テーマ:肝機能障害

術前に肝トランスアミナーゼ値が上昇した患者における全静脈内麻酔と吸入麻酔間の術後肝機能の比較:後ろ向きコホート研究

・肝臓の酵素値が上昇している患者では、麻酔と手術により肝機能が低下する可能性がある。そこで、これらの患者では、肝毒性の少ない麻酔薬を選択することが重要である。 ・この後ろ向き的研究では、術前に肝酵素値が上昇している患者(アスパラギン酸トランスアミナーゼ[AST]またはアラニントランスアミナーゼ[ALT]>40 U/L の患者で、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more