テーマ:アデノイド扁桃摘出術

アデノイド扁桃摘出術を受ける小児の術後呼吸器合併症の予測因子

・閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は、一般にアデノイド扁桃摘出(AT)で治療され、周術期呼吸有害事象(PRAE)のリスクをもたらす。著者らは、AT を受ける小児の PRAE の臨床的および睡眠ポリグラフの予測因子を同時に特定することを目指した。 ・2010 年 1 月から 2016 年 12 月までに入院中にあらかじめ睡眠ポリグラフ検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸の高リスク小児におけるアデノイド扁桃摘出術後呼吸器合併症:後ろ向きコホート研究

・閉塞性睡眠時無呼吸は、小児の 1〜4% で発生する。アデノイド扁桃摘出術は効果的な治療法である。死亡/重度脳損傷は、アデノイド扁桃摘出術の 0.6/10,000 で発生する。小児では、60% が気道/呼吸器症状に続発する。これまでの研究では、年齢 2 歳未満の小児、極端な体重、頭蓋顔面、神経筋、心臓/呼吸器疾患といった併存合併症、重度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の危険因子と術後合併症へのその影響:2000 人の患者の後ろ向き分析

・アデノイド扁桃摘出術はよく実施されている手術であり、睡眠障害呼吸は手術の適応としてますます重要になっている。閉塞性睡眠時無呼吸患者のリスクは高いため、これらの患者に必要な術後ケアのレベルは現在検討中であり、リスクのある患者をより適切に特定することで、不必要な術後モニタリングを減らしうる。 ・アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more