テーマ:セボフルラン

腹腔鏡下肥満症手術におけるセボフルラン吸入麻酔の臨床成績に及ぼす影響

・病的肥満は最も急速に増加している肥満のサブ群の一つであり、高い死亡率と関連しており、毎年 280 万人が肥満が原因で死亡していると推定されている。本研究では、腹腔鏡下肥満症手術(LBS)を受ける病的肥満(MO)患者の臨床転帰に及ぼすセボフルラン(セボ)吸入麻酔の影響を明らかにすることを目的とした。 ・2019 年 11 月から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔終了前のセボフルランから短時間デスフルランへの切り替えが患者の覚醒・回復に及ぼす影響:無作為化比較試験

・セボフルランとデスフルランは、急速な導入と覚醒をもたらす吸入麻酔薬とされているが、これまでの研究で、肥満患者や老人患者の術後回復において、セボフルラン麻酔と比較してデスフルラン麻酔の優位性が証明された。著者らは、非肥満患者において、セボフルラン麻酔終了時にセボフルランからデスフルランに短時間切り替えることで、患者の術後回復プロファイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的経蝶形骨洞下垂体手術施行患者における吸入麻酔と全静脈麻酔の回復の質に対する効果の比較:無作為化比較試験

・内視鏡的経蝶形骨洞下垂体手術は有望な結果を示している。しかし、この手術後の迅速かつ質の高い回復が神経麻酔科医にとって依然として課題である。本研究では、セボフルランによる吸入麻酔を受けた患者とプロポフォールを用いた全静脈麻酔(TIVA)を受けた患者で、経蝶形骨下垂体手術後の回復の質を比較することを目的とした。 ・経蝶形骨下垂体手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の全身麻酔におけるプロポフォールとセボフルランの比較安全性:無作為化対照試験のメタ分析

・プロポフォールとセボフルランは小児外科手術に最も使用される麻酔薬である。これらの全身麻酔薬の主な副作用は、覚醒時の興奮、術後の悪心嘔吐、術後疼痛である。小児外科手術におけるプロポフォールとセボフルランの安全性を比較した臨床研究は数多くあるが、その結果には議論がある。本研究の目的は、小児の全身麻酔におけるプロポフォールとセボフルランの安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術を受ける高齢者における麻酔薬と術後せん妄の関連性:プロポフォールとセボフルランの比較

・研究の目的は、脊椎手術を受ける高齢者において、プロポフォールとセボフルランを用いた麻酔後の PODの 発生率を比較することであった。 ・本後ろ向き観察研究では、プロポフォールによる全静脈麻酔またはセボフルランによる吸入麻酔で脊椎手術を受けた年齢 65 歳以上の高齢患者の診療録をレビューした。主要転帰は、プロポフォールおよびセボフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット胃切除術を受ける胃癌患者におけるレミマゾラムとセボフルラン麻酔の術中血行動態への影響:傾向スコアマッチ解析

・レミマゾラムは、全身麻酔に使用される他の薬剤と比較して、血行動態の安定性の維持を改善することが示唆されている。本研究では、ロボット胃切除術を受ける患者において、レミマゾラム麻酔とセボフルラン麻酔が血行動態の安定性に及ぼす影響を比較することを目的とした。 ・2021 年 1 月〜 11 月にセボフルラン(n=135)か、またはレミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸癌手術におけるプロポフォールおよびセボフルランベースの麻酔後の早期および長期転帰:後ろ向き研究

・プロポフォールは免疫抑制を防ぎ、揮発性麻酔薬に比べ周術期の炎症反応が低いとされている。麻酔薬が癌の転帰と関連するかどうかを評価した。 ・単施設で 2016 年から 2018 年までの間に全身麻酔下で大腸癌手術を受けた患者 2616 例(経過追跡終了:2021 年 7 月)について後ろ向きに検討した。患者はプロポフォールをベースと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助腹腔鏡下婦人科手術におけるプロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔の視神経鞘径への影響の比較:無作為化比較…

・視神経鞘径(ONSD)は頭蓋内圧の代替パラメータとして使用されている。本研究は、ロボット手術を受ける女性において、麻酔薬(セボフルランとプロポフォール)が ONSD に及ぼす影響を評価するために実施された。 ・ロボット補助婦人科手術を予定していた患者 42 名を、セボフルラン群とプロポフォール群に無作為に割り付けた。ONSD は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下手術を受ける女性患者における術後悪心嘔吐軽減のための維持療法としてのプロポフォールおよびプロポフォールとセ…

・術後の悪心嘔吐(PONV)の予防と投与は、麻酔の基本である。麻酔維持にセボフルランとプロポフォールを併用すると、セボフルラン単独と比較して PONV が減少することが分かっている。しかし、腹腔鏡手術後の PONV の発生率について、プロポフォールとプロポフォール+セボフルラン併用とを比較した研究は限られている。そこで、維持薬としてのプ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

開頭手術時の麻酔維持におけるレミフェンタニルを併用したセボフルラン vs プロポフォールの有効性と安全性:メタ分析

・本研究の目的は、開頭手術を受ける患者において、セボフルラン-レミフェンタニル(SR)とプロポフォール-レミフェンタニル(PR)の吸入麻酔または静脈内全麻としての有効性と安全性をそれぞれ評価することであった。 ・PubMed, ScienceDirect, Embase, Cochrane library, CNKI, Wanfa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠期間中のセボフルラン投与がラット子孫の脳発達に及ぼす影響について

・本研究では、妊娠の異なる段階でのセボフルラン曝露が子孫の脳の発達に及ぼす影響を調査した。 ・妊娠中の SD ラット 36 匹を、コントロール、妊娠初期(S1)のセボフルラン曝露、妊娠中期(S2)のセボフルラン曝露、妊娠後期(S3)のセボフルラン曝露の 4 群に無作為に分けた。自然分娩後、子ラットの学習・記憶能力を Morris …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランによる全身麻酔の吸入導入時の不整脈発生率と関連因子:成人患者 950 名を対象とした後ろ向き分析

・セボフルランは、気道管理や血行動態の安定性に適しているため、成人の麻酔導入に用いられている。成人のセボフルランによる吸入導入時の不整脈を報告した研究は少ない。ここでは、成人のセボフルランによる麻酔導入時の不整脈の発生率とその発生に関連する危険因子について検討した。 ・2015 年 5 月〜 12 月にセボフルランを用いた吸入導入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるクラシック・ラリンジアルマスク挿入に対するいろいろな時点でのセボフルランの EC50:無作為化盲式試験

・文献によると、CLMA(クラシック・ラリンジアルマスク)挿入時のセボフルランの EC50(呼気終末濃度)は 1.5〜2% であり、これらの研究のほとんどは LMA 挿入前の 10〜25 分間、必要な呼気終末濃度を維持することを示唆している。血液と脳のセボフルラン濃度が平衡になるのにこのように長い時間を待つことは、小児では特に換気がうま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝血流に対するプロポフォールとセボフルランの効果:無作為化比較試験

・周術期に適切な肝血流(HBF)供給を維持することは、術後の正常な肝機能を維持するために不可欠である。プロポフォールとセボフルランは動脈と門脈の HBF に影響を与える。これまでの研究では、主に門脈の HBF を増加させることにより、プロポフォールが総 HBF を増加させることを示唆しているが、セボフルランは総 HBF に最小限の影響し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIS モニタリングを使用しても、小児の揮発性麻酔薬への術中使用量は変わらない

・乳幼児や小児をセボフルランなどの揮発性麻酔薬に曝すことは、長期的な神経認知作用の潜在的なリスクに関して懸念されるトピックである。本研究の主な目的は、バイスペクトルインデックス(BIS)モニタリングの周術期の利用がセボフルラン使用と小児への曝露を変えるかどうかを判断することであった。 ・これは、2 群の健康な外来手術患者(年齢 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長時間腫瘍手術後の術後回復に及ぼすデスフルランおよびセボフルラン麻酔の効果

・研究の目的は、長時間にわたる腫瘍手術後の術後回復に及ぼすデスフルランおよびセボフルラン麻酔の効果を分析することであった。 ・2019 年 11 月から 2020 年 3 月に河南癌病院で内視鏡的根治的食道切除術および胃切除術(各術式 80 例)を受けた 160 人の患者は、無作為に 4 群(n=40)に分類された:CS 群(食道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスフルランとセボフルランの使用に関連する術後呼吸器合併症の比較:単施設コホート研究

・セボフルランとデスフルランは、麻酔の維持に最も一般的に使用される揮発性麻酔薬である。本研究では、揮発性麻酔薬の選択と術後早期の呼吸器合併症との関係を評価し、これら 2 種類の一般的に使用される薬剤間の安全性転帰における重要な知識のギャップに対処することを目的とした。 ・2005 年から 2018 年までに施設で全身麻酔の維持にセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前投薬のない小児患者におけるセボフルランによる麻酔導入後の静脈内アクセスのための最適時間の調査

・麻酔導入は通常、血管アクセスのない小児患者では、セボフルランで達成される。本研究の目的は、セボフルラン導入後の小児患者において、最適な静脈路確保時間を調査し、対応するバイスペクトルインデックス(BIS)値を評価することであった。 ・本前向き研究には、2017 年 1 月 1 日から 2018 年 1 月 1 日までにイスタンブー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術前に慢性疼痛を伴う人工膝関節置換術を受けた患者における術後疼痛の発生率と生活の質に関するセボフルランとプロポフ…

・頻繁に使用される全身麻酔薬としてのプロポフォールとセボフルランは、術後痛に影響を与える可能性がある。著者らの研究では、セボフルランまたはプロポフォールで麻酔をした人工膝関節置換術(TKA)を受ける慢性疼痛患者に術後疼痛の発生率に差があるかどうかを調査した。 ・患者は、TKA 中の麻酔維持のためにセボフルラン(S 群、n=50)ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的経蝶形骨非機能性下垂体腺腫手術後の術後 3ヶ月の神経内分泌機能に対する麻酔薬の影響

・麻酔法は周術期の神経内分泌機能に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、非機能性下垂体腺腫(NFPA)の除去のために、内視鏡的経蝶形骨手術(ETS)を受けた患者で、セボフルラン麻酔とプロポフォール麻酔の術後 3 ヵ月の術後神経内分泌機能転帰を後ろ向き的に比較することであった。 ・セボフルラン+レミフェンタニル麻酔(セボフルラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入に際しての静脈内プロポフォールと吸入セボフルランの循環動態安定性、患者の受容性、費用:前向き無作為化比較研究

・血行動態の安定性に対する麻酔薬の効果は、血行動態が低下している患者にとって最も重要である。セボフルランとプロポフォールの比較研究が報告されているが、これらのほとんどは維持と術後早期の回復を評価することを目的としている。これら 2 つの薬剤で発生する循環動態変化に関する研究はほとんどない。本研究では、麻酔導入に際しての循環動態安定性、患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールまたはセボフルラン全身麻酔後の原発性乳癌手術後の生存率-後ろ向き、多施設、6,305人のスウェーデン…

・後ろ向き研究により、麻酔薬の選択が癌の長期生存に影響を与える可能性があることが示されている。プロポフォールはセボフルランよりも優れているようである。しかし、これは乳癌では疑問視されている。スウェーデンの病院 7 施設から乳癌手術患者の大規模コホートを集め、プロポフォールによる全身麻酔は、乳癌の長期生存に関してセボフルラン麻酔よりも優れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リドカインは、大きな脊椎手術を受ける小児でセボフルラン消費量を減らし、回復経過を改善する

・手術中に静脈内リドカインを投与すると、術後の転帰が改善される。しかし、静脈内リドカインと揮発性麻酔薬必要量との関係を評価した研究はほとんどない。本研究では、大きな脊椎手術を受ける小児でリドカイン治療がセボフルランの消費量と術後意識障害に及ぼす影響を評価した。 ・患者は無作為にリドカインとプラセボ(対照)の 2 治療群に分けられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランを使用したエントロピーガイド下全身麻酔に及ぼす硬膜外鎮痛の影響の定量化-無作為化対照試験

・吸入麻酔剤の最小肺胞濃度(MAC)は、全身麻酔の適切なレベルを維持するための吸入剤必要量を示す。エントロピーを使用して麻酔深度を調節することによって、麻酔維持の精度を、さらに高くできる可能性がある。区域麻酔とそれに伴う求心路遮断により、全身麻酔の必要性が減少する。満足のいく麻酔深度を達成するために、エントロピーガイド下のセボフルランベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定時手術を受ける患者の気道反射を回復する時間を最適化するためのセボフルラン麻酔の調節:デスフルランとセボフルラン麻…

・デスフルランには環境への有害な影響があるが、セボフルランと比較して、覚醒と気道保護反射の回復を加速する臨床的利点がある。著者らは、手術の最後の 15 分間に吸入セボフルランを徐々に減少させれば、これらの薬剤間の気道反射回復の差がなくなると仮定した。 ・施設倫理委員会の承認と説明と同意を取得した後、待機的手術(1 時間以上)を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢癌患者の術後認知機能障害に対するセボフルラン麻酔とプロポフォール麻酔の影響:二重盲式??無作為化対照試験

・セボフルランで麻酔した手術患者の臨床転帰およびセボフルランと術後認知機能障害(POCD)との関連性に関する研究は乏しい。高齢の癌患者において、セボフルランベースの麻酔が POCD の発生率を増加させ、プロポフォールベースの麻酔と比較して予後を悪化させるかどうかを評価した。 ・この単施設の前向き二重盲式無作為化比較試験には、手術中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標制御レミフェンタニル注入時、Supreme ラリンジアルマスク挿入は、ProSeal ラリンジアルマスク挿入よ…

・ProSeal(PLMA)および Supreme(SLMA)ラリンジアルマスクは、挿入に異なる麻酔薬を必要とする可能性のある独特のデザインをした効果的な人工呼吸器具である。セボフルランの導入は、ラリンジアルマスク挿入の許容条件を提供し、レミフェンタニルは、その挿入に必要なセボフルランの最小肺胞濃度を有意に減少させる。本研究の目的は、筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺および認知機能に及ぼすセボフルランとプロポフォールの麻酔効果の比較分析

・本研究は、肺癌切除患者の周術期炎症反応、肺機能と術後認知機能に対するプロポフォールによる TIVA(全静脈麻酔)とセボフルラン吸入の効果を比較するために計画された。 ・合計 98 人の患者を無作為に研究群と対照群に分け、各群に 49 症例を割り当てた。研究群にはプロポフォールによる全静脈麻酔が行われ、対照群にはセボフルランによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節鏡検査後の術後回復の質に及ぼすデスフルランとセボフルランの無作為化試験

・これまでの研究では、典型的にはセボフルランとデスフルランでは術後早期の回復経過が異なることが明らかになっている。 ・著者らは、膝関節鏡検査 3 日後の全体的な回復が、デスフルランの方が優れているかどうかを調査するために、無作為化優越性試験を実施した。全身麻酔を伴う膝関節鏡手術を受ける成人参加者は、デスフルランか、またはセボフルラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺癌切除術を受けた患者における肺機能、MMP‐9、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果の比較

・肺機能、マトリックスメタロプロテイナーゼ-9(MMP-9)、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果を、左肺下葉の単純切除術を受けた患者で比較した。 ・後ろ向き的方法を用いて 2016 年 10 月から 2017 年 10 月までに大連医科大学第二病院で左肺下葉の単純切除により治療した 58 例の肺癌患者を分析し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more