テーマ:低血圧

テルミサルタンを休薬したにもかかわらず全身麻酔中の難治性低血圧

・アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)は、高血圧治療によく使用される。ただし、アンギオテンシン変換酵素阻害剤と同様に、ARB は全身麻酔中に難治性低血圧を引き起こすこともある。したがって、麻酔導入前 24 時間は ARB を控えることが推奨されている。 ・これは、24 時間テルミサルタンを控えてたにもかかわらず、全身麻酔導入後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

褐色細胞腫-傍神経節腫の手術を受ける患者で術中低血圧は術後合併症の増加と関連している:後ろ向きコホート研究

・褐色細胞腫または傍神経節腫の手術中に、劇的な血行動態の変動が頻繁に発生する。ただし、術中の血行動態の不安定性の基準はさまざまであり、それらのほとんどは患者の予後に従ってではなく、任意に定義されていた。目的は、褐色細胞腫または傍神経節腫の手術を受ける患者で、異なる閾値、術中高血圧/低血圧の期間と術後合併症のリスクとの関係を分析することで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前リスクと、低血圧と術後急性腎障害との関連

・急性腎障害の医療への重大な影響にもかかわらず、予防に関してはほとんど知られていない。単施設のデータは、術後の急性腎障害の発症に低血圧が関係していることを示している。この知見の一般化可能性と、低血圧とベースライン患者の疾病負担との相互作用は不明のままである。著者らは、術中低血圧と急性腎障害との関連が術前リスクによって異なるかどうかを調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前のアンギオテンシン変換酵素阻害剤を内服している高血圧症患者における麻酔導入後の術中低血圧の頻度

・レニン-アンジオテンシン-アルドステロンシステム(RAAS)は、高血圧の治療における重要なターゲットである。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤は、アンジオテンシン I からアンジオテンシン II への変換をブロックする。ACE 阻害薬は、高血圧を治療するだけでなく、心不全患者および急性心筋梗塞の患者の罹患率と死亡率も低下させる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての脊髄硬膜外併用麻酔時の低血圧を予防するためのノルエピネフリンの体重調整注入の無作為化二重盲式…

・ノルエピネフリン注入は、帝王切開に際しての脊椎麻酔時の低血圧を予防するための効果的な方法として提案されている。しかし、ノルエピネフリンの最適な投与計画は十分に確立されていない。本研究の目的は、帝王切開に際しての脊柱管麻酔時の低血圧を予防するために、ノルエピネフリンの体重調整定量注入の用量反応特性を調査することであった。 ・二重盲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンタニル併用ブピバカイン脊椎麻酔下帝王切開で子宮底長および腹囲と低血圧

・腰仙部くも膜下腔の容積の減少は、子宮の圧迫効果による分娩中の局所麻酔薬のクモ膜下頭側拡散の主な要因である。本研究の目的は、子宮底長(SFH)および腹囲(AG)と低血圧発生率および知覚遮断最高レベルとの関係を評価することであった。 ・前向き観察研究で、年齢 20~30 歳、体重 60~65kg、身長 150~155cm 、ASA-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔による低血圧は、高齢患者の一回拍出量の減少によって引き起こされる

・低血圧は脊椎麻酔(SA)中によく見られ、全身血管抵抗(SVR)および/または心拍出量(CO)の減少によって引き起こされる。高齢患者における CO の変化に対するクモ膜下投与されたブピバカインの用量の効果は、ほとんど知られていない。本研究では、クモ膜下ブピバカインの 2 つの異なる投与量の効果を研究することにより、高齢患者における SA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊髄手術を受ける患者における仰臥位から腹臥位への体位変換に伴う低血圧の予測因子

・全身麻酔中の体位変換は低血圧を引き起こす可能性がある。この後ろ向き研究の目的は、脊髄手術患者の仰臥位から??腹臥位への体位変換に伴う低血圧の予測因子を調査することであった。 ・待機的脊髄手術を受ける 179 人の患者から、人口統計、現在の投薬、合併症、術中平均動脈圧(MAP)、心拍数、脈圧変動、一回換気量、最高吸気圧、プロポフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下腹部手術での脊椎麻酔中の血圧維持のための 3 種類の昇圧器の比較研究

・くも膜下ブロックは、より少ない薬剤用量で高効率であるが、しばしば低血圧などの制限を有し、麻酔科医にとって懸念事項である。本研究は、下腹部手術での脊椎麻酔時の血圧維持のためのフェニレフリン、エフェドリン、メフェンテルミンのボーラス使用を比較することを目的とした。 ・無作為化前向き研究で、くも膜下ブロック下の手術中に低血圧を発症した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術中の皮膚切開前後の低血圧と術後急性腎障害との関係:後ろ向きコホート分析

・術中低血圧は術後急性腎障害と関連している。皮膚切開後に比べて皮膚切開前にどれだけ低血圧が生じるかや、これらの 2 つの期間における低血圧が同様に術後腎障害と関連するかどうかはは不明である。 ・著者らは、待機的非心臓手術に際して麻酔を受けた 42,825 人の患者で平均動脈圧<65 mmHg と術後腎障害との関連性を分析した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓外科手術における脳梗塞と関連した術中低血圧閾値を明らかにする

・脳梗塞は、心臓手術を受ける患者の合併症率、死亡率、機能障害の主要な原因である。修正可能な周術期の脳梗塞リスク因子を特定することは、患者の転帰を改善する可能性がある。心臓手術を受ける患者の術中低血圧の重症度・持続期間と術後脳梗塞との間の関連性を評価した。 ・2009 年 11 月 1 日~ 2015 年 3 月 31 日に三次施設…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩時の骨盤位と脊椎麻酔後低血圧リスクの相関関係を調査するための後ろ向き研究

・帝王切開に際してのくも膜下ブロックは依然として重症低血圧の脅威を引き起こし、母体と胎児に不安定な血行動態をもたらす可能性がある。本後ろ向きの二重盲式試験では、胎児の骨盤位、頭位と脊椎麻酔下の低血圧の発生率?との相関を検討する。 ・本試験は、2014 年 1 月から 2014 年 12 月中に、低分節帝王切開を予定された妊娠女性に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔性低血圧の治療時、ノルエピネフリンはフェニレフリンより動脈コンプライアンスを低下させない

・全身麻酔中、低血圧は頻繁に見られ、周術期合併症に重要な役割を果たしている可能性がある。著者らは、維持麻酔中の低血圧を治療するために投与した 50μg ボーラスのフェニレフリン(PE)と比較して、ノルエピネフリン(NA) 5μg のボーラス投与が、MAP、導出心拍出量、動脈硬度パラメータに効果について評価した。 ・全身麻酔下で脳神…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

予防的フェニレフリン注入を用いた脊椎麻酔下における帝王切開時の低血圧予防のためのコロイド最小有効量

<ハイライト> ・脊椎麻酔前の膠質液のボーラス投与は、一回拍出量と心拍出量を最適化する可能性がある。 ・脊椎麻酔後の母体の心拍出量は心拍数と関連している。 ・脊椎麻酔とフェニレフリン注入は、母体の一回拍出量を減少させない。 ・輸液負荷レジメンを比較するのに、上下逐次配割り当て法が使用できる可能性がある。 <要旨> ・本研究の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more