テーマ:静脈ライン確保

Q:末梢静脈ライン確保のコツは?

A:末梢静脈ライン確保は、いつまで経っても難しい。内頚静脈が極細くて穿刺が難しい患者さんは非常にまれだが、末梢静脈は適当な静脈がなかなか見つからず、ライン確保に難渋することがしばしばある。 上肢をしっかり運動させている人は、前腕皮静脈も発達している。なぜなら、筋肉運動をするためには、酸素と基質が必要であり、必然的に上肢の血流が豊富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:動脈ライン確保と静脈ライン確保の場合の穿刺針の刺入角度の違いは?それはなぜ?

A:静脈ラインを確保しようとする場合、通常は体表面に存在する皮静脈を穿刺しようとする。皮静脈は、その名の通り皮膚直下に存在し、怒張している場合には皮膚面から少し盛り上がっていることさえある。 この血管を穿刺しようとするのだから、当然のことながら穿刺針は皮膚面との角度をできるだけ小さくして、皮膚とほぼ平行になるように穿刺針を進めるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more