テーマ:バーストサプレッション

小児の覚醒せん妄は、術中のバーストサプレッションとは関係ない-前向き観察電位記録研究

・病態生理学的背景は不明のままであるが、覚醒せん妄は全身麻酔から回復中の小児の最も頻繁にみられる脳機能障害である。今回の研究では、覚醒せん妄と、全身麻酔中の非常に深い催眠の期間の脳波である術中バーストサプレッション活動との関連を分析した。 ・ドイツのベルリン、シャリテ大学病院での本前向き観察コホート研究は、予定手術を受ける年齢 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EEG 抑制の持続時間は、ヒト志願者における全身麻酔後の回復時間または認知機能障害の程度を予測しない

・昏睡中と全身麻酔下で EEG にバーストサプレッションが起こる。バーストサプレッションは麻酔が深い状態を表し、回復することが困難であると考えられてきた。しかしながら、これは直接的には証明されていない。ここでは、ヒトボランティアにおける EEG 抑制と意識回復との関係を評価することによって、この仮説を直接検証する。 ・イソフルラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more