テーマ:アスピリン

術前アスピリンと冠動脈バイパス移植術後の急性腎障害との関連

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)の 24 時間以内に投与された術前アスピリンが CABG 後の術後急性腎障害(AKI)の発生率を低下させるという仮説を検証することであった。 ・本後ろ向き研究では、696 人の患者が、アスピリン最終投与と手術時間との時間間隔に従っていくつかの群に割り当てられた。合計 322 人の患者が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術における術前アスピリンの使用:系統的レビューとメタ分析

・アスピリンは、冠動脈バイパス移植(CABG)後の患者にとって有益であるにもかかわらず、CABG や心臓術前の術前アスピリンの継続または投与は議論の余地がある。したがって、著者らは、心臓手術を受ける患者に対する術前アスピリン投与の影響を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。 ・OVID SP インターフェースを用いてMe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける経皮的冠動脈インターベンション既往患者のアスピリン

・非心臓手術を受ける経皮的冠動脈インターベンション(PCI)既往患者のアスピリンの効果については、不確実性が残っている。本研究の目的は、PCI 既往患者の周術期アスピリンの有益性と有害性を評価することであった。 ・多施設階級試験の非特異的なサブ群分析。コンピュータ化されたインターネットの無作為化は、2010 年と 2013 年まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来手術における術後咽頭痛の予防:術前アスピリンと硫酸マグネシウム含嗽の比較

・術後咽喉頭痛(POST)は、多くの対策にもかかわらず、外来手術の肯定的フィードバックを阻害することが多い。本研究は、外来手術後の POST 予防における術前硫酸マグネシウムとアスピリン含嗽の有効性を比較するために実施した。 ・これは前向き無作為化二重盲式試験であった。日帰り手術予定の、ASA-PS I-II、年齢 25-50 歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前アスピリンは単独弁手術で輸血や再手術を増加させない

・冠動脈バイパス術を受ける患者で術前アスピリンが検討されてきた。しかしながら、他の心臓手術術式において周術期アスピリンを評価している入手可能な臨床データは不十分である。本研究は、緊急ではない、単独の心臓弁修復/置換を受ける患者で、出血と輸血に及ぼすアスピリンの影響を調査するために計画された。 ・大学関連医療施設で、緊急ではない、単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CABG後のアスピリン抵抗性

Aspirin resistance after CABG Thorac Cardiovasc Surg. 2009 Aug;57(5):281-5. Epub 2009 Jul 23 ・一時的なアスピリン抵抗は、CABG術後期間中に起こりうる。抵抗を引き起こしている要因が確認できれば、初期のグラフト閉塞の発生率は最小にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧患者でのアスピリン抵抗性

Aspirin Resistance in Hypertensive Patients The Journal of Clinical Hypertension Published Online: 4 May 2010 ・アスピリン抵抗性は、不良な臨床予後予測と関係している。 ・200人の高血圧患者でアスピリン抵抗を調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more