テーマ:リドカイン

リドカインは、大きな脊椎手術を受ける小児でセボフルラン消費量を減らし、回復経過を改善する

・手術中に静脈内リドカインを投与すると、術後の転帰が改善される。しかし、静脈内リドカインと揮発性麻酔薬必要量との関係を評価した研究はほとんどない。本研究では、大きな脊椎手術を受ける小児でリドカイン治療がセボフルランの消費量と術後意識障害に及ぼす影響を評価した。 ・患者は無作為にリドカインとプラセボ(対照)の 2 治療群に分けられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上気道手術における術後早期回復の質に及ぼす静脈内リドカイン注入の効果

・リドカインの全身的注入は、周術期の鎮痛補助剤として広く使用されている。本無作為化二重盲式比較試験の目的は、上気道手術における術後の早期回復の質に及ぼす周術期リドカイン注入の効果を調査することであった。 ・前向き無作為化二重盲式プラセボ対照試験で、合計 99 人の患者をリドカイン群(L 群)か、または対照群(C 群)に無作為に割り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後の一過性神経症状(TNS)の発症におけるリドカインと他の局所麻酔薬:無作為化対照試験のメタ分析

・脊椎麻酔におけるリドカインの使用は、以前のメタ分析によると、一過性神経症状()のリスクを高める可能性がある。ただし、以前のメタ分析には他の局所麻酔薬に関するデータが不足していたため、リドカインが TNS の発症に及ぼす影響を比較するには、さらに評価が必要である。本研究の目的は、脊椎麻酔を受ける患者でリドカインと他の局所麻酔薬による T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の術後悪心嘔吐の予防における静脈内リドカインの有効性:系統的レビューとメタ分析

・全身麻酔を受ける成人において、リドカインの静脈内投与は、術後悪心嘔吐(PONV)の発生率を低下させることが示されている。ただし、小児患者におけるリドカインの抗術後嘔吐(POV)効果は不明である。 POV/PONV の予防に及ぼすリドカインの静脈内投与の効果を評価するために、系統的レビューと試験連続解析によるメタ分析を実施した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻中隔形成術を受ける患者における周術期静脈リドカイン注入の術後鎮痛効果:前向き無作為化二重盲式試験

・リドカインの静脈内注入は、近年多くの外科的処置で術後鎮痛に使用されている。本無作為化二重盲式試験の目的は、鼻中隔形成術手術を受ける患者で周術期静脈リドカイン注入の術後鎮痛効果を調査することであった。 ・年齢 18〜40 歳の鼻中隔形成術手術を予定している 48 人の ASA-PS I/Ii の患者は、2 群に分けられた。麻酔導入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット大腸手術を受ける患者の術後オピオイド消費量に対するリドカイン注入の無作為化比較試験

・静脈内リドカインは鎮痛効果があり、術後のオピエートの必要性が減少することが示されているが、この効果はさまざまな手術集団でまだ議論されている。ロボット補助大腸手術でこの効果を実証できるかどうかを調査した。 ・本前向き二重盲式試験では、ロボット補助結腸直腸手術を受ける合計 60 人の成人患者が 2 群に無作為に割り当てられた。リドカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術を受けた小児の術後鎮痛のためのリドカインの全身注入:無作為化二重盲式対照試験

・全身的リドカイン投与は、成人に満足のいく術後鎮痛を提供できる。本研究では、静脈内リドカインが腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術を受けた小児の術後鎮痛および回復に有効かどうかを評価した。 ・6 ヶ月から 6 歳未満の合計 66 人の小児は、リドカイン(L)群か、または対照(C)群に分類された。L 群の小児はリドカイン注入(1 mL/kg …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児麻酔におけるケタミンとリドカインの併用の効果

・著者らは、補助的なリドカインがケタミンで鎮静された小児患者で副作用の発生率を減少させるかどうかを調査するために、無作為化臨床試験を実施した。 ・この症例対照研究は、麻酔を必要とする 586 人の連続した小児患者を対象とした。収縮期血圧、心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度が観察された。アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アスパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後鎮痛に及ぼす術中リドカイン vs エスモロール注入の効果:無作為化臨床試験

・腹腔鏡下胆嚢摘出術のマルチモーダル鎮痛の一環として、術中リドカインとエスモロールの両方が術後鎮痛を促進する。著者らの目的は、術中オピオイドの使用に挑戦するこれら 2 つの新たな戦略を比較することであった。腹腔鏡下胆嚢摘出術後のオピオイド消費に及ぼす術中エスモロール注入がリドカイン注入よりも劣っていないかどうかを評価することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻腔内ミダゾラム鎮静に際しての疼痛緩和における局所リドカインの有効性:無作為化偽薬対照臨床試験

・鼻腔内ミダゾラム(INM)は、救急部や病院外の医院、画像検査室、歯科医院での鎮静剤と??してますます普及している薬剤であり、診断や小手術を容易にし、手術室と全身麻酔の必要性を回避する。INM の使用は、一般に鼻粘膜の灼熱感と関連付けられてきた。その重要性にもかかわらず、この主題は十分な研究対象とされてこなかった。本研究の目的は、INM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期投与した静脈内投与したリドカインが小児の内因性オピオイドの術後血清濃度に及ぼす影響

・内因性オピオイドは疼痛緩和過程に関与する神経ペプチドである。末梢において、それらは合成されて、免疫系の細胞に貯蔵される。本研究では、小児における周術期の静脈内(i.v.)リドカイン注入が、術後血清内因性オピオイド濃度に及ぼす影響について明らかにする。(※ 画像は、Met-エンケファリンの 3D 構造(Wikipedia より)) ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭展開と気管挿管に対する昇圧反応を減弱させるためのエスモロール vs リグノカインのボーラス投与

・喉頭鏡検査と気管挿管は心拍数と血圧の上昇をもたらし、生命を脅かす合併症を引き起こしうる。エスモロールは短時間作用型の心臓選択的β遮断薬であり、頻脈と高血圧の周術期管理に利点をもたらす。本研究の目的は、喉頭鏡検査と挿管に対する昇圧反応の減弱において、ボーラス用量のエスモロールとボーラス用量のリグノカインの有効性を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リドカイン静脈内投与は心臓手術後の神経学的転帰を改善しない:無作為化比較試験

・心臓手術後の認知機能低下が頻繁に発生し、患者のかなりの割合で持続する。前臨床試験とヒトでの試験により、静脈内リドカインが神経学的損傷の場合に保護効果を有する可能性があることが示唆されている。リドカイン投与は、プラセボと比較して心臓手術後の認知機能低下を軽減すると仮定した。 ・施設内査察委員会の承認後、心臓手術を受ける 478 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸直腸手術後の消化管機能の回復に及ぼす周術期リドカイン静脈内投与の効果のメタ分析

・正常な消化管(GI)機能の回復は、結腸直腸手術後の回復の重要な決定要因である。このメタ分析の目的は、周術期のリドカイン静脈内(IV)投与が大腸切除術後の消化管機能の回復に役立つかどうかを評価することであった。 ・2018 年 7月 1 日に Ovid Medline、PubMed、Embase、Cochrane ライブラリー、c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管中の血行動態反応の軽減における静脈内低用量フェンタニル vs リグノカイン

・喉頭と気管への刺激は心拍数と血圧の著しい増加を伴う反射性交感神経副腎反応を引き起こすことが知られている。不整脈が惹起される可能性もある。この反応の有害性はリスクのある患者で注目されてきた。そこで、喉頭鏡検査と挿管に対する交感神経反応を軽減する効果的な手段を見つけることが重要である。本研究は、喉頭鏡検査および気管挿管に対する血行動態反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内リドカイン、デキサメタゾン、その併用の術後咽頭痛に及ぼす効果:無作為化比較試験

・気管挿管後の術後咽頭痛(POST)、嗄声および咳嗽は珍しいことではない。リドカインとデキサメタゾンの両方は、これらの事象を軽減するために別々に使用してきたが、リドカインとデキサメタゾンの併用効果を評価した研究はない。 ・この二重盲式無作為化比較試験では、90 分を超えた気管挿管による全身麻酔を必要とする 180 人以上の患者が登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性疼痛のための静脈内リドカイン:系統的レビュー

・この系統的レビューは、成人患者の急性疼痛の治療のための静脈内(IV)リドカインの安全性および有効性を評価する。 ・1970 年 1月から 2018 年 1 月までに発表された成人患者の急性疼痛の治療に IV リドカインの使用を評価した無作為化比較試験、後ろ向き的コホート研究、症例シリーズ、症例報告が PubMed データベースで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部における疼痛管理のための静脈内リドカインの安全性と有効性:系統的レビュー

・著者らは、救急部(ED)で疼痛管理を受ける急性および慢性疼痛の成人患者で静脈内リドカインの安全性および有効性を評価している。 ・著者らは、Ovid CENTRAL、Ovid EMBASE、Ovid MEDLINE データベースを創始から 2017 年 1 月まで無作為化比較試験と観察研究を検索した。有効性の評価項目には、ベースラ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

Q:麻酔導入に及ぼすリドカイン静注の効果とは?

37 件の RCT の系統的レビューとメタ分析から、リドカイン静注は、プラセボと比較して、全年齢層の患者さんで喉頭展開と気管挿管に対する心血管反応を軽減するのに役立つ、と報告されています。 リドカイン静注 vs プラセボ が喉頭展開と気管挿管に対する心血管反応軽減に及ぼす有効性 Qi DY, et al. Efficacy of i…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

開腹結腸直腸手術における 48 時間の静脈内リドカイン注入:前向き無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・静脈内(i.v.)リドカインは、腹部外科手術において周術期鎮痛剤として使用されるが、有効性のエビデンスは限られている。注入用量と持続時間は不明なままである。本研究は、長時間低用量 48 時間注入処方がこれらの結果に及ぼす効果を調査することを目的としていた。 ・待機的開腹結腸直腸手術を受ける 58 人の成人を、リドカイン群(1.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛:気管挿管によるリグノカインゼリーとスプレーの効果

・Sensiv チューブ(Searle Medical Products)を用いて挿管した後の、咽頭痛、嗄声、あるいは咳傾向または明らかな咳嗽のいずれかによって示される気管過敏性の発生頻度に及ぼす、喉頭リグノカインスプレーとリグノカインゼリーの潤滑剤としての効果を研究した。 ・中容量低圧カフで圧を制御し、麻酔中に 2.5kPa(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹前立腺摘除術における麻酔深度と術中血行動態に及ぼすリグノカイン静注の影響

・リグノカインは、局所麻酔薬であり、また、手術後のリハビリを加速し、回復を促進するために、周術期鎮痛補助剤として一般に使用されている。リグノカインの術中血行動態と、揮発性麻酔の必要量に及ぼす全身的効果は十分に調査されていない。そこで、著者らは、主要な腹部手術を受ける患者で、リグノカイン静脈内投与術中の揮発薬必要量と血行動態に及ぼすの効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リドカイン、デキスメデトミジン、それら併用静注が腹式子宮摘出術後の術後疼痛と腸管機能回復に及ぼす影響

・リドカインおよびデキスメデトミジン静脈内投与(IV)は、術後疼痛を減少させ、鎮痛薬消費量を低減し、腸機能の回復を促進することが示されている。デキスメデトミジンを併用したリドカイン注入が疼痛コントロールと腸管機能の回復の点で優れているかどうかを検討した。 ・腹式子宮摘出術を受けた合計 240 人の女性を無作為に 4 群に分けた:C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊髄手術中のリドカインの運動と感覚誘発電位への影響に関する無作為クロスオーバー試験

・リドカインは、運動誘発電位(MEP)および体性感覚誘発電位(SSEP)の術中モニタリングを必要とする症例の有用な補助薬麻酔薬として浮上してきている。これまでの後ろ向き研究では、MEP または SSEP モニタリングに悪影響を及ぼすことなく、リドカインをプロポフォールベースの静脈内麻酔の成分として使用できることが示唆されたが、個々の患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡検査および挿管に対する心血管反応の減弱 - 静脈内ボーラスフェンタニル、リグノカイン、生食

・喉頭鏡検査と気管挿管は、常に反射性交感神経性昇圧反応と関連し、心拍数や血圧が上昇する。これは、高リスク患者において有害であることとなる可能性がある。本研究の目的は、喉頭鏡検査および気管挿管に対するこの昇圧反応を軽減する上でリグノカインとフェンタニルの効果を比較することであった。 ・待機的手術予定の ASA-PS I/II 正常血…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管に対する循環動態反応を減弱させるリドカインと硫酸マグネシウムの効果:単施設前向き二重盲式無作

・気道刺激に対する循環動態反応はよく見られる現象であり、その管理は全身的な影響を軽減するために重要である。本研究の目的は、喉頭展開と気管挿管後のこの反射性血行動態に及ぼす硫酸マグネシウムとリドカイン静脈注射のの有効性を比較することである。 ・この単施設前向き二重盲式無作為化試験では、年齢 18~65 歳、ASA I/II、挿管を伴…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフを空気、生食、アルカリ性リドカインで満たした場合の、小児の血行動態変化と喉頭気管合併

・著者らは、気管チューブカフを空気、生食、アルカリ性リドカインで満たした場合、小児気管抜管時の血行動態変化と術後喉頭気管合併症に及ぼす影響について検討した。 ・全身麻酔を受ける年齢 3~13 歳の 164 人の小児を無作為に 4 群のうちの 1 群に割り当てた:空気で満たした気管チューブカフ(n=41)、生食(n=41)、0.5%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more