオスチグミン投与:神経筋伝達と臨床的回復に及ぼす効果

・挿管を容易にするために筋弛緩剤を投与する場合、抗コリンエステラーゼ拮抗の利益と潜在的なリスクとのバランスを取らなければならない。この二重盲式無作為化非劣性試験の目的は、四連反応比 0.9 以上まで自然回復した後に患者にネオスチグミンが投与された場合に、神経筋機能に及ぼす影響を評価することであった。 ・挿管を必要とする手術の予定と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下袖状胃切除術後のスガマデクス vs ネオスチグミンとの呼吸器事象:筋弛緩拮抗戦略を評価する前

・肥満患者の腹部手術は、呼吸器合併症と死亡に関連している可能性がある。一部の患者は残存筋弛緩状態で PACU に到着する可能性がある。本研究の目的は、腹腔鏡下袖状胃切除手術を受ける患者で、筋弛緩薬の種類と術後呼吸器事象の発生率との間に関連があるかどうかを調査することであった。 ・2012 年 9 月から 2013 年 2 月までの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的手術後の術後認知機能障害に及ぼすスガマデクス vs ネオスチグミン/アトロピン併用の効果

・本研究は、待機的手術後の成人患者における術後認知機能障害(POCD)に及ぼすスガマデクス vs ネオスチグミン/アトロピンの効果を評価することを目的とした。 ・年齢 40 歳超の 160 人の ASA-PS I/III の患者に対して無作為化二重盲式対照試験がを実施した。 1)術前、2)術後 1 時間、3)退院時の 3 時点で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオスチグミンに併用投与された塩化カルシウムの筋弛緩効果への影響:二重盲式無作為化研究

・イオン化カルシウムは、神経筋伝達において重要な役割を果たすが、非脱分極性筋弛緩の拮抗に及ぼすその効果は十分に評価されていない。著者らは、ネオスチグミンと同時投与された塩化カルシウムが神経筋回復速度を高める可能性があるかどうかを検討した。 ・三次教育病院での、全身麻酔下の 53 人の患者を対象としたTOF-Watch SX モニタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外ネオスチグミン vs フェンタニル併用によるブピバカイン使用量の減少:無作為化二重盲式対照試験

・硬膜外局所麻酔薬へのオピオイドの添加は、局所麻酔薬の消費量を 20% 減少させるが、副作用と法令遵守事務処理に費やす時間を犠牲にしている。硬膜外ネオスチグミンはまた、局所麻酔薬の使用量を減少させる。著者らは、患者管理硬膜外鎮痛に際して、ネオスチグミンを併用した硬膜外ブピバカインは、フェンタニルを併用した硬膜外ブピバカインと比較して、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短時間手術時の低用量ロクロニウム+ネオスチグミン vs 高用量ロクロニウム+スガマデクスによる拮抗

・いくつかの短時間手術では深い筋弛緩を必要とし、手術終了時に拮抗する必要がある。 ・待機的ラリンゴマイクロ手術を受けた 44 人の患者を、2 群に無作為に割り当てた:ロクロニウム 0.45mg/kg をネオスチグミン(50μg./kg、+グリコピロレート 10μg./kg)で拮抗する群(中等度ブロック群) vs ロクロニウム 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムの深い筋弛緩拮抗に、ネオスチグミン併用の半量スガマデクスは全量に劣らない

・スガマデクスは、全レベルの筋弛緩(NMB)において、ロスコニウムの効果をネオスチグミンよりも迅速かつ有効に拮抗させる。しかし、そのコストは法外である。半用量のスガマデクスとネオスチグミンとの併用は、深い NMB の拮抗のための全用量スガマデクスよりも劣っていないであろう。このアプローチは、有効性を維持しながら、スガマデクスのコストを削…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後悪心嘔吐に及ぼすスガマデクスとネオスチグミンの効果の比較

・本研究の目的は、筋弛緩の拮抗に使用されるスガマデクスとネオスチグミンが術後悪心嘔吐(PONV)に及ぼす効果比較することである。 ・全身麻酔下で気管挿管を受ける ASA リスク I/II の患者 98 人を対象に、本試験を完了した。手術終了時に患者を無作為にスガマデクス 2mg/kg(S 群)か、または、ネオスチグミン 50μg/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more