テーマ:脊柱管麻酔

筋弛緩薬の脊柱管誤投与:臨床的および人的要因の分析

・脊柱管麻酔または鎮痛中の薬物エラーはよく知られていない。本研究の目的は、脊髄または硬膜外麻酔中の筋弛緩薬(NMBD)の誤投与に関連する臨床転帰を検討し、そのような過誤の防止に役立つ人間の要因と戦略を調査することであった。 ・ヒトにおける NMBD の脊柱管投与の報告のレビューである。NMBD に関連する過誤の公開レポートについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔は、脆弱性に応じて関節全置換術後の生存率の改善に関連している:コホート研究

・脆弱性は、関節全置換術(TJA)後の合併症のリスクを高める。この関連性が投与された麻酔薬の影響を受けるかどうかは不明である。著者らは、脊柱管(脊髄または硬膜外)麻酔の使用は全身麻酔と比較してより良い転帰に関連し、転帰に及ぼす麻酔法の影響は虚弱状態によって異なると仮定した。 ・この単施設のコホート研究には、2005 年 1 月から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迅速回復プロトコルを用いた全関節形成術の術後転帰に及ぼす脊柱管麻酔の効果

・全身麻酔(GA)と比較して、脊柱管麻酔(NA)は、全関節形成術(TJA)後の転帰の改善に関連付けられている。迅速回復プロトコルが確立された施設で、患者の転帰に及ぼす NA の影響を調査した。 ・これは、2015 年 7 月から 2018 年 6 月までに行われた 5914 例の連続した初回 TJA についての単施設後ろ向き分析で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超肥満妊婦における L1-L2 間隙以上の不慮の脊柱管ブロックの留置:後ろ向き研究

・肥満指数(BMI)の増加は、脊柱管主義の困難度を増加させる。患者が不適切に高い硬膜穿刺のリスクにさらされる可能性があると仮定した。麻酔科医による超肥満妊婦の棘間レベル推定の正確性は研究されていない。BMI≧50kg/m2 の妊婦における、硬膜外および/またはクモ膜下カテーテルの不慮の留置(L1/L2 間隙以上)頻度を評価した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関節鏡下膝手術後の患者入院と脊柱管麻酔 vs 全身麻酔の関連

・関節鏡下膝関節手術は、外来患者で行われることが増えている。予期せぬ入院などの合併症を防ぐためには、適切な術中麻酔が不可欠である。関節鏡下膝関節手術を受ける患者に対する最初の麻酔法として、全身麻酔(NA) vs 脊柱管麻酔(NA)の合併症差を調べた。 ・これは後ろ向きコホート研究であった。著者らは 2007 年から 2016 年ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の脊柱管麻酔と術後静脈血栓塞栓症との関連 ACS‐NSQIP データベースの傾向適合分析

・脊柱管麻酔は Virchow の三徴の構成要素(凝固性亢進、静脈うっ滞、血管内皮傷害)を改善する。これらは手術患者の静脈血栓症の主要な発症要因である。しかし、脊柱管麻酔が静脈血栓塞栓症(VTE)の発生率を低下させるかどうかは依然として不明である。そこで、脊柱管麻酔が整形外科手術から回復中の成人で 30 日の VTE 発生率を低下させる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節部骨折患者の全身麻酔 vs 脊柱管麻酔:系統的レビューとメタ分析

・股関節骨折は高齢者の外傷である。股関節骨折後の手術が必要な患者の世界的な数は、今後数年で増加するだろう。30 日死亡率は 4% から 14% の範囲である。患者の転帰は、麻酔法(全身麻酔 vs 脊柱管麻酔 )によって改善できる可能性がある。最適な麻酔法に関する無作為化研究からのエビデンスは不足している。しかし、この疑問に取り組んだいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管ブロックに関連した因子

Factors associated with difficult neuraxial blockade Local and Regional Anesthesia Published Date October 2014 Volume 2014:7 Pages 47-52 ・脊髄および硬膜外ブロックは、麻酔ではよく行われる処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more