テーマ:外傷

成人外傷患者におけ迅速導入挿管のためのケタミン:後ろ向き観察研究

・外傷患者集団では、ケタミンは一般的に迅速導入中に使用される。ただし、ケタミンは重要な副作用と関連付けられているため、本研究では、ケタミンによる導入後の外傷患者の院内死亡率と他の導入剤との比較を試みた。 ・地区外傷登録簿と診療録を使用して、2 年間に、病院前段階か、または最初に 2 つの都市レベル 1 外傷センターの外傷救急室で挿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者の周術期心停止と死亡:観察研究の系統的レビュー

・外傷患者における周術期心停止(CA)の発生とその転帰に影響を与える要因はよく知られていない。著者らの研究の新奇さは、外傷患者で、周術期 CA の発生および/または死亡率について世界中で実施された系統的レビューの実施にある。 ・系統的レビューを実施して、外傷患者において術後 24 時間まで、外傷による CA および/または死亡の発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院前環境の外傷患者の出血管理のためのトラネキサム酸(TXA)の使用:文献レビューと主要テーマの記述的分析

・トラネキサム酸(TXA)は、外傷性出血量を防ぐために使用される抗線溶剤である。それは、出血性疾患患者の管理のための初めて臨床診療に導入され、特に、口腔外科的処置を受ける血友病患者の出血を減らすために適応となった。TXA は、プラスミノーゲンの活性化を競合的に阻害することにより、プラスミノーゲンのプラスミンへの変換を減らすことにより、凝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷による死亡率と転帰の予測における米国麻酔学会身体状態分類(ASA-PS)の役割

・改訂外傷スコア(RTS)や外傷傷害重症度スコア(TRISS)などの外傷予測スコアは、死亡率を予測するために使用されるが、併存疾患は含まれない。著者らは、外科手術を受けた外傷患者の死亡率を予測するために、米国麻酔学会身体状態分類(ASA PS)を分析した。 ・この多施設後ろ向き研究では、混合効果ロジスティック回帰を用いた完全な症例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者におけるトラネキサム酸の入院前投与:レベル 1 外傷センターでの 1:1 対応比較試験

・本研究の目的は、死亡、血栓塞栓症、輸血の必要性について、外傷患者に対するトラネキサム酸(TXA)の入院前投与の有効性をレベル 1 外傷センターで試験することであった。 ・2017 年 1 月から 2018 年 9 月までに、入院前 TXA を受けた、または受けていない成人外傷患者を比較して後ろ向き研究を行った。TXA を投与され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者に対する制限 vs 制限のない酸素 - TRAUMOX1 無作為化臨床予備試験

・高酸素血症は外傷患者で一般的に観察されるが、一部の患者集団では肺合併症および死亡率と関連している。本研究の目的は、外傷後の初期段階で酸素制限法を用いて酸素正常状態の維持が可能かどうかを評価し、30 日死亡率および/または重大な肺合併症の発生率を評価することであった。 ・著者らの外傷センターに入院した 41 人の成外傷患者を、24…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 トラネキサム酸と外傷

これまで当ブログで紹介した記事から、外傷とトラネキサム酸に関連した文献をまとめて紹介する。 外傷患者でのトラネキサム酸の病院前投与の有効性:無作為化比較試験のメタ分析 著者らは、系統的レビューとメタ分析を実施して、トラネキサム酸の病院前投与がプラセボと比較して患者の予後を改善するかどうかを評価した。主要評価項目は、24 時間と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者集団における迅速導入剤としてのケタミン:系統的レビュー

・外傷患者の迅速導入(RSI)中に気管挿管を容易にするために使用される薬物の選択は、生存率に影響を与える可能性がある。ケタミンは副作用と関連しているが、血行動態的に不安定な外傷患者に一般的に使用されている。このレビューは、ケタミンが外傷患者の RSI に際して他の導入剤よりも優先されるべきかどうかを調査しようとした。 ・成人外傷患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者の酸素補充と高酸素血症:前向き観察研究

・いくつかの指針にしたがって外傷患者の初期治療時に補助酸素が推奨されているが、支持するエビデンスは少ない。著者らは、2 つのレベル 1 外傷センター TC1 と TC2 における外傷管理の初期段階における補助的酸素の使用と高酸素血症の発生を明らかにすることを目的とした。 ・本前向き観察研究では、年齢 16 歳以上の外傷患者を対象と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷後の呼吸不全の持続時間は、長期死亡率の増加と関連していない

・人工呼吸が長引いた内科的重症疾患患者の 1 年生存率は 50% 未満であるが、外傷後の呼吸不全と 1 年死亡率との関係は不明である。著者らは、外傷患者の呼吸不全期間が 1 年生存率の低下と関連していると仮定している。 ・レベル 1 外傷センター単施設での外傷患者の後ろ向きコホート、2011 年から 2014 年に入院した外傷患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者でのトラネキサム酸の病院前投与の有効性:無作為化比較試験のメタ分析

・抗線維素溶解剤であるトラネキサム酸(TXA)は、高度な出血を伴う入院患者にとって潜在的な臨床的有益性を有するが、入院前の状況における有効性は不明である。著者らは、系統的レビューとメタ分析を実施して、TXA の病院前投与がプラセボと比較して患者の予後を改善するかどうかを評価した。 ・PubMed、MEDLINE、Cochrane …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者の生存率に及ぼすビデオ喉頭鏡の効果:無作為化比較試験

・多くの蘇生シナリオには、傷病患者を支援するための緊急挿管の使用が含まれる。新しいビデオでガイドした気道管理法が利用可能であり、この手技による患者へのリスクを最小限に抑える可能性がある。 ・これは、大学付属の都市病院の外傷診療室で行われた臨床対照試験で、緊急気道管理を必要とする 623 人の一連の成人患者を、前向きに無作為に、直接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤血球製剤に対する血漿のバランスのとれた輸血比は、外傷患者と手術患者の両方で転帰を改善するか?

<ハイライト> ・バランスの取れた輸血は死亡率に影響する。 ・高い比率の方が良好な生存率と関連している。 ・FFP:RBC 比が 1:1.5 で最も高い生存率を達成した。 ・輸血比率と ARDS/ALI の発生率との間には関連性がない。 <要旨> ・新鮮凍結血漿(FFP):赤血球製剤(RBC)の高い輸血比率が死亡率に及ぼす効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満患者における外傷後の心血管および呼吸器合併症の有病率

・肥満は、手術後に心血管および呼吸器合併症のリスクが増大することはを一般に認められている。しかし、外傷の場合には、肥満が合併症のリスクを増加させるかどうかという点に関しては異なる知見がある。 ・本研究の目的は、肥満患者が外傷後に心臓および呼吸器合併症のリスクが増大するかどうかを特定することであった。 ・275393 人の患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷性頭部/胸部外傷を有する挿管患者のための早期気管支肺胞洗浄

<ハイライト> ・早期 BAL(E-BAL)は、高リスクの挿管外傷患者に対して 48 時間以内に実施された ・E-BAL を肺炎徴候を契機とした後期 BAL(L-BAL)と比較した ・E-BAL培養の 52% が陽性であり、入院時に肺炎が確認された ・E-BAL 患者は、L-BAL 患者よりも抗生物質の投与日数が少なく、転機が良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者における初期乳酸値と塩基欠乏の予後的意義の比較

・初期血液乳酸および塩基欠乏は、外傷における予後バイオマーカーであることが示されているが、それらのそれぞれの性能は比較されていない。 ・レベル 1 外傷センター 3 施設で外傷患者の入院時に、血液乳酸濃度と塩基欠乏を測定した。これは、前向きに収集されたデータの後ろ向き分析であった。ROC 曲線、トリアージスコア(修正外傷スコアとメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷後の予定外の集中治療室入室

Unplanned Intensive Care Unit Admission Following Trauma Journal of Critical Care Published online: February 23 2016 ・集中治療室(ICU)に予定外に戻ることが必要となる外傷患者、最初はステップダウンユニットや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の外傷誘発性凝固能亢進

Trauma induced hypercoagulablity in pediatric patients Journal of Pediatric Surgery Volume 49, Issue 8, Pages 1295?1299, August 2014 ・小児外傷患者の凝固能の変化は十分には明らかにされていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷誘発性凝固障害

Trauma-Induced Coagulopathy Current Anesthesiology Reports published online 9 May 2014 外傷は年齢 44 歳未満の人々の主要な死亡原因である。出血は最初の 48 時間内の外傷関連性死亡の主要原因である。したがって、これらの患者管理は、外科的蘇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more