テーマ:低酸素症

集中治療室における気管挿管時の修正 Cormack‐Lehane スケールを用いた喉頭鏡視野の評価

・集中治療室での気管挿管は、挿管困難や合併症の発生率が高いことに関連している。これは直接喉頭鏡検査中の声門の視野が悪いことが原因である可能性がある。本研究の目的は、修正 Cormack-Lehane スケールを使用した喉頭鏡視野と、挿管困難および合併症の発生率との間に関係があるかどうかを判断することである。 ・集中治療室で 45 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more