テーマ:NIRS

腹部手術中の硬膜外麻酔の安全性を評価するための脳酸素飽和度の測定

・近赤外分光法(NIRS)は、脳の酸素需要と供給のバランスの信頼できる評価方法と見なされる。広範な腹部外科手術中に適用される麻酔の形態の 1 つは、硬膜外麻酔である。全身麻酔に加えて、その併用は、腹部手術を受ける患者の麻酔の一般的に受け入れられている形式である。本研究の目的は、硬膜外ブロックが全身麻酔下で腹部手術を受ける患者の脳酸素飽和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more