テーマ:COVID-19

重症 COVID-19 患者における BMIと肺炎の転帰:国際多施設共同研究

・これまでの研究で、COVID-19 肺炎の重症度と肥満の関係が明らかになった。今回の多施設共同後ろ向きコホート研究の目的は、COVID-19 の重症患者において、BMI と関連する代謝危険因子(糖尿病、高血圧、高脂血症、現在の喫煙)との関連を明らかにすることである。 ・本多施設共同後ろ向きコホート研究では、2020 年 02 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 に罹患した挿管人工呼吸患者の伏臥位:1000 人以上の患者を対象とした多施設共同研究

・COVID-19 の挿管された人工呼吸器装着患者における伏臥位の使用については、限られたデータしかない。本研究の目的は、2020 年の第 1 次パンデミック波の中で、この集団における伏臥位の使用とその効果を調査することである。 ・2020 年 2 月 24 日から 6 月 14 日に、イタリアの集中治療室(ICU) 24 室で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SARS-CoV-2 感染後の手術のタイミング:国際前向きコホート研究

・周術期の SARS-CoV-2 感染症は、術後死亡率を上昇させる。本研究の目的は、SARS-CoV-2 感染症罹患患者の手術前に計画的に遅らせる最適な期間を調査することである。 ・この国際的な多施設共同前向きコホート研究では、2020 年 10 月までに定時手術または緊急手術を受けた患者を対象とした。術前に SARS-CoV-2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際しての全身麻酔率に対する COVID-19 の影響。英国北西部の 6 病院の横断的分析

・COVID-19(SARS-CoV-2)の世界的大流行の開始時に、ガイドラインは、帝王切開に際して全身麻酔よりも区域麻酔を使用することを推奨した。英国の全国統計によると、170,000 件を超える帝王切開の 8.75% が全身麻酔下で実施されたと示唆した。著者らは、帝王切開の全身麻酔率が、英国北西部の 6 つの分娩室でパンデミックの最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 の成人入院患者の短期生存を予測するためのリスクファクターベースのシステムの開発と検証:多施設後ろ…

・2019 年コロナウイルス病(COVID-19)は、世界的に懸念される公衆衛生上の重大インシデントとなっている。14 日と 28 日死亡率の危険因子を調査し、COVID-19 の成人入院患者の 14 日と 28 日生存率を予測するモデルを開発することを目的とした。 ・この多施設共同後ろ向きコホート研究では、2020 年 1 月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア、ロンバルディア州の集中治療室における COVID-19 患者の死亡率に関連する危険因子

・COVID-19 の多くは重症であり、集中治療室(ICU)でのケアが必要である。本研究の目的は、イタリアのロンバルディア地域の ICU での治療を必要とした COVID-19 患者の死亡に関連する独立危険因子を評価することであった。 ・この後ろ向き観察コホート研究には、2020 年 2 月から 2020年 4 月 22 日までに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の COVID-19 の重症患者の死亡に関連する要因

・米国は現在、コロナウイルス疾患 2019(COVID-19)の流行の震源地であるが、患者の特徴、治療、COVID-19 ひよる重症疾患の転帰に関する入手可能な国内データはほとんどない。本研究の目的は、死亡に関連する要因を評価し、COVID-19 患者の治療における病院間変動と転帰を調査することでる。 ・この多施設コホート研究では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 と耳鼻咽喉科手術:基本的な予防策とトリアージの簡単なレビュー

・本研究は、COVID-19 パンデミック時の患者管理に対する ENT 外科医のアプローチに関する既存の知識の簡単なレビューである。緊急手術のみを実施し、非緊急手術は後日に延期することが勧められているが、この記事は、COVID-19 パンデミック中に、耳鼻咽喉科手術のトリアージに関する考察と、手術を実施するにあたって耳鼻咽喉科外科医が考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 患者の気管挿管後の医療従事者に対するリスク:前向き国際多施設コホート研究

・気管挿管などのエアロゾル発生処置に関与する医療従事者は、COVID-19 に感染するリスクが高い可能性がある。ただし、このリスクの大きさは不明である。COVID-19 が疑われる、または確認された患者の気管挿管に参与している医療従事者を募集する前向き国際多施設コホート研究を実施した。 ・気管挿管エピソード、個人用保護具の使用、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more