テーマ:スコアリングシステム

フェイスマスク換気失敗の予測:困難気道のための新しいスコアリングシステム

・著者らは、以前にフェイスマスク換気の失敗、声門上気道を介した換気の失敗、気管挿管困難との間に強い相関があることを示した。本研究の主な目的は、声門上気道を介した換気困難を予測する確立された方法が、フェイスマスク換気の失敗を予測するのにも役立つかどうかを評価することであった。 ・これは単施設での後ろ向き観察研究であった。2011 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急手術における死亡率を予測し、患者のケアを改善するための緊急手術死亡率(ESM)スコア

・緊急手術は、高い死亡率と有害転帰を有している。多くの研究が、リスクを層別化し、周術期ケアを改善するために、術後死亡の危険因子を報告している。にもかかわらず、これらのリスク要因に基づく予測モデルが欠落している。著者らは、術後死亡の危険因子を特定し、死亡率を予測し、患者のケアを改善するための新しいモデルを構築することを目指した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける小児の周術期死亡率予測における小児リスク評価スコアの前向き外部検証

・周術期死亡の危険性が高い小児を早期に特定することで、転帰を改善できる可能性がある。しかし、十分に検証されたリスク予測ツールが不足している。小児リスクアセスメント(PRAm)スコアは、非心臓手術を受ける小児患者における周術期の死亡リスクを予測するための新しいモデルである。それは米国外科学会手術の質改善プログラム(ACS-NSQIP)小児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける小児の周術期死亡率を予測するための小児リスクアセスメントスコアの開発

・成人の周術期死亡率を予測する多くの試みがあるが、小児の死亡率を予測する客観的モデルは開発されていない。本研究では、非心臓手術を受ける小児の周術期死亡率を予測するために小児リスクアセスメント(PRAm)スコアを開発することを目的とした。 ・著者らは、導出コホートには 2012 年と 2013 年の米国外科学会手術の質改善プログラム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイスマスク換気困難を予測するための DIFFMASK スコア:46804 患者のコホート研究

・フェイスマスク換気は気道管理の重要な部分である。フェイスマスク換気の困難さを正しく予測することは、リスクのある患者の罹患率と死亡率の危険性を減らせる可能性がある。著者らは、麻酔中のフェイスマスク換気困難を予測するための重み付けリスクスコアの開発と評価を目的とした。 ・著者らは、困難気道管理の 13 個の予測因子について術前に気道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長期人工呼吸のリスクが高い心臓手術患者を識別するスコアの開発と検証

・研究の目的は、介入試験の適切な対象となる可能性がある長期人工呼吸(MV)のリスクが高い心臓手術患者を早期に特定するためのスコアを開発し検証することである。 ・心臓手術患者を対象とした三次集中治療室での後ろ向き分析である。本研究は 1,994 人の患者を対象とした。年齢の中央値は 67 歳で、1,457 人の患者(74%)が男性で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more