テーマ:筋弛緩

短時間の小児腹腔鏡手術:筋弛緩薬は必要か?気管挿管 vs ラリンジアルマスク

・腹腔鏡手術を受ける小児で、技術進歩によって、吹送圧を下げ、麻酔時間を短くすることにつながった。本研究で、著者らは鼡径ヘルニアの腹腔鏡修復術を受ける小児で、気管チューブ(ETT)とラリンジアルマスク(LMA)の使用を筋弛緩薬(MR)の有る場合とない場合で比較した。 ・腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術を受ける小児を、ETT+MR(1 群)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more